続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

20年 Jリーグ採点 其の8 札幌-FC東京

 アウェイ4連戦を2勝2分で乗り切った札幌。J1で最も遅いホーム開幕戦の相手は、難敵浦和を下して勢いに乗るFC東京。勝利をつかんだのは。

 

試合結果

J1 第6節 7/22 札幌ド
札幌 1 1 0 1 FC東京
0 1
             
45+2' 菅 大輝       88' 室屋 成

 

 

札幌採点

Pos 選手名 採点 短評
GK 菅野 孝憲 6.0 前半6分の被決定機でファインセーブ。その後も安定したプレーを見せ、失点シーンも反応良く手にはヒット。J通算500試合出場、素晴らしいの一言。
DF 進藤 亮佑 5.5 対人プレー、カバーリングともにしっかりとこなし、攻撃でも流れでの中で相手ペナルティエリア内でシュートを放つ。
DF 田中 駿汰 7.0 チーム全体の守備が上手くいっていたことも味方し、読みがズバリ。1対1でも常に強さを見せ、機を見た縦パスも何度か。存在感は抜群だった。
DF 福森 晃斗 5.5 自陣からのロングボール、サイドチェンジは精度高かったが、敵陣に入ってのクロス、プレイスキックはやや精度を欠いた。
MF ルーカス フェルナンデス 6.5 絶妙なポジショニングで常に小川を困らせ、1対1でも度々突破。後ろからの駆け上がりも鋭く、チャンスをしっかり作れていた。
MF 宮澤 裕樹 6.0 敢えてファウルで止めることも含め、真ん中の危ないエリアで相手に気持ちよくプレーさせなかった。ビルドアップも冷静にこなす。
MF 深井 一希 5.5 力強い応対は目立っていたが前半の内にイエローカードをもらい、後半2枚目をもらってしまいかねない振る舞いがあって途中交代。もったいなかった。
MF 菅 大輝 7.0 攻めてはタイミングの良いオーバーラップからゴールをゲット。守ってもスプリントの速さで裏へのボールにしっかりと対応。失点シーンはしてやられたが、上々の内容だった。
MF 駒井 善成 6.0 前半は常に相手の嫌な位置が取れていて、しっかりとボールを引き出し、受けてからのプレー選択も〇。後半はやや失速したが、怖さは見せた。
MF チャナティップ 5.5 彼らしい小回りの利いたプレーは見られたが、崩しの場面に関わりきれず。駒井と比較すると、ややおとなしい出来だったか。
FW ジェイ 5.5 ボールを持てば懐深く、ポストプレーから流れのいい展開も作れていたが、トータルで見れば渡辺に封じられてしまったか。
MF 高嶺 朋樹 6.5 個人的には初見だったが、しっかりとボールを奪えるし、取ってからの判断も的確だし、敵陣に入ってのプレーもいい。成長が楽しみな選手。
MF 金子 拓郎 5.0 やや押し込まれた時間帯での投入で、自身の持ち味は出せず。
FW ドゥグラス オリベイラ 5.0 ジェイと比較するとボールを収めきれず、決定機もシュートはキーパー正面。期待に応えきれず。
MF 中野 嘉大 時間短く、評価なし。
MF 白井 康介 時間短く、評価なし。
MG ペトロヴィッチ 6.5 終盤の選手交代はもう少しいい策があったか?という気もするが、試合全体で見れば、チームをよく作れていることが随所に見て取れた。

 

 

FC東京採点

Pos 選手名 採点 短評
GK 林 彰洋 5.5 失点シーンは、正直弾いてほしかったように見えたが、その他の被決定機では見事な対応。ハイボールも安定していた。
DF 中村 帆高 6.0 試合を重ねるごとに、相手への間合いの詰め方が正しく、鋭くなっている。左右どちらでも遜色なく、前への意識も高い。今後への期待が湧く。
DF 渡辺 剛 7.0 ハイボールは、目測の良さ含めほぼパーフェクト。カバーリングも判断ミスなく行い、自信の良さは十二分に出した。
DF ジョアン オマリ 5.5 持ち場を離れてボールにアプローチする場面多数。交わされる場面もあったが、きっちりとボールを奪う場面もあり、持ち味はしっかり見せた。
DF 小川 諒也 5.0 小川一人の問題ではないが、自身の外、裏を長いボールで使われ、対応に苦しむ場面が散見。1対1でも対面のルーカスにやられる場面が目立った。
MF 東 慶悟 やや特殊な役割を任せられるも、きびきびとプレー。ただ、怪我により途中交代。すぐには戻ってこれないとのことで、チームにも痛手。
MF 髙萩 洋次郎 5.5 アンカーとしてプレー。ビルドアップではあまり貢献できなかったが、守備では正しくプレー。特に前半、駒井への食いつきはチームを助けた。
MF アルトゥール シルバ 5.0 ナイス!と思わせるプレーがなかったわけではないが、全体的には攻守両面で存在感薄目。「一人」でプレーしている感が否めず。
FW ディエゴ オリヴェイラ 5.0 かなり厳しいマークを受け、なかなか前を向いてプレーできず。簡単なミスも見られ、途中交代は致し方ない。
FW アダイウトン 5.0 真ん中でどうにか収めようとする意思は買うが、実現にはつながらず。前半6分の決定機も決めきれず、らしさを見せきれなかった。
FW レアンドロ 5.5 試合全体を通してはボールタッチが乱れ、パスも正確とは言えないが、同点ゴールシーンでのスルーパスは見事。帳尻を合わせた。
MF 安部 柊斗 5.5 東の負傷により急遽前半から。守備はやや外される場面もあり。攻撃ではスペースを見つけて走りこむも、ボールが出てこず。
FW 永井 謙佑 5.5 停滞した空気を変えるべく、投入直後からプレス、プレス。競り合いはまだ怖々だが、シュートまで持ち込む場面もあり、流れを変えた。
FW 原 大智 5.5 ボールタッチがぶれる場面が目立ったのはまだまだだが、スペースへの走り込みはなかなか。アピールを続けたい。
FW 紺野 和也 5.5 仕掛けの部分は、これまでの中では最も意欲的。守備もしっかりとこなし、役割は果たした。
DF 室屋 成 6.5 短い時間だったが、相手を押し込んでいた時間帯に登場し、その勢いを加速。見事なフリーラン&トラップで、貴重な同点弾を叩きこんだ。
MG 長谷川 健太 6.0 何人かの選手が期待通りにプレーしてくれず。それでも、3枚替えで局面を変えたのは見事。ただ、橋本抜きの4-3-3は東の怪我で頓挫か?