続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

エリザベス女王杯(G1)

◎ 16.ヴィブロス

○ 05.モズカッチャン

▲ 03.トーセンビクトリー

☆ 15.マキシマムドパリ

△ 04,06,07,10,11,12,13,17

 

 続いてエリザベス女王杯。G1もなんとか当てたいものですが。

 本命はヴィブロス。まあ、普通に一番強いでしょうと(苦笑) 前走はいかにも叩き台というレースで、最後はしっかりと脚を使っていますし、着順を気にする必要はなし。ディープ産駒はG1では前走人気より走らなかった馬が巻き返す方の期待値が高く、外枠で展開や流れ向かず・・・以外では凡走するシーンが思い浮かびません。

 福島記念同様、こちらも1人気からなので相手ひねって。先に結論を書くと、昨日の馬場傾向も踏まえて「キングカメハメハの血を持つ先行しそうな馬」3頭をピックアップしました。

 ○モズカッチャンは父ハービンジャー×母父キングカメハメハ。 前走は馬場が味方した部分もありましたが、勝ちに行く競馬をしての3着に内容はあったと思いますし、またしても内枠を引いて、スタートさえ上手く出せれば重賞で絶好調なM・デムーロJが一番いいところを導いてくれるのではないかと。

 ▲トーセンビクトリーは父キングカメハメハ×母父サンデーサイレンス。母トゥザヴィクトリーはこのレースを制してしますし、初の2200mになりますが、1800、2000mと比べて道中のペースが緩んでくれるのならむしろ距離伸びて面白い気も。アッゼニJには昨日のデイリー杯2歳S(ジャンダルム)と同じような競馬をして欲しいところ。

 ☆マキシマムドパリも父キングカメハメハ×母父サンデーサイレンス。前走京都大賞典では牡馬相手に2番手追走から直線入り口までは悪くないレースぶりでした。今年に入って重賞2勝していて、展開1つではあっと言わせても。

 △はとにかく手広く。中でも人気とのバランスを考えると面白いのはクイーンズリングでしょうか。リピーターレースでもありますし、前走は展開を考えると勝負にならないところからの4着だったので問題なし。8番人気はちょっと過小評価かなと。馬券は3連複2頭軸×3本で。

福島記念(G3)

◎ 16.サンマルティン

○ 14.マサハヤドリーム

▲ 09.ジョルジュサンク

☆ 02.ベルーフ

△ 13.スズカデヴィアス

△ 15.フルーキー

△ 04.ショウナンバッハ

△ 01.プリメラアスール

 

 ブログで予想再開後、昨日ようやくデイリー杯2歳Sで当たりました(涙)さて、なんとか勢いを続けたい本日も2重賞。まずは福島記念

 本命はサンマルティン。母ディラデアノビアで人気になるのは仕方ないところですが、ここに来てようやく身が入ってきた印象で、前走初重賞ながら僅差の2着と好走。ハンデも55キロなら手ごろなところで、福島2000mも昨夏に条件戦ながら快勝しているコース。また、乗り馬がなかったこともありながら、京都でも東京でもなくこの馬に乗りに来た戸崎Jの意気込みを買いたいなと。

 血統は父ハービンジャー×母父サンデーサイレンス。昨日の10Rでハービンジャー産駒は勝利していますし、ハービンジャー産駒は外枠の方がパフォーマンスを上げるので枠も問題なし。昨日は、中距離なら外枠・差しも届いていましたしね。

 その分相手をちょっとひねって。○マサハヤドリームは父メイショウサムソン×母父アグネスタキオン。父ノーザンダンサー系は今開催の福島でよく走っていますし、マイル実績馬がしばしば好走するレースにあって、母父アグネスタキオンはいいアクセント。鉄砲も利くタイプ。▲ジョルジュサンクは母父ラムタラニジンスキー系)がポイント。前で競馬をしたい馬は何頭かいますが、残るならこの馬かと。

