続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

菊花賞(G1)

◎ 15.ダンビュライト

○ 06.マイネルブンシュ

▲ 14.ポポカテペトル

☆ 03.スティッフェリオ

△ 13.キセキ

△ 12.ミッキースワロー

△ 11.サトノクロニクル

 

 台風の影響により極悪馬場になることはほぼ確定。近年まれに見る混戦メンバーですが、そうした馬場で上積みがありそうな馬を狙いたいところ。

 本命はダンビュライト。ノーザンファーム生産のサンデーレーシング所有馬なのに1番人気が1度も無い…ってのは余談ですが、戦績もここまでわずか1勝。だけど、新馬戦以外は全て重賞を走り、大きく負けたのは朝日杯FSのみという完全に勝ち味に遅いタイプ。

 今の日本はクラスが上がれば上がるほどサンデー系の切れ味が求められ、父ルーラーシップではどうしてもキレ負けしてしまう。となれば、そのキレが完全に削がれる今日の馬場なら反攻可能、と見ました。実際、唯一勝利した新馬戦は上位人気のディープ産駒が伸びあぐね、2着はカネヒキリ産駒が穴を開けた不良馬場でしたしね。

 血統をもう少し見てみても、兄はダイヤモンドS2着のラブラドライド、近親に重い馬場大好きマリアライトやJCダート優勝アロンダイトがいる重厚な一族で、母母父には長距離で血が騒ぐリヴァーマン。一部で距離不安がささやかれていますが、むしろ距離が伸びるのは歓迎材料じゃないかと思います。

 あとは、一にも二にもどのポジションにつけられるか。ウインガナドルが逃げ宣言をしているようで、アダムバローズやマイスタイルとケンカにならなければすんなりハナだと思いますが、できればその後ろ3、4番手が理想でしょうか。まあ、そこは武Jが上手くやってくれるはずです。

 本命を決めるのすら難しいのに相手選びはもっと難しいところですが、思い切ってこれを書いている時点で2ケタ人気の3頭にしてみました。

 ○マイネルブンシュは父ステイゴールド×母父コマンダーインチーフで母系がアイルランドの重厚な血統。兄コスモオオゾラも重馬場の弥生賞でサンデー軍団を蹴散らして勝利しましたが、今日の馬場はアドバンテージになりそう。▲ポポカテペトルは兄マウントロブソン。兄もそうですが、ディープ産駒らしからぬ叩き良化、タフな馬場が向く戦績、レースぶりで、一発があっても。

 ちなみにこの2頭は、夏に古馬混合2200m以上の条件戦勝利馬。かつての、スタミナ血統が字面どおり穴を開けていた時代の菊花賞ではマストな条件でした。近年は高速決着化したことによりこうしたローテの馬は鳴りを潜めていますが、今日の馬場なら久々に爆発があっても…という期待も含まれています。

 ☆スティッフェリオも父ステイゴールド×母父ムトト×母母父ケープクロスという重厚な血統。前走はダンビュライトが神戸新聞杯で見せたのとほぼ同じレースぶりで4着でしたが、先着を許した3頭(ミッキースワロー、アルアイン、サトノクロニクル)よりも今日の馬場なら条件的には上積みが大きそう。近10年、必ず1頭は3枠より内の馬が好走していて、オッズ的にはそれをウインガナドルに期待している節がありますが、私はマイネルかスティッフェリオに期待しています。

 △は残り全部でもいいと思いますが(3連複で買っても全て万馬券なので)、当ブログでは3連複or3連単15点で「お小遣いでなんとか頑張ろう!」を合言葉にしているので(さっき決めた)、3頭に。

 で、素直に上位3人気のキセキ、ミッキースワロー、アルアイン…とはならず。アルアインはディープ×米国血統のキレ味タイプで、高速決着となった皐月賞を見る限り、適性距離はマイル~2000mという印象。となると、例年の高速菊花賞ならまだしも、今日の馬場条件は全く向かないと見て消してみます。

 代わりに拾ったのはサトノクロニクル。こちらも重い馬場の方が絶対に良い、とまでは言えませんが、父ハーツクライ×母父インディカブ(エリザベス女王杯を連覇したスノーフェアリーの父)で距離延長に不安はないかと。ウインガナドルはともかく、サトノアーサーより人気が無いのはちょっと不思議というか、過小評価じゃないでしょうか。

 馬券は3連複2頭軸×3本。△が抜けそうなイメージしか湧きませんが(苦笑)

3連複2頭軸 ◎-○-▲☆△

       ◎-▲-○☆△

        ◎-☆-○▲△

 

富士S(G3)

◎ 01.サトノアレス

○ 11.グランシルク

▲ 05.ペルシアンナイト

☆ 04.ガリバルディ

△ 06.エアスピネル

△ 15.イスラボニータ

△ 03.ブラックムーン

 

 明日は仕事なので、予想は前日のうちに。

 本命はサトノアレス。2歳時に5戦3勝2着2回とほぼパーフェクトに走り、G1も制覇。一転、今年に入ってからはメンバーが手薄だった巴賞こそ勝ったものの、残り3戦は馬券圏内がありません。

 しかし、今季4戦はいずれも1800m以上で、中山・函館と小回りばかり。もちろん2歳時に中山・札幌で走ってはいますが、東京マイルのベゴニア賞、阪神マイルの朝日杯FSを見れば、広いコースのマイルが向いていることは一目瞭然。また、過去5年の3着内15頭の前走距離別内訳は「同距離8頭、短縮6頭、延長1頭」と短縮が利くレースなのもいい材料かと。

