続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

18/1/8 本日の予想

 昨日、かろうじて初日が出ましたが、さて本日は?

 

 

京都11R シンザン記念(G3)

 ◎ 11.カシアス

 ○ 08.プリュス

 ▲ 10.ヒシコスマー

 ☆ 05.マイネルエメ

 このレースは例年クラシックで走るような中距離本格派血統や、前走新馬戦や1800m以上を使っている馬が苦戦する一方、短距離適性がある血統や、1400m以下で勝ち鞍があるようなタイプが好走しているレース。

 と考えると、ドンピシャな馬が本命のカシアス。キンシャサノキセキ産駒で函館2歳S勝ち、京王杯2歳S2着と短距離レースで実績があり、前走朝日杯FSも初のマイル戦で果敢に先行して7着なら上々の内容。血統もスピード型サンデー系のキンシャサノキセキに、今の京都芝でプラスとしてほしいパワーを母父Dylan Thomasで補えていて、このレースに合っている印象。前走同様3、4番手から折り合って競馬できれば。

 ○プリュスは前走1400mで未勝利勝ち。直線で進路を見つけるのに一瞬苦労しましたが、前が開いてからの脚色は見所がありました。血統は父ヴィクトワールピサ×母父Refuse to Bendと中距離指向が強いパワー型な分カシアスを上にとりましたが、雨がそぼ降る今日の京都ならプラスに働いても。

 で、残る上位人気馬はいずれも中距離指向が強いタイプばかり。スターリーステージはこのレース苦戦しているディープインパクト産駒でマイル経験のみ。ファストアプローチは父Dawn Approach×母父Marjuと欧州スタミナ型で、1800m以上のパフォーマンスが高いタイプ。カフジバンガードはハービンジャー産駒で未勝利勝ちは2000m。アーモンドアイは母フサイチパンドラできょうだい馬が全て中距離馬とはいえ、スプリント実績のあるロードカナロア産駒なので迷いましたが、1番人気。だったら、いっせいにまとめて消し。

 で、穴として面白いのは▲ヒシコスマーと☆マイネルエメ。ヒシコスマーは1400mで2勝。G1、G2では家賃が高かったですが、このメンバーなら通用しても。年明けの京都、意外と差しも届いていますしね。

 マイネルエメは上級条件のマイル戦に強いステイゴールド産駒で、未勝利勝ちは1400m。前走も超少頭数とはいえ中京で逃げて3着と好走。ここも単騎逃げが見込まれ、かつ上がりの脚も34秒半ばあれば足りそうな馬場なのは好材料かと。

 馬券はワイドをメインに買いつつ、中距離指向の人気馬がまとめて消えた時をにらんでのお遊びの3連系も。

買い目 ワイド ◎-○ 700円  ◎-▲ 300円

        ◎-☆ 100円

    3連複1頭軸 ◎-○▲☆ 各100円

    3連単1着固定 ◎⇒○▲☆ 各100円

 

 

中山10R 迎春S(1600万下)

 ◎ 02.ウムブルフ

 ○ 06.ノーブルマー

 ▲ 01.エリモジパング

 △ 05.デルマサリーチャン

 本日のマイルールレースその1。本命はウムブルフ。走るときは快勝、走らないときは掲示板外とムラッ気のあるタイプで、中山も[2.0.0.4]とピンかパー。で、今回は相手にも恵まれ、相手は恐らくノーブルマーズただ1頭。また、堀厩舎に石橋Jは相性のいいタッグで、前走敗れてからここまで待ったのは、恐らく3走前に同舞台で勝ち鞍があったから。使い込まない堀厩舎の狙いどころっぽく、ここは勝ちきってくれると見て買います。

 ○ノーブルマーズは準オープン昇級後3戦とも掲示板とクラスの目処は立っていて、1人気は当然。▲エリモジパングは距離延長でパフォーマンスを上げそうなタイプ。△デルマサリーチャンは少頭数ながらスタミナ勝負になれば3着くらいは。

 で、このレースの肝は3人気エクセレントミスズの消し。今の中山中長距離は、父が長距離型サンデー系や欧州型ばかり居並ぶなか、エクセレントミスズは父ナカヤマフェスタ×母父ヘクタープロテクターとスタミナ不足な印象。準オープン昇級後の2戦は冴えず、ここは4、5着が精一杯だと見ました。

 馬券はウムブルフ頭の3連単のみ。

買い目 3連単 ◎⇒○⇒▲ 1,000円  ◎⇒▲⇒○ 500円

        ◎⇒○⇒△ 200円  ◎⇒▲⇒△ 100円

        ◎⇒▲△⇒○ 各100円

 

 

中山11R カーバンクルS(OP)

 ◎ 08.ロードクエスト

 ○ 05.アドマイヤゴッド

 ▲ 02.ペイシャフェリシタ

 △ 06.ナックビーナス

 × 01.タマモブリリアン

 × 07.コスモドーム

 本日のマイレースルールその2。本命はロードクエスト。一昨年の京成杯AH以降勝ち星どころか3着以内にも入れておらず、展開も「早い上がりを使うけど勝負圏内には届かず」というものばかり。

 で、今回は初の1200mになりますが、マツリダゴッホ産駒の狙いはズバリ距離短縮で、恐らくマイルのレースに飽きてきているであろうロードクエストにとっても距離短縮で新鮮な競馬になるのはプラスに働いてはくれまいかと。9頭立てならそこまでテンのスピードが速くなく、苦労せずに追走もできると見込んで本命にします。

 対抗は人気のナックビーナス…ではなくハーツクライ産駒の2頭。なぜなら、昨日の1200m戦3着内の父がローレルゲレイロネオユニヴァースキングカメハメハで、ナックビーナスと同じダイワメジャー産駒の2人気アッラサルーテが4着と期待を裏切ったとおり、1200mですらパワー寄りの結果になっているから。

 特にアドマイヤゴッドはここが叩き2戦目になりますが、3ヶ月以上の休み明け初戦が[0.0.0.3]に対して、叩き2戦目は[2.0.0.0]ときっちり跳ね上げるタイプ。で、前走1人気⇒今回想定4人気と人気落ちするなら、むしろ買いでしょう。

 馬券は馬連と、ロードクエストが勝ちきる3連単で。3連単は、ナックビーナス3着止まりで勝負。

買い目 馬連 ◎-○ 400円  ◎-▲△ 各300円

       ◎-× 各100円

    3連単 ◎⇒○▲⇒○▲△× 各100円