続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

J1第27節 札幌−東京 私的見方

 試合は日曜日ですが、今日のうちに短く。下位にあえぐかつての難敵・磐田を順当に退けて4連勝を飾った東京。10月以降も優勝やACL出場圏内という「結果」を視野に入れながらのしびれる戦いに身を置きたいところで、そのためには最下位に沈む札幌からは勝ち点3奪取が必須と言える試合ではないでしょうか。
 エルゴラの予想スタメンは以下のとおり。

GK 塩田
DF 長友、佐原、茂庭、徳永
MF 浅利、梶山、エメルソン
FW 石川、カボレ、赤嶺

 今日は攻撃陣から。赤嶺はまだ傷跡は残っているとのことですが、昨日の練習試合(23日@磐田戦のスタメンを除くメンバーでの試合)で45分プレーし、トーチュウによると「痛みは全くない」とのこと。平山が累積警告で出場停止となることも相まって、間違いなくスタメン復帰となるでしょう。両ワイドはこのところ(攻撃面では)好調なプレーが見られる石川と、膝の痛みと戦いながらのカボレ。札幌がどこまで引いた形の守備隊形をとってくるかは分かりませんが、中盤で丁寧につないでいる中で前線の3枚が空いているスペースに飛び込んだり、相手のギャップを突くなどの「シンプルな攻撃」が出来れば、申し訳ないですけど得点ゼロで終わることはないかと。理想的な展開は「残り20分の段階でセーフティリードを奪っていて、比較的気楽に羽生さんを試す」形でしょうか。もちろんそこまで簡単にはいかないとは思いますけどね。
 守備陣はここのところ不動のメンバーでなかなかの安定感が生まれているんではないかと思います。注意すべきはブラジルトリオの個人技*1&セットプレーの高さだけだとは思いますが、シンプルさゆえの怖さも感じるところ。特にセットプレーは札幌にとって欠かせない得点チャンスで、自陣深くでの不用意なファウルを与えるのだけは絶対に避けたいところです。
 冒頭に戻りますが、この試合に課されたミッションは「勝ち点3を取る」こと。前節の磐田戦で見せてくれた「いい人東京」からの脱却を確かなものとすべく、そして、この後の清水、(2週間の中断を挟んで)大分、鹿島、ガンバという強敵相手の試合に弾みをつけるべく、しっかりと勝利をものにしてくれることを期待したいです。

*1:ただ、ダヴィは移籍交渉のためにチームを離れているようで、出てこない?