 血統的には断然ディープ産駒(過去5年15頭中7頭)で、今回はサトノアレスとガリバルディのみ。ガリバルディも押さえますが、母がアイルランド産で母父デインヒル×母母父ボールドルーラー系ならば、こちらの方が明日の重たい馬場にも対応できるかなと。このレース3、4歳の若馬の方が走っていますしね。

 ○グランシルクの前走は、これまでの善戦マンぶりが嘘のような快勝劇。それだけに反動も怖いですが、ステイゴールド系(ドリームジャーニーやオルフェーブル含む)はこの2週走っていますし、人気馬の中では母系が母父ロベルト系×母母父フレンチデピュティと一番パワーがありそうなので、ここは連チャンを期待。

 ▲ペルシアンナイトはハービンジャー産駒。過去5年父サンデー系以外で馬券圏内に入った4頭は全て父ノーザンダンサー系で、今回父ノーザンダンサー系はこの馬のみ。☆ガリバルディは前述どおり父ディープで母はイギリス産(母父は欧州型ミスプロ系のザフォニック)。

 △エアスピネルイスラボニータは母系からもきれいな軽い馬場が向いている印象で、明日の馬場状態はマイナスとみて評価を下げました。ブラックムーンは気が乗らないと全く走らないので前走は度外視可能。父アドマイヤムーン、母父ジェネラスともに良馬場<重馬場な種牡馬。無欲の追い込みがあっても。

 馬券はフォーメーション…と思いましたが、もしも◎-○▲☆のうち2頭で決まった際に当たりが1つ減ってしまうのがいやなので、3連複2頭軸×3本で。

 

3連複2頭軸 ◎-○-▲☆△

       ◎-▲-○☆△

       ◎-☆ー○▲△ 

 

17年Jリーグ観た記 其の50 J1 清水-磐田

 今季3度目の静岡ダービー。磐田はACL圏内を目指し、清水は残留を目指し、意地でも負けられない1戦。次へと繋がる勝ち点3を得たのは。

続きを読む

17年Jリーグ観た記 其の49 J1 浦和-神戸

 ともにシーズン途中で監督を交代し、その成果がある程度は内容にも結果にも表れている両チーム。勝利を掴んだのは。

続きを読む

秋華賞(G1)

 日付はまだ14日ですが、今日出かけた途中でもう馬券を買ってしまったので、予想もサクッと。

◎ 06.メイショウオワラ

○ 07.リスグラシュー

▲ 01.アエロリット

☆ 11.ミリッサ

△ 14.ディアドラ

△ 04.モズカッチャン

△ 16.ファンディーナ

△ 02.ラビットラン

  本命はメイショウオワラ。前走のローズS、逃げた2着カワキタエンカを除けば、1着ラビットラン、3着リスグラシュー、4着ミリッサはいずれも4コーナー10番手以下と差し決着だった中、メイショウオワラは8番手追走から抜群の手ごたえで4コーナーを回り、坂下までは勝ち負けもある脚色を見せました。

 戦績を眺めると、新馬9着→未勝利11人気1着、ファルコンS8着→500万下4人気1着、スイートピーS10着→1000万下7人気1着と典型的な経験上昇型かつ絶対不人気馬。そんな馬が前走初の重賞挑戦で5着なら上々の出来で、土曜日終了時点で13人気とまたしても人気無し。

 今回、再びカワキタエンカが逃げることはほぼ間違いなく、北村友Jがどういうペースを刻むかは分かりませんが、ローズSに近い1000m58秒5~59秒0であれば前走の経験が活きるはず。であれば、確実に上昇が見込めるはず。松若Jには怯むことなく内目の6、7番手でレースを進めてもらえたら。

 また、血統面でも秋華賞は中距離G1に対応できる血+「ダート、1400m」がポイント。父ディープブリランテはご存知ダービー馬で、かつバブルガムフェローの近親。また、産駒はセダブリランテスが今年のラジオNIKKEI賞を制したのを筆頭に、小回りでパワーを活かせる馬場が向いている印象で、京都内回りはG1が行われる舞台の中では絶好。また、母メイショウヤワラはダート短距離で準オープン2着の実績があり、母父タイキシャトルとともにダート的要素の強さは後押しになるはず。とにかく、この人気なら大振りしてみても。

 ○アエロリットは初の2000mになりますが、母系はネオユニヴァース×ヌレイエフと守備範囲のように感じますし、クロフネはG1なら断然牝馬のフィリーサイヤー。出遅れさえなければこの1枠1番は絶好枠。

 ▲リスグラシューはここが初の京都で、短い直線が向いているとも思いませんが、安定感はメンバー随一。さて、武Jがどう乗ってくるか。☆ミリッサは明日、思った以上に雨が降らず、そこそこの時計が出るような馬場になれば面白い1頭かと。

 △は大人しく上位人気を。モズカッチャンはデムーロJ連続騎乗で、距離延長のハービンジャーなので巻き返してきそうな気もしますが、前走6着以下ながら巻き返しを期待されて当日5番人気以内だった馬はこのレース軒並み期待を裏切っていて、悩ましいところ。

 あと、最後1頭をラビットランにするかリカビトス(父ディープブリランテで母エンシェントヒルは1800mながらダートオープンで4勝)にするか相当悩みましたが、リカビトスはあまりにも末一手の経験しかなく、13番枠だと内にももぐりこめないとなるとちょっと厳しいかなと思い、ラビットランで。馬券は以下のとおり買いました。

f:id:re-donald:20171014211521j:plain