続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

J1第24節 東京−大宮 私的見方

 柏戦@8/28は田舎へ帰省していて全く見ていないため、個人的には3週間ぶりの東京ネタでございます。
 インターナショナルマッチウィークを挟んで久々の試合となりますが、東京は柏戦後に5日間のオフを取り、その後小平で「通いキャンプのような形」(城福監督)でみっちりトレーニングをし、昨日は味スタでピッチの感触を確かめつつ最終調整をして試合を迎えるとのこと。で、エルゴラの予想スタメンは以下のとおり。

GK 塩田
DF 長友、今野(藤山)、茂庭、徳永
MF 浅利(今野)、梶山、羽生
FW エメルソン、赤嶺、カボレ

 DFでは佐原が累積警告で出場停止となり、代役はどうやら今野になる模様。代表遠征による疲れの影響や大宮の新タワー・ラフリッチ対策として吉本という手もあった気はしますが、安定感ではさすがに今野に一日の長があるので、この選択でいいかと思います。また、怪我で戦列を離れていた徳永が復帰予定。CHONOさんのこちらのエントリを見ていただければ分かるとおり、「今季はちょっとなぁ…」などと私に陰口を叩かれていた徳永が、実は攻守両面で効いていたという事実があり、その点ではカムバックはウェルカム。コンディションがどこまで戻っているかは不明ですが、やれるんなやっちまいなよ!と言ったところでしょうか。
 MF、FWはベルディ戦から始まった3−3システム。といっても、ベルディ戦ではそれに気付かず見てましたし、柏戦もスルーしたと言うことで個人的には初お目見えのシステム。恐らく浅利をアンカーに置き、その前に羽生と梶山を配置し、前線は右にエメ、左にカボレ、センターに赤嶺という形になるんだろうと思いますが、イメージとしては「流動的なポジショニングで空いたスペースを突いていく」という形になるんだろうなぁと思っています。で、個人的にこういう戦い方をする中で注意すべきは攻撃よりも守備。ある程度自由にポジションを変えて攻撃に入るということは、裏を返せばボールを奪われて守備に回ったときのファーストブロックが効かない可能性があるということ。浅利や羽生が非常に気を効かせられる選手だけに大きな心配はしていませんが、守備に入り遅れて や にフリーでボールをもたれるようなシーンが多くなると不安ですね。
 その他鈴木達也は?とか、久々の大竹は?とか、平山また出番なくなるのか?とか、味スタの芝はどうなのよ?などありますが、今日はこの辺で。何せ「崖の上のポニョ」見終わりな上に、今週は異常なまでに眠いんで(苦笑)。