続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

Jリーグディビジョン1 第23節 鹿島3−1東京 レビュー

 2試合連続の完敗。ただ、山形戦は「もっとやれるのに…」的な後悔が残るものでしたが、この日は「ぐうの音も出ない」ヴァージョン。(鹿島が相手なら殊更)あげてはいけない先制点をわずか4分という時間にアッサリと許し、平山の奮闘で流れを戻しかけたところでマルキーニョスに一瞬の隙を突かれて中押しを許し、それでも何とか後半から活性化したサイドの崩しから決定機を得るもそれを逃し続け、そうやって前がかりになった裏を取られてとどめを刺されてジ・エンド。球際でもことごとく負けてましたしね。カボレが絵に書いたような「焼け石に水」ゴールをあげはしましたが、反撃もここまで。1ヶ月ほど前には待ち焦がれていた鹿島との対戦で、改めて「差」を見せ付けられた試合でしたかね。極論ですけど、こんなんなるくらいなら、7/29に対峙した広島ぐらいベタ引きして0−0で終わったほうがまだスッキリする。だって、その方が「鹿島からどうやって勝ち点をもぎ取ってやろうか」っていう意図と気概が見て取れそうだったから。「自分たちのサッカー」なんて言葉に、いつまでも逃げてちゃダメでしょ。
 そんな完敗の中、唯一惜しかったとのたまえるのが平山だったかなと。山形戦同様、前半はポストプレー良し、空中戦まずまず、シュートへの意識ありと半無双状態で、7分のミドルはホントに惜しかった。ツキがなかった。それを決められるかどうかが…という言葉は、あのシーンに限っては言えないかなと。ものすげぇ走ってたし、守備もしてたし。でも、そんな平山が結果的に「見殺し」になってしまったわけですよ。ナオがいれば、例えば「平山に楔のパスが入る→羽生orボランチがリターンをもらう→のと同時ぐらいにナオが裏を狙う→そこにパスが出てシュート」という流れも見えてくるんですが、達也、草民、そしてこの日の北斗は、そこがナオに比べて数段落ちてしまう。これはもう「ナオがスペシャルすぎて…=代役不在」という言い方で仕方ないとは思います。
 思いますけど、だったら「いないときどうするか」を考えないと。作らないと。ひねり出さないと。例えば「平山が楔を受ける→シンプルにSHorSBに叩く→平山はパス&ゴーですぐにエリアに入り、もう1人のFW+逆サイドのSHもエリアに入って『中3枚』という形をスムーズに作ってクロスを上げる」という形を愚直にやり続けるのもありだし、例えば「平山が『下りてこないで』楔を受ける→絞ったSHor上がってきたボランチがシンプルにミドルシュートを狙う」でもいいし、今いるメンバーで一番やれそうな「平山が楔を受ける→絞ったSHor上がってきたボランチに落とす→FWが裏狙って走り出し、そこにパスを出す」…って、カボレがそれやってくんないんだよなぁ。カボレについてはそこが一番不満。シュートの精度がムニャムニャってのはどうしようもなくて、でも5本も撃てば1本は決まる日もあるんだったら、一瞬のスピードで相手を置き去りにしてゴール前でシュートチャンスを作るような動きをもっと求めないと。相手からすれば、カボレの一番の怖さは「スピード」なんですから。そこの脅威を自ら潰すようなことをしていては、そりゃ点も取れませんよ、怖くありませんよって話。その程度のカボレだったら、アンタッチャブルな存在じゃないと思いますけどね。


 試合終了のホイッスルが鳴って、選手が挨拶に来るのを待たずして席を立ったんですが(「沈黙は雄弁に勝る」的な態度表明です)、背中から聞こえてきたのは多数の拍手と少数のブーイング、そして「カップを奪い取れ〜」の歌でした。拍手自体も正直納得しかねるところですが、よりによってカップを奪い取れ、ですか。いや、私だったナビスコのタイトルを手にする東京の姿をまた見たいですよ。でも、清水戦の前に大分戦がまだあるし、少なくとも昨日の一敗地に塗れた敗戦の後で「カップを奪い取れ」って言われたって、私はその声は届いていないと思いますし。もちろんブーイングする・しないはその人の思想信条からくるわけですけど、もし、万が一、単純にイケイケに引きずられて拍手して、カップを奪い取れ〜って歌った方がいたとすれば、そこは「この内容を拍手で迎えること」がどういうことなのかを考えて欲しいですし、この日は叱咤激励の意味をこめたブーイング、あるいは沈黙を届けるべきだったと言わせてもらってお終いにします。


P.S メロン、五浦ハム食いたかった〜(別のハムは食ったけど)。まさか、ゴル裏の人間がメイン、バックに足を踏み入れることすらできないとは…。
P.P.S オフィシャルバスツアーの帰りのSA休憩と、選手バスのSA休憩がまさかのバッティング。みんな自販機やら売店で飲食物を買ってた。見かけたのは、平山、梶山、今野、達也、大竹、羽生、(バス車内の)徳永。平山、さすがにコーラ買ってなかったな(笑)