続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

19年 Jリーグ採点 其の15 鳥栖-G大阪

 10試合で1得点。歴史的な得点力不足により監督交替を強いられた鳥栖。金監督体制下の初戦は、こちらも下位にあえぐG大阪。30度を超える季節外れの暑さの中、勝ち点3を手にしたのは。

 

 

試合結果

J1 第11節 5/11 駅スタ
鳥栖 3 1 0 1 G大阪
2 1
             
16' イサック クエンカ       90+2' 食野 亮太郎
72' 豊田 陽平        
90' 原川 力          

 

 

鳥栖

Pos 選手名 採点 短評
GK 高丘 陽平 6.0 失点シーンは食野を褒めるしかなかったが、その他はきっちりとセービング。キックの狙いもしっかりとあり、このまま正GKの座を掴んでもおかしくない。
DF 小林 祐三 6.0 目立つプレーは少なかったが、ベテランらしい落ち着いたプレーぶり。後半は攻め上がるシーンもあり、きっちりチームの歯車として機能していた。
DF 高橋 秀人 6.0 チーム全体のプレッシングが機能していたこともあり、直接的な仕事は多くなかったが、それが勝利の要因でもあり。来た場面ではきっちり応対。
DF 高橋 祐治 6.0 ファン ウィジョとやりあう場面は見ごたえあり。そこで力負けせず、ほとんど仕事をさせなかった。
MF 原川 力 6.5 CHの位置ではしっかりとゲームをコントロールし、トップ下ではゴールもゲット。プレイスキックの精度も高く、まさに起点となれていた。
MF 松岡 大起 6.0 献身的なプレッシングでチームの守備に貢献。11キロ超の運動量も、この暑さの中では出色。攻撃ではさほど目立てなかったが、今日はこれで十分。
MF 福田 晃斗 6.0 新たに腕章を巻き、決意も新たに90分間奮闘。球際の激しさや切り替えの部分でらしさを見せ、チームに勝利を呼び込んだ。
MF イサック クエンカ 8.5 ハイレベルなコンダクトでチームの緩急をコントロール。ゴールも決め、守備もサボらず、ほぼフルタイムプレー。言うことなしのハイパフォーマンス。
MF 三丸 拡 6.0 クエンカを信頼してベクトルは強烈に前方向へ。直接ゴールに繋がるものはなかったが、クロスも工夫が見られ、良さを存分に見せた。
FW 豊田 陽平 7.0 期するものを、意気込みすぎないレベルでしっかりとプレーに反映。キックオフ直後のプレッシングはチームを勇気付け、ゴールでファンに復活の狼煙を見せた。
FW 金崎 夢生 6.0 これまでとは異なり、気分よくムラなくプレー。決定機を決め切れなかったが、金崎らしい切れ味の鋭さは今後も期待して良さそう。
MF 高橋 義希 5.5 1-0で投入され、2-0となってからもチームのたがが緩まないようにプレー。こういう選手をベンチから入れられるのは、なかなか贅沢。
MF フェルナンド トーレス アディショナルタイム含めて10分弱だったが、3つのシュートチャンスを得て、1つゴールに絡む。今後に期待。
FW 安在 和樹 ゲームをしっかりとクローズ。
MG 金 明輝 7.0 昨季に続きバトンを受け取る役目となったが、チームの方向性をしっかりと1つにまとめ、快勝でリスタートを飾った。

 

 

G大阪

Pos 選手名 採点 短評
GK 東口 順昭 5.0 好セーブもあったが、試合展開を鑑みれば、1失点目の目測誤りはあまりに痛恨だった。
DF 菅沼 駿哉 5.0 後ろ向きな守備を強いられることが多く、ハンドでPKも献上。攻撃でも良さは見えなかった。
DF 米倉 恒貴 5.5 なかなか前に起点が作れない中、それでもオーバーラップを見せながら、自陣への戻りも最後までサボらず。やれることはやっていた。
DF 金 英權 4.5 豊田とのバトルは見応えがあったが、競り負ける場面が多く、イライラから突き飛ばす場面も。かつ、余計なイエローで次節ダービーは出場停止。いいところがなかった。
DF オ ジェソク 5.0 左には起点があったことで、米倉よりはスムーズに上がっていけたが、クロスで一仕事、とはならず。守備でもリズム出ず、報復行為でイエロー。
MF 遠藤 保仁 5.0 前節の後半では機能したトップ下配置も、この日はボールが来る前に鳥栖の網にかかってしまい、手持ち無沙汰。自身ではどうしようもなかった。
MF 小野瀬 康介 5.5 全体的に動きが重い中、最後までエネルギーは見せられていた。もっと彼がシュートまで持っていける動きを、自身もチームも増やしたい。
MF 倉田 秋 5.0 プレス回避のために受ける位置を模索していたが、最後まで正解を見つけきれず。苦心の90分だった。
MF 今野 泰幸 5.0 倉田同様、最終ラインと前線の繋ぎ役になれず。守備でもらしさを見せた場面は数えるほどで、物足りない内容だった。
FW アデミウソン 5.5 ボールを持てばさすがなプレーを見せていたが、いかんせん単騎な場面が多く、効果的なプレーは多くなかった。
FW ファン ウィジョ 5.0 下りて受ける、流れて受ける。それ自体はこなしていたが、そこから前を向いて…という場面をほぼ作れずシュートゼロ。戦術に埋没してしまった。
MF 食野 亮太郎 6.0 後半頭から投入され、J1初ゴールをマーク。停滞したチームに一筋の光明を与えた。
DF 黒川 圭介 5.5 投入直後に失点を喫し、当初のタスクをこなせたかは分からないが、一つ良いクロスを見せた。
MF 矢島 慎也 5.5 0-2から投入されて何かを変えられるタイプではないが、プレーに懸命さは見られた。
MG 宮本 恒靖 5.0 前節の後半を踏襲したスタメンだったが鳥栖の圧力に屈し、選手交替も食野以外は疑問符。手駒不足はいささか同情するが、それでもチームを安定させられない現状は肯定できない。