 ☆ベルーフは寒くなってきたほうが走る馬(全3勝は9~2月)。昨年もカシオペアS3着からチャレンジC2着と着順を上げていて、今年も前走はカシオペアSを使って4着。道中は内でじっと脚を溜めて、直線内でもいいので空いたところをついてくれれば面白いかと。△は4頭で、ウインブライトは消してみました。馬券は3連複2頭軸×3本。 

17年Jリーグ観た記 其の57 J2 長崎-讃岐

 デーゲームの結果により、ここで勝利すれば2位=J1自動昇格が決まることとなった長崎。対するは、勝ち点3=残留確定となる讃岐。22,000人を超えるファン・サポーターを飲み込んだトランスコスモススタジアムで、大きなものを手にしたのは。

続きを読む

デイリー杯2歳S(G2)

◎ 03.ジャンダルム

○ 02.フロンティア

▲ 05.ケイアイノーテック

☆ 08.カツジ

△ 01.ロードイヒラニ

△ 04.メガリージョン

△ 06.ヒシコスマー

 

 本命はジャンダルム。新馬戦は位置取りの良さで上がり勝負を制した格好ですが、ほぼ鞍上に追われずに上がり33.7秒は立派な数字。まだ全然奥がありそうなレース振りでした。

 血統は父キトゥンズジョイ×母父サンデーサイレンス(母ビリーヴ)。祖父エルプラドサドラーズウェルズ系ながら仕上がりが早かった馬。ここまでビリーヴの子どもたちは年が明けてから、というタイプが多かったですが、この父なら2歳戦の重賞でも。やや力の要る馬場になっているもの良いかと。

 ○フロンティアは前走重賞勝ち。2着だったコーディエライトが次走ファンタジーSでも2着、3着だったテンクウもサウジアラビアRC4着としっかり走っており、父ダイワメジャー×母父欧州型ナスルーラ系は昨年2着のボンセルヴィーソと同配合。▲ケイアイノーテック、☆カツジはディープ産駒。母父米国型のケイアイを上にとりましたが、どちらか1頭は好走するかと。△に勝負になりそうな3頭を押さえて、馬券は3連単1着固定で。

武蔵野S(G3)

◎ 06.サンライズノヴァ

○ 12.ベストウォーリア

▲ 13.インカンテーション

☆ 08.ノンコノユメ

△ 16.カフジテイク

△ 14.モーニン

△ 02.ゴールデンバローズ

△ 05.メイショウウタゲ

 

 本命はサンライズノヴァ。前走は休み明けかつ初の1400mに戸惑ったのか、直線入り口まではやや心配になるレース振りでしたが、内田Jのゴーサインに応えてからは見事な脚色を見せ快勝。過去の戦歴を見ると連荘が利かないタイプのようにも見えますが、敗れたレースは全て1800m以上で、1400m→1600mの距離延長なら問題ないと見ました。

 血統は父ゴールドアリュール×母父サンダーガルチ。ここ3年は父米国型が強いレースですが、昨年2着のゴールドドリームは父ゴールドアリュール×母父フレンチデピュティと父サンデー系が全く向かないレースではないので、大丈夫でしょう。何より、戸崎Jがベストウォーリアを蹴ってまでこちらを選んだ点は買いかと。

 ○ベストウォーリアはもう2年勝ち鞍がありませんが、安定感は今も現役トップレベル。▲インカンテーションはようやくスランプを脱し、ここ3戦連続好走。武蔵野Sはこういった近走好調馬がよく来るレース。☆ノンコノユメは去勢手術後馬券圏内もありませんが、一昨年ズバッと差しを決めて勝っています。長い休みがプラスに出て、人気が落ちるようなら面白い1頭。なお、いずれも父米国型です。

 △は4頭。外枠の人気2頭よりは、やや実績不足も米国×米国で休み明けがむしろ面白いゴールデンバローズ、当コースでのオープン勝ちがあり、距離短縮も全く問題ないメイショウウタゲの内枠2頭のほうが面白いかなと。馬券は3連単1着付けで。