続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

19年 Jリーグ採点 其の18 東京-札幌

 首位をひた走る東京。この日、「要塞」たる味の素スタジアムに迎えるは、今季もしぶとく上位につける札幌。

 

 

試合結果

J1 第12節 5/18 味スタ
東京 2 0 0 0 札幌
2 0
             
59' 小川 諒也        
69' 久保 建英        

 

 

東京

Pos 選手名 採点 短評
GK 林 彰弘 6.5 53分に見せたチャナティップのシュートに対するセーブはシーズンハイレベル。その他の場面も安定しており、ヒーローインタビューも納得。
DF 室屋 成 6.5 前半からオーバーラップは目立っていたが、時間を追ってもその回数と勢いは衰え知らず。守備への戻りもサボりなく、質・量ともに高いものを見せた。
DF チャン ヒョンス 5.5 渡辺の存在が刺激になっているのか、終始ピリッとしたプレーで門を閉じていた。同胞とのやりあいも見所あった。
DF 森重 真人 5.5 周りをしっかり使い、周りがしっかり動いた中でのカバーリングで完封に貢献。冷静にプレーできている。
DF 小川 諒也 6.5 立ち上がり15分は不安定だったが、まさに尻上がり。守備ではルーカスにほぼ何もさせず、攻撃でも貴重な先制弾を叩き込んだ。
MF 久保 建英 5.5 前節に続いてプレーにムラがあり、決して良い内容とは言えないが、この日もゴールゲット。なんだかんだ、結果を残すところはすごい。
MF 高萩 洋次郎 5.5 1回休んだおかげでコンディションは良好。守備の読みとキックの正確さを見ると、シーズン序盤の不調は完全に脱したと言っていいだろう。
MF 橋本 拳人 6.0 後半は食い止めきれないところもあったが、前半はカウンターになりそうなシーンをことごとく封殺。チーム守備の中で、個の強さを光らせた。
MF 東 慶悟 5.5 横に振られる場面が多かったが厭わずに汗をかき、攻撃でもいくつか急所を突くパスも。プレーレベルのベースが上がっている。
FW ディエゴ オリヴェイラ 5.5 自分のほしいタイミングでパスが出てこなかったこともあり、若干リズムに乗れていなかったが、それでもきっちり1アシスト。
FW 永井 謙佑 5.0 ここは通してほしい、収めてほしい、決めてほしい場面でことごとく不発。悪いプレーではなかったが、愛のムチでこの採点。
FW ナ サンホ 5.5 運動量でチームを再活性化。ラストプレーのクロスミスはご愛嬌。
MF 岡崎 慎 5.5 今日は早めのクローザー投入。真ん中をしっかりと締め、その上で敵陣に入っていく場面も作った。
FW 矢島 輝一 ジャエルの怪我は残念だが、矢島にとってはチャンスの時。信頼を度合いを今後も高めたい。
MG 長谷川 健太 6.0 十数試合を経て、自らの手でセカンドキャスト、選手交替による戦術面の幅を広げてきたことを示した。まだ、止まりそうにない。

 

 

札幌

Pos 選手名 採点 短評
GK ク ソンユン 6.5 2失点目はもう少し何とかできた印象も受けるが、それを差し引いても90分間好パフォーマンスを継続。
DF 進藤 亮佑 5.5 攻守とも、与えられたタスクはきっちりこなすも、それ以上のものを出すまでには至らなかった。
DF キム ミンテ 5.5 対人プレーの強さでしっかりと攻撃を食い止める場面があった一方、2失点目は何も出来ないままの後退を余儀なくされた。
DF 福森 晃斗 5.5 プレースキック、大きなサイドチェンジで見せたキック精度はさすがの一言。守備も、早い時間にイエローカードを受けたが、我慢してプレーできていた。
MF ルーカス フェルナンデス 5.5 前半に惜しいヘディングを放ち、後半は敵陣深くでボールを受けられていたが、クロスの場面でアイデア、精度を出し切れず。
MF 宮澤 裕樹 5.0 安定したプレーを見せていたが、1失点目のトラップミス、パスミスはもったいないプレーだった。
MF 深井 一希 5.5 ビルドアップでは最終ラインに下り、守備ではセンターハーフとしてバイタルエリア監視。ミシャサッカーにおけるキープレイヤーらしいプレーは見せていた。
MF 菅 大輝 5.0 攻撃の場面で目立つものはほぼ出せず、守備でも徐々に室屋、ナに押し込まれる。最初の交替選手となったのは妥当。
MF 荒野 拓馬 5.0 監督は「良いプレーをしていたが守備的な中盤の選手」とかばっていたが、それでもシャドーで使われていたならば、もう少し何か見せたかった。
MF チャナティップ 6.0 コンディションが心配されたが90分間プレー。いやらしいところでボールを受け、ドリブルはアジリティがあり、シュートもあわや。レベルの高さを見せた。
FW 鈴木 武蔵 5.5 収める強さ、レイオフ時の精度、抜け出す動きなど、1トップの役目をしっかりとこなしたが、シュートシーンでは精度を欠いた。
MF 中野 嘉大 5.5 2点が必要な中、いくつかサイドからチャンスを作れていた。
FW 金子 拓郎 5.0 2列目に投入されたが、チームに勢いをもたらすことは出来ず。
FW 白井 康介 5.5 意気込みは感じられたが、持ち味を発揮しきるにはいささか時間が足りなかったか。
MG ペトロヴィッチ 5.5 自身にとって東京は「お得意様」だったが、この日は崩しきれず。怪我人等により、選手起用で幅を出せないのは苦しかったか。