続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

20年 Jリーグ採点 其の5 FC東京-川崎

 史上初、リモートマッチでの多摩川クラシコ。昨季の味スタでは川崎が0-3で快勝だったが、今回は果たして。

 

試合結果

J1 第3節 7/8 味スタ
FC東京 0 0 4 4 川崎
0 0
             
        17' 大島 僚太
        23' レアンドロ ダミアン
          28' 長谷川 竜也
          28' 長谷川 竜也

 

 

FC東京採点

Pos 選手名 採点 短評
GK 林 彰弘 5.5 失点はいずれも自責なし。セットプレー時の対応でも危ういところはなく、ビルドアップ時の足下も安定。できる範囲のプレーはしていた。
DF 中村 帆高 5.0 抜擢に何とか応えたかったが、守備面での不安を露呈。攻撃面での良さを出そうとするには、あまりに展開も不向き。
DF 森重 真人 4.5 チームをまとめるべき立場の選手としては軽い(と見えてしまう)プレーに終始。全体が機能不全だったとはいえ、もっとできることはあったはず。
DF 渡辺 剛 4.5 失点シーンでスッと前に入られるなど、ペナルティエリア内での駆け引きでレアンドロ ダミアンに完敗。競り合いのシーンでも、気持ちがはやり過ぎる場面が多かった。
DF 小川 諒也 5.0 プレイスキックの精度は悪くなかったが、流れの中では良さが出せず。守備でも晒されてしまう場面が多く、振り回されてしまった。
MF アルトゥール シルバ 5.0 いい狙いのパスもあったが、全体的には球離れが遅く、捌ききれなかった。対人守備ではいいシーンが2つ3つ。
MF 髙萩 洋次郎 5.0 カウンターの起点となる縦パスも見せたが、全体的には落ち着きどころになれず。守備でも行く時と控える時の判断が、やや甘かったか。
MF 安部 柊斗 5.0 「田中番」としてトップ下に配されたが、パスワークに翻弄された。センターハーフに下りてからも、前節のようなチャージは見られず。
MF 東 慶悟 4.5 フィッカデンティ監督時代もそうだったが、4-3-3では居場所を見つけづらいプレースタイルで、攻守とも不完全燃焼。悩ましい。
FW レアンドロ 5.5 やや球離れが遅く、相手に囲まれる場面が目立ったが、構わず足技で単独突破。周りとの呼吸が合ってくれば、さらに怖い存在になれる。
FW ディエゴ オリヴェイラ 5.5 押し込まれて1トップ化してしまい、孤軍奮闘を強いられたが、何度か単騎で突破。柏戦での負傷交代の影響はなかった。
FW アダイウトン 5.5 流れを変えるべく前半のうちに投入され、相手守備陣にある程度の脅威は与えられていた。
DF 室屋 成 5.5 やることがハッキリしていたとはいえ、攻守ともに迷いのない、気持ちのこもったプレーぶり。結果論込みだが、中村との違いを見せた。
MF 紺野 和也 5.5 投入直後にファーストシュート。その後も仕掛けの意識高く、前節よりは持ち味をしっかり出した。
MF 橋本 拳人 5.0 コンディションとゲーム感が不足していることがありありなプレー。これからの上昇に期待…と思った矢先の海外移籍決定。
FW 田川 亨介 5.0 時間は短かったが、インパクト残せず。センターフォワードとしてのタフさも身に着けたい。
MG 長谷川 健太 4.5 選手起用とゲームプラン、ともにハマらず。特異なシーズンの序盤だから選択し得た…と言えなくもないが、さすがにギャンブルが過ぎた印象は拭えず。

 

 

川崎採点

Pos 選手名 採点 短評
GK チョン ソンリョン 6.0 シュートどころか、攻め込まれるシーン自体が少なく、GKにとっては逆に難しい試合だったが、集中力を切らさずキッチリ。
DF 山根 視来 7.0 中断前から気配はあったが、移籍早々とは思えないフィット感。家長とのスペース共有も問題なく、オーバーラップのタイミングも◎。
DF ジェジエウ 8.5 東京FW陣の単騎突破をことごとくシャットアウト。カバーリングエリアも広く、エアバトルもパワフルで、1対1で負けるシーンを想像すらできなかった。
DF 谷口 彰悟 6.5 ジェジエウのハイパフォーマンスの陰に隠れた感もあるが、相棒もほぼノーミスの90分。足下の安定感は、さすがの一言。
DF 登里 享平 7.0 長谷川をうまく引き立たせつつ、自身も積極的に攻撃参加。どこを、いつ駆け上がっていくかの判断にハズレがなく、相手を常に迷わせた。
MF 田中 碧 6.5 アンカーとしてのタスクをしっかりと理解し、適切にプレー。ビルドアップ時のポジショニングと初手で、対面の安部を常に困らせた。
MF 大島 僚太 8.0 試合の流れを決定づけたゴラッソはもちろん、全体を通して、昨季より前で、前でプレーしようとする意識が高い。怪我さえなければ、今季はより輝ける。
MF 脇坂 泰斗 6.5 フリーラン、ポジショニング、プレスバックなど「数値化」しにくい、けれどチームにとって大事な要素で大きく貢献。
FW 家長 昭博 7.5 MVP獲得時のパフォーマンスが戻ってきた印象。容易にボールを失うことは皆無で、「半身からの、逆サイドへのボール(クロス)」は今季の新たな武器になりそう。
FW 長谷川 竜也 8.0 縦への仕掛け、中へのカットイン、逆サイドにボールがある時の振る舞い、いずれも十二分。望んでいたウインガーとして、開花間近。
FW レアンドロ ダミアン 7.5 雌伏の時を経て…と書くと大袈裟だが、今季は別人のようなパフォーマンス。いわゆる「基準点」としては、他を圧倒するレベルだった。
MF 下田 北斗 5.5 自身のタスクはこなしたが、さすがにスタメンと比較すると、おとなしいパフォーマンス。
FW 旗手 怜央 6.0 積極的にライン裏を狙うプレーは目立った。スタメンへの道のりは厳しいが、出番はある程度くるはず。アピールを続けたい。
MF 斎藤 学 6.5 長谷川と似て非なるプレーで内外にアピール。ポストプレー的なプレーを軽々こなしたのは、少し驚いた。
MF 守田 英正 5.5 この日出場した16人の中では最も雑…というと言いすぎだが、物足りなさを残すパフォーマンスだったか。
FW 宮代 大聖 時間短く、評価なし。
MG 鬼木 達 7.5 フィジカル、メンタル、タクティクス、全てで川向こうのライバルを圧倒。主力選手のタイムマネジメントも怠らず、文字通りの快勝をチームにもたらした。