続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

18/1/13 本日の予想

 いやー、寒いですね。そして、世はセンター試験。受験生の方は頑張ってください。私は高卒なので、全く想像もつかないですけど。

 

 

中京11R 愛知杯(G3)

 ◎ 17.アンドリエッテ

 ○ 03.メイズオブオナー

 ▲ 07.マキシマムドパリ

 △ 02.ギモーヴ

 △ 08.レイホーロマンス

  このレースは前走条件戦組の方が期待値が高い一方、前走秋華賞エリザベス女王杯を使っていた人気馬の期待値が低いという結果が出ています。また、1800m以下のオープンや重賞で好走歴がある馬のスピードが活き、過去3回の勝ち馬は全て3コーナー10番手以下からの差し切り。今日の芝がどうなっているかは分かりませんが、差しタイプに狙いを絞ってみようかと。

 で、本命はアンドリエッテ。3歳時にチューリップ賞で2着があり、牝馬3冠いずれも勝ち馬から1秒差以内とまずまずの内容で走りきりました。その後、なかなか勝ちきれずに条件クラスをウロウロしていますが、前走は久々にこの馬らしい末脚を見せて快勝。恐らくここも、後ろで構えて直線勝負。条件は合致します。

 血統面も、ディープインパクト産駒はこのレースでしっかり結果を出していますし、ディープ産駒は前走勝ち馬、あるいは単勝二ケタ(50倍以下)が重賞での1つの狙い目。正直、12番人気は過少評価すぎるでしょう。それならば喜んでこの馬から。

 ○メイズオブオナーはローズSを除くここ2戦の内容がなかなかで、ハーツクライ産駒も格上げに怯むどころか歓迎なタイプが多いので全く問題なし。逆にこちらが5人気とちょっと買われすぎな気もして○にとどめましたが、内をうまく捌ければ。

 実績馬の中では前年1着の▲マキシマムドパリをそのまま信頼。このレース、重いハンデの馬がしっかりと走るケースが多く、マキシマムドパリは56キロ。キングマンボ系はこのレースと相性がいいですし、月1ペースの4戦目で疲れがなければここでも。むしろ、マキシマムドパリ以外の人気馬は総消しで。特にリカビトスは冒頭に書いた期待値が低いパターンの馬。

 △ギモーヴ、△レイホーロマンスは前走条件戦のハービンジャー産駒。このレース、中距離G1で走るような王道血統以外ではダンチヒやフレイエフの血を持っている馬の好走例が多く、どちらか走っても。あ、メイズオブオナーは母父Holy Roman Emperorがダンチヒ系でしたね。

 馬券は単勝を押さえつつの馬連、ワイドで。

買い目 単勝 ◎ 600円

    馬連 ◎-○▲ 各200円  ◎-△ 各100円

    ワイド ◎-○▲ 各300円  ◎-△ 各100円

 

 

中山9R 菜の花賞(3歳500万下)

 ◎ 01.ナスノカツラ

 ○ 12.レッドシャーロット

 △ 02.オハナ

 △ 09.ジョブックコメン

 △ 06.ダンツクレイオー

  本日のマイルールレースその1。本命はナスノカツラ。新馬戦3着のあと、前走距離延長で未勝利勝ち。そのレースで3、4着だった馬もすでに未勝利勝ちしているのでレースレベルが低かったわけではなく、新馬戦で敗れたリリーノーブルはその後G1で2着。実力はクラスが上がってもそこそこ通用しそう。

 また、年明け中山のマイル戦は5レースありましたが、馬券圏内15頭中6頭が父か母父に欧州型ノーザンダンサー系を持っていて、この馬は母父ホワイトマズル。さらに先週フェアリーSで本命にして6人気2着と好走してくれたスカーレットカラーと同じヴィクトワールピサ産駒。横山典Jとフィーリングが合って、気持ちよく走ってくれたら勝ちまであるかと。

 ○レッドシャーロットもほぼ同評価。ロードカナロア産駒はここまでマイル戦の数字がずば抜けて良く、距離延長で結果を残す馬も多数いますが、ここはまさに1400mからの距離延長。前走の印象が悪く人気を落としているのであれば、むしろ。

 相手はディープ産駒の良血馬オハナ、前走は中途半端なレースになってしまいましたが差し脚に見所はあるジョブックコメン、半年明けですが、血統的に距離延長は歓迎したいダンツクレイオーまで。馬券はワイドと3連単で。

買い目 ワイド ◎-○ 800円

    3連単 ◎○⇒◎○⇔△ 各100円

 

 

京都10R 新春S(4歳上1600万下)

 ◎ 02.メイショウオワラ

 ○ 06.ミリッサ

 ▲ 08.マイネルメリエンダ

 △ 01.ヒーズインラブ

 △ 03.ロジクライ

 本日のマイルールレースその2。本命はメイショウオワラ。ここまで3勝全てがマイル戦で、今回は秋華賞からの距離短縮でマイル戦。○ミリッサもほぼ同じく夏まではマイル戦で3勝をあげ、ローズSと秋華賞で距離に跳ね返されここが距離短縮。勝つのはどちらかだと思いますが、ここまで人気に差があるならメイショウオワラから。

 また、血統面も先週の京都芝はニジンスキーの血を持つ馬がボコボコ走ったようですが、メイショウオワラの母父タイキシャトルの父がニジンスキー系のカーリアン。今週もニジンスキーの持続力が活きる馬場ならなお良し。

 ▲マイネルメリエンダも母父スペシャルウィークの母父がニジンスキー系のマルゼンスキー。この頭数なら逃げても良く、スイスイいければ。あとは人気の2頭を押さえて。馬券は馬連3連単1着付けで。

買い目 馬連 ◎-○ 500円  ◎-▲△ 各100円

    3連単1着付け ◎⇒○▲△ 各100円

 

 

京都11R 淀短距離S(4歳上OP)

 ◎ 01.ベルディーヴァ

 ○ 10.ラインスピリット

 ▲ 05.ナリタスターワン

 △ 03.グレイトチャーター

 △ 08.アクティブミノル

 × 09.ダイシンサンダー

 × 07.スマートカルロス

 本日のマイルールレースその3。本命はベルディーヴァ。5走前に芝に戻ってから5戦連続掲示板。前走も昇級初戦で芝としては初の1400mながら4着と目処は立った印象。ここはさらに格上挑戦となりますが、距離短縮で最内枠。京都の芝がまだ内有利かは今日を見てみないと分かりませんが、スタート五分で3、4番手からであれば進路も選べますし、内有利なら勝ちきりまであっても。

 ○ラインスピリット、▲ナリタスターワンは1つ上の予想でも書いたニジンスキーの血を持つ馬。斤量が嫌気されて人気が落ちているのなら買い。あとは人気の馬を。馬券はワイドを押さえにした3連単で。

買い目 ワイド ◎-○▲ 各300円

    3連単 ◎⇒ ○▲⇒○▲△× 各100円

        ◎⇒△⇒○▲ 各100円