続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

J1第2節 私的採点

塩田 6.0
 2つの失点については相手のシュートの精度を褒めるべきでしょう。立ち上がり直後のピンチや2失点目を喫した後の攻撃についてはしっかり止めることが出来ていました。ただ、ゴールキックはライン際を狙っているのは分かるが、しっかりピッチに入れて欲しいところ。


徳永 5.0
 開幕戦ほど攻撃に絡めず、しかし気持ちだけ開幕戦と同じぐらい前に行ってしまったことで、自身の裏のスペースを何度も松尾に使われ応対に苦心。この辺はボランチやCBとの連携もあるので徳永だけがダメとは一概に言えませんが、2失点目のあっさりと矢野に振り切られたシーンを始めとして、1対1での粘り強さは求めたいところです。

茂庭 6.0
 やっぱり茂庭はコンビを組むCBがパワー型=チャレンジした後のカバーをさせる方が生き生きしているというか、見ていて安心感がありますね。吉本が臆することなくDFラインから飛び出して競り合いに参加できたのは、茂庭の少なくない信頼感があったからかと。

吉本 6.0
 立ち上がりこそ硬さが見られましたが(ファーストプレーがファウル)、徐々に持ち味である高さやあたりの強さを見せ、終盤は放り込みを始めた新潟の攻撃をことごとくはね返していました。1年ぶりのJ1のピッチで、大方の場面で相手にしたのが代表クラスの矢野だったことを考えれば上々の内容といっていいでしょう。足下の危うさは徐々に改善を期待したいです。

長友 5.0
 2、3度効果的なオーバーラップが見られましたが、守備面での不安定さは開幕戦以上。徳永同様ボランチやCBとの連携の問題もあるとはいえ、ふっと気が抜けた応対を見せたり、裏をあっさり取られるシーンは減らしてほしいところ。


今野 5.5
 得点シーンは相手の凡ミスのおかげとはいえ、あそこまでしっかりとボールに詰めていたことと抜け目の無さは大いに評価したいです。ただ、開幕戦よりは良かったものの、2失点目の原因になるプレーがあったりするなど、特に守備面でまだ「らしさ全開」とはいっていない印象。日々練習や試合で慣れてくればと言いたいところですが、代表招集による離脱が断続的にあるため、まだしばらくかかりそうなのが不安と言えば不安です。

梶山 5.5
 開幕戦と比べて、パスを受けるための動きやポジショニングについてはよく見えましたし、1点目の起因となる石川へのパスは見事でしたが、まだまだ球離れが悪く、一人だけ別のリズムでプレーしている印象を受けました。時にはそのリズムがいい方に働くこともありますが、相対的に見ればそこを狙われてピンチを招くこととなったシーンが何度か見られたのは残念。

羽生 5.5
 得点シーンにこそ絡んでこなかったものの、ボールホルダーを助けるような動きの質は高値安定でうし、囲まれても慌てずフリーの選手を探す落ち着きはさすがです。終了間際にも献身的なチェイシングから掴んだ決定機を演出。もちろん決められれば最高でしたが、ああいう最後までしっかりと集中してプレーすることを若手は目で見て、肌で実感して欲しいです。

エメルソン 6.0
 この2試合を見る限りは「掘り出し物」と言っていいほどの好内容。フリーランニングの質が高く、フィフティなボールに対するリアクションも良いですね。また、攻守の切替が早く、奪われてすぐにしっかりと前線からプレスをかけてくれる献身さも好印象。2試合とも早々の交代で退いているためスタミナについては何とも言えませんが、もう少し長い時間見たい気はします。

石川 6.5
 2戦連続でMOM。1点目のアシストは見事でしたし、2点目につながるシュートにはいい意味で裏切られた感じです。とにかくべき場面と自分で突っかけていい場面(結果抜けるかどうかは別問題)の使い分けに間違いが無く、ボールを受けるまでの動きやポジショニングもグッド。前半飛ばしすぎたせいか、後半足が止まってしまった(石川に限ったことではないが)のは残念ですが、川口やら赤嶺やら大竹やら浅利やら控えには事欠かないので、今はとにかくスタートからぶっ飛ばす形でいいかと思います。


カボレ 5.5
 ゴールへの嗅覚の鋭さは見せてくれた。しかし、やはりお互いに慣れていないためか、足下へもらいたがる動きに終始し、スペースのパスを呆然と見送るだけのシーンがちらほら。もちろんしっかり足下へ入れてやればキープできるし、後方からのフィードに対する競り合いも平山の数倍勝てるが、裏へ抜け出す動きをもっと自分から引き出すような動きが増えてくればさらに面白い。


浅利 5.5
 2失点してバタバタした時間帯に投入され「落ち着かせる」という任務は概ね遂行できたかと。終盤で新潟が放り込みに切り替えた際も、集中してセカンドボールを拾えていました。ブルーノがまだフィットしていない現状において、貴重な「攻撃<守備」の立場としてのプレーぶりを期待したいです。

川口 5.5
 主に前線からのプレスとカウンター時の走りこみに期待しての投入だったと思いますが、及第点のプレーだったかと。

赤嶺 −
 時間短く、評価なし。