続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

UEFAカップグループステージ第5節斜め読み&振り返り

 第5節の結果は見出しのリンク先をご参照ください。それでは、早速ですが各グループを簡単に振り返ります。クラブ名の前の印は、10/8に当ブログで予想した印です。また、上位3チームまでが決勝T進出となります。長いので畳みます。

グループA
 1位 ○ マンチェスター・C(2勝1分1敗)
 2位 △ トゥウェンテ(2勝2敗)
 3位 ▲ パリ・サンジェルマン(1勝2分1敗 +2)
 4位 ▲ ラシン・サンタンデール(1勝2分1敗 +1)
 5位 ○ シャルケ04(1勝1分2敗)

 トゥウェンテの頑張りにはびっくり。さすがにここでは一枚落ちると思ったんですが、やりますなぁ、マルティン・ヨル。一方、シャルケはまさかの最下位。ホント、このチームも投資に見合う結果が出ないチームだなぁ。確か、年俸総額がバイエルンに次いで2位だったと思うんですが…これ以上は言わないでおきましょう(苦笑)。

グループB
 1位 … メタリスト・ハルキフ(3勝1分)
 2位 ○ ガラタサライ(3勝1敗)
 3位 ○ オリンピアコス(2勝2敗)
 4位 ○ ヘルタ・ベルリン(2分2敗)
 5位 ▲ ベンフィカ(1分3敗)

 はっきり言って、メタリスト・ハルキフは全くのノーチャンスだと思っていたんですが…ゴメンナサイ。しかも、首位通過だなんて想像だにしませんでした。そして、ここでもドイツ勢が辛酸を舐める結果に。まあ、1つも勝てないんじゃ言い訳の仕様がないですけどね。

グループC
 1位 ▲ スタンダール・リエージュ(3勝1敗)
 2位 ▲ シュトゥットガルト(2勝1分1敗 +3)
 3位 ▲ サンプドリア(2勝1分1敗 −1)
 4位 ◎ セビージャ(2勝2敗)
 5位 … パルチザン・ベオグラード(4敗)

 メタリスト・ハルキフの首位通過も驚きのニュースでしたが、セビージャのグループステージ敗戦はそれに輪をかけた驚きでした。確かに、勝ち抜けた3チームも決してセビージャに見劣りしない戦力を持っているとは思いますが…と言っても仕方ないか。まあ、個人的にはスタンダール・リエージュが一押しなので、今後も頑張ってほしいところです。ちなみに、UEFAカップがこのグループステージ制を採用してから、勝ち点6を得ながら敗退となった2つ目のチームだとか。そう考えると、ツイてなかったなぁ。

グループD
 1位 ○ ウディネーゼ(3勝1敗)
 2位 △ トッテナム(2勝1分1敗)
 3位 △ NEC(2勝2敗)
 4位 ○ スパルタク・モスクワ(1勝1分2敗)
 5位 △ ディナモ・ザグレブ(1勝3敗)

 ウディネーゼは順当でしょう。そして、トッテナムが最悪の滑り出しからのカムバックを果たして2位通過。プレミアでは依然残留争いのポジションにいることは事実としてありますが、それでもこれほどまでに監督交代が効果を挙げる事例というのは珍しい気がしますね。

グループE
 1位 ○ ヴォルフスブルク(3勝1敗)
 2位 ◎ ミラン(2勝2分)
 3位 … ブラガ(2勝2敗)
 4位 ○ ポーツマス(1勝1分2敗)
 5位 △ ヘーレンフェーン(4敗)

 ヴォルフスブルクミランは順当ですが、3位にブラガですか。ベンフィカがグループAで最下位に沈んで、ブラガがグループステージ突破…これだからUEFAカップを追いかけるのは楽しいんですよ!…というのは言い過ぎかもしれませんが、魅力のひとつであることは間違いないですよね。

グループF
 1位 ○ ハンブルガーSV(3勝1敗)
 2位 ▲ アヤックス(2勝1分1敗)
 3位 ◎ アストン・ヴィラ(2勝2分)
 4位 … MSKジリナ(1勝1分2敗)
 5位 △ スラヴィア・プラハ(2分2敗)

 予想と順番こそ違えど、Aから数えて6グループ目にしてようやく順当な勝ち抜け。以上(笑)

グループG
 1位 ▲ サンテティエンヌ(2勝2分)
 2位 ◎ バレンシア(1勝3分)
 3位 △ FCコペンハーゲン(1勝2分1敗)
 4位 △ クラブ・ブルージュ(3分1敗)
 5位 △ ローゼンボリ(2分2敗)

 2勝しても勝ち抜けないグループがあったかと思えば、1勝しかしてないチームが2つも通過するグループもあり。バレンシアの1勝には正直不満ですが、セビージャのように散らなかったことを次に活かしてくれると信じましょう。松井はどれだけ出番があるかなぁ?監督交代後、徐々に使われ始めてはいますけどね。

グループH
 1位 ○ CSKAモスクワ(4勝)
 2位 ○ デポルティボラコルーニャ(2勝1分1敗)
 3位 … レフ・ポナズン(1勝2分1敗)
 4位 △ ナンシー(1勝1分2敗)
 5位 ▲ フェイエノールト(4敗)

 CSKAが唯一の全勝での突破。かと思えば、フェイエノールトがまさかの全敗。フェイエは今オフ結構いい補強をしていたので期待していたんですが、エールディビジでも苦しんでますし、ここでも一敗地にまみれる結果に。ファン・マル・バイク監督を代表に引き抜かれたのが痛かったのか?