続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

17年Jリーグ観た記 其の44 J1 柏-鳥栖

一時の勢いには翳りが見え隠れするものの、依然上位に位置する柏。優勝争いに残るためにはホームで勝ち点3が欲しい1戦、迎えるは連勝中の鳥栖。結果は。

17年Jリーグ観た記 其の43 J1 浦和-大宮

ついにペトロヴィッチ体制に終止符を打った浦和。堀新監督のもと、立て直し初戦の相手は大宮、さいたまダービー。浦和が再浮上のきっかけを掴めたのか、はたまた大宮が残留争いを生き抜く結果を見せたのか。

「言葉」にすること

思いを言葉にすることは、決して簡単なことではありません。ふとした言葉が相手を傷つけたり、相手によって意訳され、自らが思ってもみなかった批判を浴びたり、なんてことを誰しもが一度は経験したことがあるはずです。また、発信先、対象者が増えれば増え…

17年Jリーグ観た記 其の42 J1 G大阪-C大阪

サマーブレイク明け初戦にいきなりぶつかる大阪の両雄。今一つ乗り切れないまま中団を迎えたG大阪がホームに迎えるは、前半戦わずかに2敗、ここ9試合を8勝1分と突っ走っているC大阪。現状の立場は違えど、目指すは勝利のみ。「大阪夏の陣」を制したの…

「傍流」に求める最後の一手は吉か、凶か

サッカーの、こと戦術面においては、その時々で「主流」と「傍流」が必ず存在して来ました。また、「主流」と「傍流」はその時々で立場を入れ替えながら、長い歴史を築いてきました。 近10年、15年で言っても、攻撃ではかつて栄華を誇ったクライフの哲学を引…

17年Jリーグ観た記 其の41 J2 長崎-松本

試合前の順位にこそ多少の差異あれど、ともに連勝中の長崎と松本。3連勝を目指しての試合、勝ち名乗りを上げられたのは。

17年Jリーグ観た記 其の40 J2 名古屋-山形

ともにこのところ勝ち点を伸ばせていない名古屋と山形。混戦状態とはいえ、J1昇格(プレーオフ)へ向けてはこれ以上足踏みが許されない中、反撃の勝ち点3を得たのは。

「レゾンデートル」を確かめに

これからライヴの感想を書こうとしている人がど頭に書くようなことではないが、私はライヴが得意ではない。もう少し厳密に書くと、ライヴ会場の雰囲気が得意ではない。今回のライヴもチケットを取ったはいいが、実は当日まで結構腰が重かった。 そんなこと思…

17年Jリーグ観た記 其の39 J2 岡山-水戸

6月をともに負けなしで終えた岡山と水戸。特に水戸は12試合負けなし、目下5連勝中と破竹の勢い。前月の勢いを今月初戦にも繋げられたのはどちらか。

17年Jリーグ観た記 其の38 J1 川崎-神戸

思っていたほど勝ち点を伸ばせてはいないが、怪我人がほぼ癒え、状態が上向きな川崎。一方、シーズン開幕当初の勢いはすでに失われ、ここに来て怪我人過多に苦しむ神戸。現状、対照的な立ち位置にある両チームの戦い。

17年Jリーグ観た記 其の37 J1 浦和-広島

ともに3連敗中。かたや優勝争いから取り残されかけ、かたや残留ラインがじりじりと遠ざかっていく、非常に厳しい状況。この劣勢を跳ね除けるために必要なのは、一にも二にも、勝ち点三。それを手にしたのは。

Pañuelo blanco

磐田戦終了後、ふと今季の戦いぶりを自分なりに思い返していました。 ここまで公式戦10勝3分9敗。現地で見た試合、テレビで見た試合、全く見ていない試合、様々ありましたが、「いやー、今日は満足!来て(見て)良かった!」と思えた試合、皆さんはどれ…

17年Jリーグ観た記 其の36 J1 C大阪-清水

今季リーグ戦、ホーム負けなしのC大阪。対して、リーグ戦9試合勝ちがない清水。下馬評はC大阪優勢となった1戦、勝利を奪ったのは。

17年Jリーグ観た記 其の35 J1 新潟-大宮

ともに勝ち点8。ともにシーズン途中で監督を交代。置かれた立場は非常に似ていて、この試合で欲しいのはただ、勝ち点3のみ。それを手にしたのは。

17年Jリーグ観た記 其の34 J2 千葉-福岡

特長は存分に伝えられているものの14位と結果が伴わない千葉。対して、特長がしっかりと結果にも伝わっている首位福岡。砂塵が飛ぶバッドコンディションの中、千葉がホーム負けなしを継続したのか、福岡が首位を堅持したのか。

17年Jリーグ観た記 其の33 J2 湘南-長崎

5月はリーグ戦6試合で4得点。アタッキングサードまでは入れているが、どうしてもゴールを積み重ねられない湘南。対する長崎は、完封が3試合あった一方、千葉戦は5失点、岐阜戦は4失点と守備が今一つ安定していない状況。前節終了時点では3位対5位の…

