続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

19年 Jリーグ採点 其の4 東京-鳥栖

 前節、今季初勝利を飾った東京。対する鳥栖は、名古屋、神戸に連敗。次に繋がる勝ち点3を得たのは。

 

 

試合結果

J1 第3節 3/10 味スタ
東京 2 0 0 0 鳥栖
2 0
             
88' オウンゴール        
90+3' ジャエル        

 

 

東京

Pos 選手名 採点 短評
GK 林 彰洋 5.5 全体的に仕事が多かった試合ではないが、要所はきっちりシャットアウト。依然、安心感は継続中。
DF 室屋 成 5.5 この日は(も?)攻撃が左サイド中心だったため、目立つ場面は少なかったが、カウンターケアなど守備は見どころあった。
DF チャン ヒョンス 5.5 カバーリング中心の守備で、見た目にインパクトのあるプレーは少なかったが、一方安心して見ていられた。
DF 森重 真人 6.0 トーレスとのマッチアップは見応えあり。攻撃でも昨季より縦パスの意識と精度が上昇。今季はやってくれると確信。
DF 小川 諒也 6.5 ルヴァンで太田が説得力のあるパフォーマンスを見せたが、なになに、小川も負けていない。クロスの精度が上がってくれば、さらに。
MF 久保 建英 5.5 相対的にはここ2試合と比べると沈黙。それでも、終盤のトップ下起用で存在感を見せ、ついに初アシスト。冬までいて(貸して)ほしい。
MF 高萩 洋次郎 5.0 悪くないとは思うが、昨季のベースからすれば低調なパフォーマンス。その理由に思うところは一つあるが・・・
MF 橋本 拳人 5.5 3試合の中ではもっとも安定したビルドアップ。攻撃でいいリズムを出せれば、おのずと守備もアグレッシブに。続けていきたい。
MF 東 慶悟 5.5 この日も走行距離11kmオーバー。無駄走りも少なく、効率的な献身性を見せた。セットプレーは要改善。
FW 永井 謙佑 序盤の決定機で負傷し、早い時間に交替。軽症を祈る。
FW ディエゴ オリヴェイラ 5.5 田川とのコンビでは田川に走らせ、ジャエルとのコンビでは自らが衛星役にと、戦術的な幅を見せた。
FW 田川 亨介 5.5 古巣との対戦で、開幕戦よりはアグレッシブさを見せられた。途中出場、途中交替はコンディションでやむなし。
FW ジャエル 6.5 J1初出場で大仕事。ディエゴとの補完性も思ったよりあり、前線に新たなオプションをもたらすに十分な仕事ぶりだった。
MF 大森 晃太郎 5.5 2点目のアシストをアシスト。本人に忸怩たる思いはあるかもしれないが、途中出場で展開を変えられる貴重な存在になりつつある。
MG 長谷川 健太 6.5 永井のアクシデント、ゴールレスドロー濃厚な展開を采配で打破。ブラジリアン2トップ+久保トップ下のブランBも成功し、収穫多い勝利となった。

 

 

鳥栖

Pos 選手名 採点 短評
GK 大久保 択生 5.5 2失点に自責はなく、古巣相手に及第点のパフォーマンスは見せた。
DF 原 輝綺 5.0 ロングスローでチャンスを演出したが、その他の場面では貢献度低く、守備も小川に手を焼いた。
DF 藤田 優人 5.0 怪我人過多でやむを得なかっただろうし、奮闘は認めるが、やはりCBのイメージはなく、傍目もったいない印象を受けた。
DF 高橋 祐治 5.5 戦う姿勢は見せたが、攻撃でプラスアルファを生み出せず。監督が求めるCB像に近づくにはもう少しかかるか。
DF 三丸 拡 5.5 積極的なオーバーラップで何度かチャンスを演出。吉田の穴を埋めるにはまだ経験が必要だが、継続してプレーできれば。
MF 高橋 秀人 5.0 退場は残念だったが、ピッチを退くまでは十分なプレーを見せられていた。時々あるポカっとしたパスミスも、既視感アリアリ。
MF 高橋 義希 5.0 運動量は相変わらずだったが、この日は質が伴わず。存在感は薄かった。
MF 松岡 大起 5.5 同年代の久保とマッチアップ。守備で必至に食らいつきながら、攻撃でも一定の評価を得られるプレーを見せた。
MF 金崎 夢生 5.0 1本惜しいシュートがあったが、鹿島時代に感じられた怖さは影を潜めたまま。サイドハーフは、果たして適性ポジションか?
FW フェルナンド トーレス 6.0 まさに、孤軍奮闘。質の高さはこのチームにおいて群を抜いている。それ故にターゲットマンになってしまっているジレンマは、見ていてちょっと辛い。
FW 趙 東建 5.5 トーレスの周りを動き回り、それなりにチームに貢献。ただ、もっと適任がいるのでは?
MF イサック クエンカ 5.5 負傷明けだけにプレー時間に制限はかかるが、地の上手さは数プレーで見て取れた。
MF 福田 晃斗 5.5 1人少ない状況をカバーすべく投入されたが、できることは限られていたか。
FW 豊田 陽平 0-2になってから投入。しかも、アディショナルタイム。これで何をしろと。
MG ルイス カレーラス 4.5 いい時間帯もあったが、全体的には選手の個性を掴めているのか?と疑いの目を向けたくなる起用と戦術。怪我人過多のせいだけではないだろう。