続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

函館2歳S 予想

 本腰を入れての予想復帰は秋開催に入ってからにしますが、ちょいとだけそそられたので買ってみたいと思います。
◎ 15.ラインブラッド
○ 13.ルシュクル
▲ 07.ナムラミーティア
△ 12.フィフストペル


 重視したのは「1:前走4角先頭ではないレースでの好走」「2:サクラバクシンオーorヘイロー系産駒」「3:外枠」の3点。1ですが、開催を経て力のいる馬場にシフトしてくる函館(この後の小倉2歳Sもそうでしょうけど)にあっては、開催が浅い頃にスピード一辺倒で逃げ切った馬が重くなった馬場でそのスピードを殺がれ、かつスタミナが足りずに凡走するパターンが過去の傾向から見て取れますし、何より逃げられるのはレース中1頭なわけで、そもそも逃げることが出来なかったことでリズムが崩れる馬もいるはず。というわけで、まずは前走4角先頭のレースをしていた

アイアムカミノマゴ、ベルシャルル、シシャモチャン、ディーズハイビガー、メジロチャンプ、ヒシアカデミー

 はバッサリ消し。3着ぐらいならあるかと思いますが、3連系は買わないのでバッサリで。
 2も1の理由に通じるところがありますが、比較的軽い芝を得意とするサンデー系や一本調子で押し切りたいミスプロ系にとって、重くて一本調子では押し切りづらくなっている開催後半の馬場は不向きなんでしょう。その分、重い芝にも対応できるスプリンターを出せるサクラバクシンオーや、時計のかかる馬場大歓迎のヘイロー系が台頭する形になっているんでしょう。3は単純に揉まれることなくスムーズに進んでこれることが、経験の浅い2歳馬のレースではアドバンテージになるんでしょう。内が荒れ始めているという点もあるでしょうし。
 という3点を踏まえつつ、本命はひねってラインブラッド。外枠のヘイロー系(タイキシャトル産駒)で、前走は道中6番手からの差し切り勝ち。勝ち時計は2開催目ながら1分11秒0となかなかのものですし、前走同様中団で折り合って差しが決まる流れになれば、伸びてくるのはこの馬でしょう。ここまで人気が無いのにはちょっと驚きですし、鞍上の北村友Jは今年ここまでの函館開催リーディング6位(8勝)と健闘を見せていて、単複回収率がともに100%を超えるという好内容なのも、期待を高めてくれます。対抗ルシュクルは外枠のサクラバクシンオー産駒で前走は4角3番手という競馬で勝利。その時の勝ちタイム1分11秒0は開催前半ではありましたが水準のものですし、ここでもスタートさえ五分に決めればしっかりと伸びてくるんではないかと思います。3番手ナムラミーティアラベンダー賞勝利でメンバー中唯一の2勝馬。サクラバクシンオー産駒でいずれも好位追走からしっかりとした決め手を見せて勝利しており、人気ですが逆らう必要はないと思います。4番手フィフストペルの父キングカメハメハはご存知の通りミスプロ系ですが、まだキングカメハメハの適正が分からない中でそれだけで消す必要はないですし、それを除けば新馬戦の内容は上々のもの。斤量2キロが影響しなければ、三浦Jの重賞初制覇はここかもしれません。
 馬券はラインブラッドの単複をメインとし、馬連4頭ボックスとラインブラッドからのワイドを押さえておきます。


 買い目 単勝 15 1,500円  複勝 15 3,500円
       馬連ボックス 07,12,13,15 各500円(07−12のみ700円)
       ワイド 15−07,12,13 各500円(15−07のみ800円)