残酷な数字のテーゼ

今季のJ1も12~13試合、約1/3が終了しました。東京はここまで6勝3分け4敗(19得点13失点)で7位。暫定ではありますが首位柏との勝ち点差はまだ6ですし、1試合1得点以上かつギリギリ1試合1失点と、表面上は及第点を与えてもいい結果を…

見えてきたものと、見えてこないものと

Jリーグもほぼ1/3にあたる12試合を終えました。まだ1敗しかしていないG大阪が首位に立っていますが、2位柏が4敗、3位浦和も3敗、前年王者の鹿島はすでに5敗と上位陣が星を落とし続け、1位から8位神戸までまだ勝ち点差が5という大混戦になっ…

17年Jリーグ観た記 其の32 J1 鹿島-川崎

浦和相手に強かに勝ち点3を奪うも、前節ホームで神戸に敗れて首位陥落となった鹿島。一方、ACLも含めた公式戦ここ3試合で9得点無失点、内容も向上が見られる川崎。ACLラウンド16 1stレグを火曜日に控える両チームのフライデーナイトマッチ。上…

17年Jリーグ観た記 其の31 J2 湘南-福岡

ゴールデンウィークを挟んで4戦負けなし。僅差とはいえ、首位に立つ湘南。迎えるは、ここ6試合4勝1分1敗と勝ち点を伸ばしている3位福岡。平日ながら8,500人あまりが詰め掛けた上位決戦、勝ち名乗りをあげたのは。

17年Jリーグ観た記 其の30 J1 横浜FM-甲府

開幕当初の勢いは影を潜め、3連敗中の横浜FM。対するは、ここ3試合負けなしの甲府。ともに得点力不足に悩み、堅いゲームが予想される中、1点を、勝ち点3をもぎ取ったのは。

17年Jリーグ観た記 其の29 J2 山口-京都

昨季の攻撃力を取り戻せず、やや方向性が定まっていない山口。かたや、「FW 闘莉王」が奏功し、徐々に勝ち点を伸ばしてきている京都。30度に近づく厳しいコンディションのデーゲーム。勝利を手にしたのは。

17年Jリーグ観た記 其の28 J1 川崎-新潟

ACLでは自力でのグループリーグ突破の目を掴んでいるものの、リーグ戦はここ4試合勝ち星をあげられていない川崎。こちらもシーズンまだ1勝、現在2連敗中の新潟。浮上のきっかけとなる勝ち点3を掴むのは。

17年Jリーグ観た記 其の27 J2 大分-松本

得点数こそ上がっていないが、片野坂監督が標榜するポゼッションスタイルが徐々に板についてきた大分。対するは、この試合前までで失点7と堅守を誇る松本。1点を争う勝負が予想される中、勝ち点を奪うことが出来たのはどちらか。

17年Jリーグ観た記 其の26 J1 浦和-鹿島

大宮とのダービーに敗れ、試合後大きなブーイングを浴びた浦和。返す刀でホームに迎えるのは、昨季リーグタイトルを眼前で奪われた鹿島。ACLはともにグループリーグ突破を決めており、この試合に全てを注ぐことが出来る状況下、勝ち点3をものにしたのは。

17年Jリーグ観た記 其の25 J2 長崎-岡山

前節、3-0の快勝劇で3連敗を脱した長崎。かたや、勝ち点を思う以上に積み重ねられていない岡山。夏日のゴールデンウィーク、勝利を手にしたのは。

17年Jリーグ観た記 其の24 J1 大宮-浦和

さいたまダービー。恐らく、両チームのファン・サポーターにとっては飾る言葉など必要のない、この響きだけで燃え滾るものがあるであろう一戦。プライドを見せたのは、どちらだ。

17年Jリーグ観た記 其の23 J2 福岡-東京V

しぶとい戦いぶりで勝ち点を積み重ね、上位に位置する福岡。この日迎えたのは、開幕当初の勢いにややかげりが見えつつある東京V。福岡が勢いをさらに増せたのか、東京Vが流れを変えられたのか。

ついに始まった、真の「掛け持ち」との戦い

J3へセカンドチームを送る決断を下した昨シーズン、U-18の選手たちがどこまでU-23の一員としてJ3を戦うのか?それに伴い、U-18はどこまで学年を問わないシームレスさを求められるのか?そのことを、決して本筋とはしていないながら、頭のど…

17年Jリーグ観た記 其の22 J2 横浜FC-千葉

前節は黒星を喫したものの、堅実な守備をベースに上位に位置する横浜FC。一方の千葉は、トピックスに上げやすい「ハイライン・ハイプレス」が功罪分けているのか、勝ち点を伸ばしきれない状況。とはいえ、試合前で両チームの勝ち点差は2。横浜FCが上位…