続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

18/1/7 本日の予想

 初日に初日は出ず。今日こそは~。

 

 

中山11R フェアリーS(G3)

 ◎ 10.スカーレットカラー

 ○ 07.トロワゼトワル

 ▲ 16.テトラドラクマ

 ☆ 13.レッドベルローズ

 △ 14.プリモシーン

 × 02,05,06,08

  このレースは「芝1800m以上に出走経験がある馬」の成績が良く、近5年で該当馬が二ケタ人気ながら連対馬3頭も。よし、そこからや!と思って戦績を眺めると、該当馬はサヤカチャンのみ。

 よし、そしたらサヤカチャンからや!と思いましたが、一方で「中3週以内の1~3人気馬」は過去5年で4頭いて全て馬券圏外。かつ、近2走以内で上がり5位以内の末脚を見せていた馬の好走がほとんど。で、サヤカチャンは3~5番人気が想定され、先行馬なので上がりの脚はなし。そうなれば、消しに走った方が正解かなと。

 で、2勝馬がいない実質500万下のメンバー構成にあって、重賞で掲示板がある2頭の力を素直に信頼してみよう、という結論に。本命はスカーレットカラー。アルテミスSは好位追走から5着、前走黄菊賞阪神JF2着のリリーノーブルに1馬身差の2着なら、ここでは実力上位。また、レースの上がりがおそらくどう頑張っても34秒台半ばだと見ていますが、ここまでの戦歴を見ると、そのぐらいの上がりがちょうどいいタイプ。

 血統面も、父はこのレースと相性がいいネオユニヴァース産駒のヴィクトワールピサで母父ウォーエンブレム。2年前に10人気2着と激走したダイワドレッサーが父ネオユニヴァース×母父ブラックタイアフェアーで、構成そっくり。微妙な枠になりましたが、上手く先団でレースの流れに乗れれば。

 対抗トロワゼトワルはアルテミスS4着。しかも、直線で上手く進路が開かず、脚色的には不完全燃焼だったことを踏まえれば、まだ上積みはありそう。母セコンドピアットは2000mまで好走歴があり、父ロードカナロアはマイル戦で勝率3割、複勝率5割超。こちらも先団で上手く運べれば。

 相手はやや手広く。△はこのレース相性がいいキングマンボ系ルーラーシップ産駒のテトラドラクマとディープ産駒の2頭。×の中ではトロワゼトワルと同じく父ロードカナロア×母父スタミナ型サンデー系の08.グランドピルエット、2・3歳限定のマイル重賞に強いステイゴールド産駒の12.ジーナスイートに期待。

 馬券は、3連複2頭軸をメインに、3連単は相手を絞って。

買い目 3連複2頭軸 ◎-○-▲☆△× 各100円

    3連単 ◎○⇒ ◎○⇒▲☆△ 各100円

        ◎○⇒▲☆⇒◎○ 各100円

 

 

京都10R 寿S(1600万下)

 ◎ 05.ジャズファンク

 ○ 03.エアウインザー

 ▲ 07.トリオンフ

 ☆ 01.ナイトオブナイツ

 △ 04.クリノヤマトオー

 × 06.レトロロック

 本日のマイルールレースその1。本命はジャズファンクハービンジャーは本来距離延長で狙いたい種牡馬で、今回は距離短縮になりますが、ジャズファンク自身は全4勝中2勝が距離短縮と、短縮が効くタイプ。ゲートの出があまり早くなく、どうしても後ろからになってしまいがちですが、それでもこの頭数で6番手あたりにつけられれば。武Jが昨日芝で2勝と、馬場を掴んでいそうなのも心強いところ。

 ○エアウインザーは昇級初戦になりますが、前走の内容をこのメンバー相手に出せればいきなり通用しても。昨日の京都芝はキングマンボ馬場だった点も、キングカメハメハ産駒のこの馬に味方すると見ました。▲トリオンフは、前走そのエアウインザーに相手に快勝。阪神をスキップしてここまで待機したのも、意欲を感じます。

 ☆ナイトオブナイツは距離延長のハービンジャー。初の2000mでむしろパフォーマンス向上があっても。△クリノヤマトオーの前走はダンビュライトに敗れての2着で買われるでしょうけど、中1週はちょっと怖い面もあって5番手まで。×レトロロックは準オープンが壁になってしまってますが、長く素質を買われている馬。人気が落ちるようなら。

 馬券は馬連と3着付けの3連単。勝つのは○か▲でしょう。

買い目 馬連 ◎-○▲ 各400円 ◎-☆ 200円

       ◎-△× 各100円

    3連単 ○▲⇒○▲☆△×⇒◎ 各100円

 

 

京都12R 4歳上1000万下

 ◎ 01.プリンセスルーラー

 ○ 03.ブランドベルク

 ▲ 06.テラノヴァ

 △ 07.ティーエスクラ

 × 04.ラベンダーヴァレイ

 × 08.ドゥーカ

 × 09.ブライトボイス

 本日のマイルールレースその2。本命はプリンセスルーラー。前走2人気だったのは正直驚きましたが、伸びきらず7着どまり。それでも久々に34秒1の脚を使えたのは収穫。牝馬ながらデビュー戦から1800mを使われ、以降ここまで9戦全てが1800mか2000mでしたが、今回は初のマイル戦。未勝利勝ちは距離短縮だったのでマイナスになることはないでしょうし、この頭数ならばそこまで道中のペースが速くなることもなさそうなので、初経験がいい方に出てくれないものかと。

 また、父ルーラーシップ×母父イーグルカフェ×母母父ヘクタープロテクターミスプロ系の塊な血統ですが、今日のキングマンボ馬場にはピッタリ。岩田Jに、とことんインにこだわってもらえたら。

 で、キングマンボ馬場である=ややダート風味、パワー寄りな馬場である。というわけで、父ネオユニヴァースの○ブランドベルク、父ヴィクトワールピサの▲テラノヴァを高く評価。△ティーエスクライはオーマイガイとやり合わずにハナか番手に決まれば粘り腰ありそう。×は残りの馬で勝負になりそうな馬を。オーマイガイ、マイルは持つと思いますが、距離延長が恐らくダメだろうと判断して消しで。

 馬券は馬連と、◎3着付けの3連単ボックスで。オーマイガイがもくろみどおり飛んで、ラベンダーヴァレイもキングマンボ馬場のなかでディープの持ち味が削がれて…となれば、3連単あると思うんですけどね。

買い目 馬連 ◎-○ 600円 ◎-▲ 300円

       ◎-△ 200円 ◎-× 各100円

    3連単 ○▲△⇒○▲△⇒◎ 各100円