続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

Jリーグディビジョン1 第21節 東京0−0横浜FM レビュー

 まあ、あまり言いたくないですけど、身も蓋もなく言うならば「主力4人がいなくて、しかも平山が中澤・栗原に対してほぼ全敗だったことを考えると、負けなくてよかった」というところで納得すべき試合なんでしょう。むしろ、主力を欠いた東京が、ベストメンバーを組んできた横浜から勝ち点1を奪ったという見方もできるくらいで、スコアレスドローによくありがちな「全く意味のない試合」ではなかったとは思います。


 という訳で、全体の印象はサッカーを知ってる方にお任せするとして、今日は(も?)個人について。まずはこの日チャンスをもらった4人からですが、モニはよくやってくれました。しっかりビルドアップの面でも貢献しようとしていましたし、以前より明らかに判断に間違いがなく、「前が開いたら持ち上がる」ことができていたと思いますし。守備面でも、モニらしい長い距離を走ってのカバーリングが何度も見られました。これをしっかりやってくれれば、ラインを高く設定できて中盤がコンパクトになるんですよね。ここはブルーノにはない(ブルーノより勝っている)部分なので、大いにアピールしていいところでしょう。という訳で、モニにとっても、城福監督にとっても、次へつながるいいパフォーマンスだったと思います。できれば、山形戦でも見たいなぁ。浄さんはまずはお疲れ様でした。攻撃面でのスローダウンの要因となってしまった部分は否めませんが、はっきり言えば、そこはハナから期待していなかった部分なので目をつぶりましょう。守備面では、もう少しDFやSHとのマークの受け渡しの面で指導力を発揮して欲しかったかな?とは思いますが、米本が上がって行った際のスペース埋めだとか、セカンドボールへのリアクションは悪くなかったかと。
 椋原はもっとサイドハーフを追い越していいし、もっと遠慮せずに勝負していいし、そこからもっとクロスの本数を多くして欲しいとは思いましたけど、及第点のパフォーマンスと言っていいでしょう。多分、草民ではなく羽生さんと同サイドでプレーする時間が長ければ、もっとクロスを多く供給できたはず。って言うくらい羽生さんが良く、草民が良くなかったですね。羽生さんは前半は中へ絞る意識を高く持ってプレーしていて、もちろんその時も気の効いたプレーを見せてくれていましたが、後半サイドに張り付き気味のポジションを取ってからの内容が素晴らしく、あの時間帯では間違いなく攻守両面での主役でしたね。何で途中で下げましたかねぇ、城福監督…と愚痴の一つも言いたくなるぐらいのパフォーマンスでした。逆に草民はすべてが中途半端。ドリブルが得意(武器)なのは分かりますが、あそこまで取られ続けてしまっては如何ともしがたいところ。前半いいカットインのドリブルがあった際の「シュートを打つタイミングもパスを出すタイミングもあったのに、結局何もできず」ってのはさすがに萎えたわぁ。今は、もっとシンプルにプレーすることを心がけて欲しいです。
 今野、徳永、米本は変わらずいいパフォーマンス。特に米本は、親分不在だった中で獅子奮迅の活躍。あとイエロー1枚で累積のサスペンションになるんですけど、絶対次の山形戦でイエローもらうなよ!絶対だぞ!と目の前で言いたいくらい、欠かせない選手になりました。徳永は左右でのパフォーマンスの差がなくなってきた印象。もちろん、右利きなのでクロスの場面で手詰まるところはありますけど、守備面に関しては全く問題ないですね。
 カボレは何度か裏へ抜けてチャンスを得るシーンがありましたが、相変わらず「最後の一手」が…という感じ。今季はずっとこの「惜しい感」が付きまとっていますが、それを払拭して爆発期に入れるかは、地味に再浮上の鍵を握ってるかと。平山は前述したとおり完敗の一日。次は頼んます。達也はいつも通り。大竹はよく分かりませんが、SHでは現状これ以上の上積みはない気もしてます。プレッシャーが強くなるのは覚悟で、視野を広く取れる中央で使ってみて欲しいんですけど…。北斗はあの時間帯でボランチへの投入なら、何もできなくても仕方ないかと。
 あと、城福監督に1つだけ。広島戦でも同じようなこと書いた記憶がありますが、この膠着した、単純な縦ポンや裏ポンが効かない展開の中で赤嶺を使わないってのが正直理解できません。なんと言うか、こういう「セリエA的な試合」でこそ活きるのが、「シンゴ・インザーギ(©「やってみるさ」様)」なんじゃないんですか?現状平山、カボレからスタメンを奪うのは非常に難しい中、こういう試合展開の中「点取ってこい!」と背中を押して途中出場させて結果を求めずに、いつ結果を求めるんですか?余計なお世話かも知れませんが、このまま赤嶺が腐ってしまわないか心配ですし、そろそろ「4−4−2ポゼッションサッカーに交代選手をはめる」だけじゃなく、「大竹や赤嶺が入ったときバージョン」みたいなオプションの追加に取りかかってもいいような気はします。


 気がつけば、公式戦これで4戦勝ちなし(2分2敗)。このままここ数年と同じく夏に失速するのか、それともここで踏ん張れるのか。8月残りの試合で言えば鹿島戦もすごく大事ですけど、順位が下の山形、大分戦でしっかりと勝ち点3を奪えるかがホント大切になります。負けんな!いろんなものに負けんな!