続々々・メガネのつぶやき

思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

マーメイドS&ユニコーンS予想

 昨日、久々に声が出る馬券を取れまして。

 今日も調子に乗って、当てたいです!

 

 

阪神11R マーメイドS(G3)

7ウインマイティー

4ステイブルアスク

1スルーセブンシーズ

14ラブユーライヴ

3,5,6,10,12,13,15,16

 

馬券 単勝 ◎

   馬連 ◎-〇▲☆

   3連複 ◎-〇▲☆-〇▲☆△

 

 本命はウインマイティーオークス3着後、しばらくメンタル面含めてスランプに陥っていましたが、近2走は前向きさが戻ってきて、前走は悪くない競馬。もともと叩き上昇のタイプなので、ローテーション的はいいと思いますし、父サンデー系×母父米国型は今週の馬場にマッチ。和田Jが積極的な競馬をしてくれれば、残り目あると見ています。相手も父サンデー系×母父米国型の3頭を。

 

 

東京11R ユニコーンS(G3)

3コンバスチョン

7リメイク

12バトルクライ

5ペイシャエス

1,4,6

 

馬券 馬連 ◎-〇▲☆

   3連単 ◎○→◎〇▲☆→◎〇▲☆△

 

 本命はコンバスチョン。というか、リメイクとのダブル本命的なイメージです。

 コンバスチョンは軽いダート向きで、中央のダートでは負けなし。ディスクリートキャット産駒が今の東京で大爆発中ですし、内枠で我慢もできるタイプ。ドバイ帰りで目に見えない疲れがなければ。リメイクは母父が今週好調のキングマンボ系。近2走の走りからは1600mも全く問題ないと判断しました。

 穴ならバトルクライとペイシャエス。バトルクライは母父キングマンボ系。前走は中1週も厳しかった印象。ペイシャエスは今週の前有利馬場をかなり味方に出来そう。

04/06/11 本日の競馬予想

 春のG1シリーズは結局かすっておしまい。ならば、G1以外で当てたいものです!今日は多めに4レース。

 

 

 

函館11R 函館スプリントS(G3)

6シゲルピンクルビー

13ビアンフェ

11ジュビリーヘッド

9ボンセルヴィーソ

2,5,8,12

 

馬券 3連複 ◎-〇▲☆-〇▲☆△

 

 本命はシゲルピンクルビー。モーリス産駒は年齢を重ねて身体ができて来るにつれ、適性距離が短い方にシフトしていくタイプが目立つように。この馬も、ここにきて身が入り、完全にスプリンター仕様になった印象。テンの速さもありますし、この枠ならスッと先行してそのまま馬券圏内には残ってくれると見ます。

 ビアンフェは平坦小回りなら安定。昨年だけ走れれば普通にリピートしても。ジュビリーヘッドは昨夏、北海道シリーズで2,1着。前走で1分7秒台も経験しましたし、血統的にも格負けしないかと。ボンセルヴィーソは昨日・今日と好走目立つトニービン持ち。テンについていければ。

 人気馬ではナムラクレア、プルパレイの両3歳馬を消してみます。ナムラクレアは父ミッキーアイル。産駒は距離延長、あるいは前走より追走スピードが落ちるレースで好走目立つ印象で、今回は距離短縮でテンの3ハロン33秒台は確実。流れに乗れず・・・のパターンは大いにあるかと。プルパレイも、内枠は好材料ですが1400m、または追走ペース緩い1600m戦向きの印象。1200mで最内枠だと、包まれて終わる可能性大。

 

 

中京11R 三宮S(ダ1800m

10ハヤブサナンデクン

11レイマン

6ブルベアイリーデ

14ホウオウルバン

2,3,12

 

馬券 3連単 ◎→〇▲☆→〇▲☆△

 

 本命はハヤブサナンデクン。前走初のオープンクラスでしたがしっかりと好走。もともと叩き良化型で、中京得意。追わせるタイプではないので、福永Jも手が合わないことはないはずで、スタートを決めて好位追走できれば勝ち切れると見ます。

