続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

欧州、始動

 J再開も待ち遠しいのですが、欧州の新シーズン開幕もまた待ち遠しいところ。何て思ってたら、スコットランド・プレミアリーグとフランス・リーグアンは今週末もう開幕なんですね。早いもんだ。そこで気になるのが、スカパー!の放送権獲得状況。今日時点では、

イタリア・セリエA  ○
スペイン・リーガエスパニョーラ  ○(WOWOW)
フランス・リーグアン  ○
スコットランド・プレミアリーグ  ○
UEFAチャンピオンズリーグ  ○
イングランド・プレミアリーグ  △
ドイツ・ブンデスリーガ  △
オランダ・エールディビジ  ×

 となっています。ここ1週間でセリエAリーグアンの放送継続が立て続けに決定したのは大変喜ばしいんですが、イングランド・プレミアはいろいろ探ってみると、×に近い△と言わざるをえない状況なようで。なんたって、プレミアの今後3年間の放映権料がもろもろ含めると、およそ6650億円とも7000億円とも言われていて…。もちろんスカパー!がその全てを払うわけではありませんが、これはちょっと法外な額*1でしょう。放映権料という概念が「クラブにとって新たな資金源となり、スターが集ってエキサイティングなリーグになる」と言う事実を否定できる人はいないでしょうが、そのせいで「ファンが離れていかざるを得ない状況(=テレビでの観戦機会を失う状況)になる」と言うことになってしまったのでは、本末転倒な気もするんですがねぇ…。
 ともあれ、△の2つのリーグどちらも放送権を失うと言う状況だけは、何とか避けて欲しいのが本音。スカパー!イングランド)は先に述べたとおり期待薄なので、J SPORTS(ブンデス)には粘り強く交渉して、放送権を取ってきて欲しいと思います。

*1:その裏(?)で、リーグアンの1000億超という放映権料にも腰抜かしましたが。