続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

19年 Jリーグ採点 其の17 川崎-名古屋

 注目の上位対決。首位FC東京を追いかけるため、互いの欲しいのは勝ち点3。金曜の等々力で勝利の美酒に酔ったのは。

 

 

試合結果

J1 第12節 5/17 等々力
川崎 1 0 1 1 名古屋
1 0
             
69' レアンドロ ダミアン       45' マテウス

 

 

川崎

Pos 選手名 採点 短評
GK チョン ソンリョン 6.0 失点シーンはやむなし。後半、シャビエルがフリーで抜け出してきた場面は最後まで我慢して見事にセーブ。一仕事した。
DF 馬渡 和彰 5.0 攻撃に上手く絡めていたとは言いがたく、守備でも失点シーンではあと一寄せできたはず。ハイレベルなゲームの中では、やや粗が目立った。
DF ジェジェウ 5.5 ジョーとのバトルは終始見ごたえあり。カバーリングも悪くなく、ラストシーンではギリギリのところでヘディングクリア。
DF 谷口 彰悟 5.5 守備の安定感とビルドアップの的確さ。今日も、谷口らしさはしっかりと表現できていた。
MF 登里 亨平 6.0 シャビエルをしっかりとケアしながら、攻撃では外を回る場面、中を回る場面の判断が○。長谷川との連携も良く、左サイドを活性化させた。
MF 田中 碧 6.0 切り替えの早さでボールを奪うシーンがあれば、そこからのパス、フリーランも的確。躍動感があり、55分での交替は正直もったいなかった。
MF 大島 遼太 5.5 フィニッシュに絡む場面は少なかったが、相手のプレスをいなすための身体の向きとボール捌きは、さすがの一言。
MF 中村 憲剛 6.0 名古屋の攻撃的プレスを回避するためにはこうせよ!というお手本のようなポジショニング。トップ下としてプレーしていた時間は、相手にとってとにかく厄介だった。
MF 阿部 浩之 5.0 特に前半の前半は窮屈そうにプレーし、前を向くことができず。少し辛い採点かもしれないが、もっとやってほしかったという目線で。
MF 長谷川 竜也 5.5 足下か裏抜けかの判断がよく、良い位置でボールを受けられていた。そこからもう一仕事できれば。
FW 知念 慶 5.5 身体の強さを活かしたプレーはチームを助けた一方、満足な体勢でシュートを打たせてもらえず。
FW レアンドロ ダミアン 6.0 早い時間に投入され、自らの競り合いから生まれたチャンスを見事仕留める。終盤の怪我は不運で、長引かないことを願う。
MF 齋藤 学 5.0 右サイドの活性化を期待されて投入されるも、目立ったのはプレスバック。攻撃ではほぼ、ノーインパクトだった。
FW 脇坂 泰斗 5.5 セットプレーでなかなかのボールを供給。
MG 鬼木 達 5.5 選手交替が奏功したとは言い難いところもあるが、なんとか追いついて勝ち点1。最低限の結果は得た。

 

 

名古屋

Pos 選手名 採点 短評
GK ランゲラック 5.0 らしからぬ判断・キャッチミスで同点ゴールを献上。痛い失点となってしまった。
DF 宮原 和也 6.0 攻撃にしっかりと絡みながら、切り替えのスプリントでピンチも未然にカバー。登里とのハイサイドの取り合いは、この試合のハイライトの1つだった。
DF 中谷 進之介 6.0 前線と連動した前向きの守備でボールを奪い、後半はそのまま敵陣深くまで入っていく場面も。積極的な振る舞いを90分続けた。
DF 丸山 祐市 6.0 名古屋の中心、背骨として風格のあるプレーぶり。前線のタレントに目が行きがちだが、川崎時代同様、風間体制下ではCBも強く育つ。
DF 吉田 豊 6.0 川崎の右サイドをしっかり封殺しつつ、切れのあるスプリントで鋭くオーバーラップ。クロスも何本かチャンスを作っていた。
MF ガブリエル シャビエル 5.5 ややボールタッチが浮くシーンがあり、登里に手を焼く場面も。怖さはあったが、出し切ったとはいえず。
MF 米本 拓司 6.0 コンパクトな守備を標榜する中、狙いを定めた時にボールを取りきる。急所を突かれそうな場面でのカバーも何度か見られ、持ち味を十分に見せた。
MF ジョアン シミッチ 6.0 受け方、止め方がとにかく正しく、分かっていてもここからのパス供給を止められない。得点に直接繋がるものはなかったが、常に相手にプレッシャーは与えていた。
MF マテウス 5.5 ゴールシーンは個のレベルの高さを示したが、チーム戦術の中では的確に動けておらず。わき腹の違和感もあったようだが、早い交替は妥当。
FW 長谷川 アーリアジャスール 5.5 ジョーの衛星として、いやらしいポジショニングとアイデアで川崎守備陣を苦しめた。
FW ジョー 5.5 もう今更書くことでもないが、まあ強い。最後の部分はジェジェウや谷口に抑えられたところもあったが、まあ強かった。
MF 和泉 竜司 6.0 マテウスに替わり左SHに入ったかと思えば、終盤は右SB。もはや見慣れた感もあるが、どちらでプレーしても遜色のない出来。とにかくIQが高い。
DF 相馬 勇紀 5.5 直線的なプレーで何度かサイドを突破。も、いささか壁に当たっている印象も。トゥーロンで磨かれてほしい。
MF 前田 直輝 5.5 短い時間ながら、ゴリゴリッとしたドリブルで2つゴールマウスを脅かす。
MG 風間 八宏 6.0 古巣相手に、チームはらしさを90分間披露。選手交替も的確で、勝ち点2を落とした印象も。