 スレイマンは中京で3連勝中。こちらも狙いすました一戦。負かされるとしたらこの馬かと。ブルベアイリーデは距離短縮好感。前がやり合うようなら台頭あり。ホウオウルバンは前走枠・展開ともに向かず。初の中京がどちらに出るかは分かりませんが、外枠は歓迎ですし、強気のマクリがハマっても。

 

 

東京11R エプソムC(G3)

10トーラスジェミニ

6ノースブリッジ

11ジャスティンカフェ

1シャドウディーヴァ

3,5,7,8

 

馬券 3連複 ◎-〇▲☆-〇▲☆△

 

 本命はトーラスジェミニ。2年前に大穴を開けましたが、あの時と同じくダービー卿CT大敗後のローテ。大きな着順が続いていますが、今日はよほどのことがなければ逃げが叶うメンバー構成。父キングマンボ系も今の馬場に合いますし、原Jが変に溜めることなくイーブンラップで後続に脚を使わせることができれば楽しみあります。

 ノースブリッジは恐らく番手追走。上がりの脚に限界があるタイプなので、非根幹距離、渋った馬場、イーブンラップはいずれも歓迎。ジャスティンカフェは父エピファネイアで距離延長歓迎。母父ワークフォースでタフな馬場もこなせるでしょうし、横山典Jとも手が合っています。シャドウディーヴァは後続が極端な差し比べに傾けば出番あり。人気馬では、タフな馬場マイナスのザダルを切ってみます。

 

 

東京12R 3歳上1勝クラス(芝1400m

8カラパタール

15アンクロワ

12ブルメンダール

4シャドウファックス

2,9,10,11

 

馬券 3連複 ◎-〇▲☆-〇▲☆△

 

 本命はカラパタール。体質もあってか休み休みしか使えず、近2走は着順も大きくなっていますが、前走は悪くない走り。未勝利勝ちが不良馬場だった同舞台で、カレンブラックヒル×ブラックホークならば、今の馬場はかなり合いそう。1分22秒台に収まってくれる前提ですが、チャンスはあると見ての本命です。

 アンクロワ、ブルメンダールはともに父モーリス。タフな1400m合いそう。シャドウファックスは前走が見どころあり。こちらも 1分22秒台に収まってくれる前提ですが、食指は動きます。

安田記念&松風月S予想

 先週のダービーデーは6レース予想を載せましたが、本命馬が1勝、3着1回、4着2回、着外2回。惜しいような惜しくないような結果でした。今週は東京春開催のラストG1。何とか1つ当てて終わりたい!で、中京のメインも面白そうだったので買ってみます。

 

 

中京11R 松風月S(ダ1200m

10アーバンイェーガー

15ボイラーハウス

7ヒデノヴィーナス

2,3,5,13

 

馬券 3連複 ◎-〇▲-○▲△

 

 本命はアーバンイェーガー。オープン昇級後続けて1400mを使われていますが、1200mの方がより走れるタイプ。母父ダンシングブレーヴで距離短縮も歓迎ですし、今回は調教もきっちりやられている様子。外目からスムーズに運べれば楽しみあります。

 相手は、こちらも距離短縮歓迎で3走前のパフォーマンスを期待できるボイラーハウス、オーロラテソーロを追いかけて展開恵まれそうなヒデノヴィーナスを中心視。

 

 

 

東京11R 安田記念(G1)

13ソングライン

16レシステンシア

11カテドラル

8イルーシヴパンサー

9シュネルマイスター

×3,4,7,15,18

 

馬券 3連複 ◎-〇▲-○▲△×

   3連単 ◎→〇▲→○▲△

 

 本命はソングライン。前走は海外帰り、かつ、距離短縮好走後の距離延長でいささか厳しいローテーション。スローとまでは言わないものの、前有利の展開も向きませんでした。今回はすでに実績のある短い間隔で同距離、かつ、外伸び馬場。このレースに強いStrom Catの血を持つキズナ産駒で、母父は今週効いているロベルト系と血統面も良し。勝ち切りを期待してもいいでしょう。

