続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

東京ピンチ主力3人リーグ戦再開初戦欠場も−サッカーニュース−:Nikkannsports.com

 となると、代役候補は「ブルーノ→佐原or平松、長友→椋原、梶山→羽生を下げて草民か大竹or金沢」という形が想定されますが、いずれにしても苦しいのは苦しいところ。
 CBは、横浜がここ数試合見せている「キム・クナンの1トップ」で来るならば、当たりに強い佐原をぶつけて今ちゃんとのチャレンジ&カバーをしっかりとする形が一番かとは思いますが、青赤ブロガー様のサテライト試合レビュー等を見ると、佐原は依然ビルドアップ時の「簡単に縦にボーン」という悪癖が抜けていないようで。その点、平松は今ブルのレベルには及ばないもののボックスボランチ的なプレーを心がけていて(ナビスコ予選などを見ても明らか)、単純にビルドアップの安心感で言えば佐原<<<平松ですからね。城福監督がどちらを重視するのか、「相手対策はミニマムに…」というお馴染みの台詞を真に受けるならば平松を選択しそうですけど、果たして。SBは椋原でしょう。で、椋原を起用する際は「右椋原、左徳永」のケースが多いように感じますが、横浜戦もそうなるのかな?
 そして、一番の問題が梶山の穴。代わりになる選手がいないのは周知の事実で、でも「梶山不在」のシチュエーションは今季の公式戦ではまだ未経験(だったはず)。一つの対策として羽生をボランチに下げて、という形がここ数試合ではまま見られ、これは攻撃面では悪くない選択だとは思いますが、でもそれも梶山と組む前提での話であって、米本と羽生だとちょっぴり落ち着きがない印象を受けてしまいますし、一方金沢と米本だと、ちょっと守備に寄り過ぎな嫌いがあるのは否めないところ。ここでまさかの「ボランチ高橋秀人」があるのか…とも思いましたけど、日曜は東京学芸大の天皇杯東京都予選とかぶってるから、このサプライズはないかな。という点も踏まえて、とりあえずは、明日の練習試合1本目のメンバーを注目したいところです。前回横浜をやっつけた北斗が戻ってきてどうなるかも気になりますしね。
 まあ、いきなりボックスボランチが2枚も欠けるシチュエーションになるとは思ってもみませんでしたが、いずれはこういうときが来ることもどっかで覚悟はしていたので、個人的に不安はあっても動揺はないです。そして、代役として予想される選手も11人が固定されつつある今の状況に複雑な心境を抱いているはずで(この状況に悔しさがない選手がいたら…ちょっと悲しい)、出場機会を得たところで絶対に何かしてやろう!という気持ちを持ってくれているはず(佐原なんかは溜まってそうだなぁ)。そのモチベーションが今回のよろしくないシチュエーションをプラスに転じさせてくれることを願ってやまないですよ。