続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

FIFA U−20W杯 GL第1戦 日本3−1スコットランド

 リアルタイムでは試合を見れず、家に帰ってもろもろあって、試合を見終わったのが日付変わって2時だったので、今日の日記で。
 この年代のゲームはほとんど映像で見た事がなく、文字で伝わってくる情報しかなかったため、どれほどのものなのか計りかねていたところがあったのですが、この試合に限って言えば「想像以上」の一言。全体のプレスの意識の高さ・運動量は目を見張るものがありましたし、高さへの対策もしっかりとしていたと思います。また、日本ではなかなかお目にかかれないくらい深くて粘っこそうなピッチにもしっかり対応する順応性も見せてくれましたし、個々のスキルも高いぞ!という点も数多く見せてくれました。ビリーの出来がイマイチ+バリエーション不足なのが残念でしたが(大笑)
 ただ、これで気を抜いてはいけません。次戦以降(コスタリカ、ナイジェリア)は、相手の持つ「身体能力」の高さにどれだけ対応できるかが大きな鍵になるでしょうし、全体的な能力はスコットランドより上だと聞きます。最高のスタートを切ったこの勢いを途切れさせることの無いよう、しっかり準備して臨んで欲しいと思います。以降は個々の選手への感想を短く。

GK 林…ハイボールへの安定感は見ていて安心も、キックの精度をもう少しよろしく。
DF 内田…鹿島でのプレーぶりを見る限りは、これぐらいできて当然でしょう。
    福本…槙野との役割をはっきりさせたことで、自分の仕事に集中できたのは良かった。
    槙野…一見ヒョロッとしてますが、当たりはなかなか強いですね。福本とのコンビもGood。
    安田…内田と同じ感想。中央へ切れ込んでのシュートに意識の高さを感じます。
MF 青山…ほぼ初見でしたが、幅広い動きは好感が持てました。ゴールシーンも見事。
    田中…右サイドでいいスパイスになってました。
    梅崎…すべてにおいてハイレベルなプレーは、相手を完全に凌駕してましたね。MOM。
    柏木…ロングボールが多く、ボールに触ってリズムを作る彼にとっては厳しい試合でした。
        ただ、もっとできるはずですし、エリアに入ったらシュート狙いましょ。
    藤田…時間が短いので、何とも。
    森重…時間が短いので、何とも。
FW 河原…シュートコース以外は良い出来。次こそゴールを。
    森島…こんなに競り勝てるとは。こんなにボールをキープしてくれるとは。いい意味で
        裏切られました。
    青木…河原ほどの運動量はありませんでしたが、足下の上手さはさすが野洲ボーイズ。


追伸
この写真この写真は非常に印象に残りました。このチーム全員が一つ同じところを向いているのが伝わってきていいじゃない、ってな感じで(その内容はともかく)。直前にコーチ陣からから「真面目にやれ」って怒られるくらいにぎやかなチームなんだそうですけど、はしゃぐところははしゃぐ、キチッとやるところはキチッとやる、そういうメリハリを上手くつけられるなら、どんどんはしゃいじゃってください。
 しかし、梅崎の左手(1枚目の方の弓矢)が素敵だ(笑)。