 相手は前と後ろから1頭ずつ。前で残るならレシステンシア。ヴィクトリアマイルは展開に恵まれたとはいえ、不利な距離延長ローテを跳ね返しての好走。今回もカフェファラオやホウオウアマゾンの出方を見ながらいろいろ選べる枠順。アエロリットに似たタイプだと思っているので、安田記念でさらにパフォーマンス上げても。

 後ろからならカテドラル。1600m戦で自身の走破時計が1分32秒5以下だったことが過去3度ありますが、すべて馬券圏内。高速決着に強いデインヒルの血を持つことが影響していると思いますが、今回はよほどのドスロー、または直前でドバっとした雨がなければ1分32秒5以下の決着は必至。戸崎Jの一発に期待してみても。

ダービーデー予想

 さあ、競馬の祭典日本ダービー当日がやってまいりました。全国的に季節外れの暑さに見舞われそうですが、その暑さを上回る勝負を期待したいところです。

 というわけで、今日はダービーのみならず、今日(さっき)購入したレースの予想を垂れ流してみたいと思います。9時時点のオッズでは、どれか1つでも当たればトントン、2つ当たればプラス。よろしくお願いします!

続きを読む

オークス予想

 先週のヴィクトリアマイルは箸にも棒にも掛からぬ予想。今週は、棒にくらいはかかりたい~。

 

 

オークス(G1)

4ルージュエヴァイユ

18スターズオンアース

2スタニングローズ

14シーグラス

1,6,7,9,11,12,17

 

馬券 馬連 ◎-〇▲

   3連複 ◎-〇▲☆-印

   3連単 ◎→〇▲→〇▲☆

 

 本命はルージュエヴァイユ。新馬、2戦目いずれも前有利の展開のなか、長くいい脚を使っての差し切り勝ち。前走は直線でなかなか進路を見つけられず、脚を使ったのはラスト1ハロンだけ。レース展開も、その最後1ハロンが11秒台で踏みとどまったことにより前残り。全く力を出せずに終わりました。ただし、今回は全馬初の2400m戦で、馬場状態を踏まえても最後1ハロンはおそらく12秒台前半(上がり3ハロンで言えば、35秒台前半~中盤)。となると、母系のフランケルデインドリームの血も味方に、最後まで伸びが止まらずに勝ち負けになるのでは、と見ています。

 対抗はスターズオンアース。父ドゥラメンテで母系はドイツ牝系。ソウルスターリングの近親でもあり、オークスへの舞台替わりは全く問題ないでしょう。大外はもちろん不安ですが、そこはルメールJに任せるとして。正直、サークルオブライフとこれほど単勝で人気差がつくとは思っていませんでした。

 単勝的に一発あるならスタニングローズ。父キングカメハメハオークスで揮わない分本命、対抗にはできませんでしたが、祖母ローズバドオークスで2着。桜花賞をパスしてここに照準を合わせたのも好感で、父欧州型にレーンJも好相性。この人気は舐められすぎかと。

 複勝的に一発あるならシーグラス。父ゴールドシップで、母系がマイネルラヴタマモクロス。いかにもビッグレッド生産馬らしい血の重ね方ですが、昨年は同じ父ゴールドシップビッグレッドF生産のユーバーレーベンが勝利。小倉での連勝は早めに脚を使い始めてバテずに伸びていて、前走は真逆のレース。タフな決着ならチャンスあるかと。

 人気馬では、3アートハウス、8ナミュールを嫌ってみます。アートハウスは秋華賞で狙いたいタイプで、私が想定しているレベルのタフな決着だと、多分スタミナが足りず。ナミュールは父ハービンジャーですが、母系がスピードに寄りすぎ。こちらも、スタミナ面の不安は大きい印象です。