続々々・メガネのつぶやき

思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

函館スプリントS

◎ 06.ケイアイアストン
○ 02.カレンチャン
▲ 10.ベイリングボーイ
△ 01,03,07,08


 ケイアイアストンは昨年もこのレースに出走して8着。しかし、その時は逃げにこだわりすぎて先団争いを激しくしてしまい、さすがに終い一杯という内容で力負けではありませんでした。で、あれから1年。昨秋には京阪杯で2着と好走し、前走バーデンバーデンCでは完勝。しかも(開幕週ですが)1分7秒4という好時計をマーク。リベンジを果たす体勢は整いました。5人気は軽視されすぎでしょう。
 上位人気からはカレンチャン。前走がG2勝ちなので斤量55キロかな?と思いましたが、54キロで収まりました。サマースプリントを狙っているようでここがメイチではないようですが、それでも実績とこの斤量、そして内枠を引けたことを考えれば大崩れは想像できませんね。穴で面白いのはベイリングボーイ。前走を見れば「時計掛かった方がいいんじゃないの?」という声も出るでしょうけど、しかし1分7秒台後半〜8秒台前半なら普通に対応できる馬。まあ、今の函館芝を見ると差し馬は例年以上にどうしようもない…と言わざるを得ませんが、この人気ならそこには目をつぶって大振りしてみますよ(笑) △は3連複のヒモで。


 買い目 馬連 02−06 600円  ワイド 10−02,06 各100円
       3連複2頭軸 02−06−01,03,07,08,10 各100円