続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

18/11/25 本日の予想

 昨日はあと一歩で的中ならず。今日こそは~。

 

京都1R 2歳未勝利(ダ1200m)

 ◎ 03.トウケイクレナイ

 ○ 12.ユニキャラ

 △ 01.レサイヤ

 △ 04.スズカモンド

 △ 02.アイファーメンバー

 危 13.モズベイビー

 ◎トウケイクレナイ(父ヘニーヒューズ×母父ダンシングブレーヴ)。新馬戦はスタートを決めて好位追走するも、ゴール前でエンジンの掛かりが遅く5着どまり。ただ、2着馬は次走で未勝利を脱出し、4、7着馬は次走2着など一定レベルのレースだったことを考えれば、悪くない結果だったかと。同舞台での2戦目で前進を期待します。

 ○ユニキャラ(父Into Mischief×母父Phone Trick)。トウケイクレナイ新馬戦の7着馬がこの馬。前走は最内枠からスタートを決めて3着に粘りこみ。今回は外枠に替わり、砂を被らずスムーズに走れれば連続好走も可能でしょう。

 △レサイヤは連闘。最内枠は微妙も、新馬戦のように逃げたいと考えれば、この枠が味方しても。

 △スズカモンドは同条件3走目。前走は前目につけるレースができていて、経験が粘り込みに繋がれば。

 △アイファーメンバーは差し馬だけに内枠がプラスとは言えませんが、末脚がはまる展開になれば。

 推定1人気はモズベイビー。父グランプリボスはここまで意外とダート替わりが決まっている印象もありますが、母父スペシャルウィークで京都ダ1200mとなると、さすがに米国色が薄すぎる印象。藤田Jには京都でも頑張って欲しいですけど、ここは消しが正解かと。

 

 

東京1R 2歳未勝利(芝1400m)

 ◎ 09.ラインコマンダー

 ○ 11.ネリッサ

 △ 16.スペキュラース

 △ 05.トーセンアーチ

 △ 03.シオンコタン

 危 17.ゴールデンゾーン

 ◎ラインコマンダー(父ワークフォース×母父サンデーサイレンス)。デビューから2戦ダートを使われ結果が出ず、ここ2走は今回と同舞台で走っていますが、3走前は先行して5着、前走は脚を溜めて2着同着と確実に前進。キングマンボ系らしい漸進ぶりで、今回は5,6番手からも競馬できそうなメンバー。同舞台3戦目でさらに前進してくれることを期待します。

 ○ネリッサ(父タートルボウル×母父サンデーサイレンス)。新馬戦はスローの上がり勝負になりましたが、勝ち馬より速い上がり33秒1をマーク。今回どの位置から競馬するかは分かりませんが、この上がりをもう一丁使えれば普通に勝ち負けでしょう。

 △スペキュラースは逃げてもいいでしょうし、前走のように番手でもいいでしょうし、前目で粘り込みならこの馬かと。

 △トーセンアーチは前走距離短縮で一変。内枠で好位追走できればここも馬鹿にできないかと。

 △シオンコタンは父マツリダゴッホ。前走ダ1200m⇒今回芝1400mは間違いなくプラスの条件変更。未勝利戦らしいガラリ一変があっても。

 推定1人気はゴールデンゾーン。デビューから2戦とも芝1400mを使われて連続2着。ただ、今開催の東京芝1400mは父か母父に欧州の血を持つ馬が優勢な馬場にあって、この馬は父キンシャサノキセキ×母父フレンチデピュティと米国寄りな血統。8枠もマイナスですし、単勝1倍台ですがけんかを売ってみようかと。

 

 

東京11R ジャパンカップ

 ◎ 08.キセキ

 ○ 12.カプリ

 ▲ 01.アーモンドアイ

 

 なんと言いましょうか、好メンバーなんだろうけど一長一短すぎて買いづらい印象のレース。なので、通常とは趣向を変えて、3頭に絞ってみます。

 ◎キセキ(父ルーラーシップ×母父ディープインパクト)。春先はスランプに陥っていましたが、ここ2戦で復活気配。ジャパンカップトニービンの血を持つ馬がしばしば本命サイドを食っていますが、この馬も父母父トニービンで、母父も東京2400m実績多数のディープインパクト。ウインテンダネスに行かせておいて番手追走し、残り800mあたりからスピードを上げて後ろに脚を使わせる競馬ができれば。

 ○カプリ(父Galileo×Anabaa)。エイダン・オブライエン厩舎は2年連続の管理馬参戦ですが、昨年のアイダホが5着。そのアイダホより実績があり、ここ2走ビッグレースで好走しているカプリなら、さらに上の着順があっても。

 ▲アーモンドアイは特に言うことありません(苦笑)。最内枠をどう捌くか、そこだけです。