続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

18/1/6 本日の結果

 競馬予想は、本日の結果として簡単に振り返ることにします。

 

 

中山11R 中山金杯(G3)

 1着 ○ 06.セダブリランテス

 2着 △ 01.ウインブライト

 3着 × 11.ストレンジクォーク

 7着 ◎ 05.デニムアンドルビー

 

 馬券 ハズレ

 収支 -2,000円

 セダブリランテスは3コーナーから早くも手が動き始めるも、最後までしぶとく伸びて勝利。ウインブライトがインベタ絶好な競馬だったことを考えると、着差以上に強かったかなと。ストレンジクォークは人気の盲点でした。

 本命デニムアンドルビーは上手くインコースを立ち回って、直線一瞬伸びかけましたがそこまで。やはり中山は向かないんですかね。 5着ダイワキャグニーも中山は現状向かない印象。次走東京新聞杯あたりで人気落ちするなら。

 

 

京都11R 京都金杯(G3)

 1着 … 09.ブラックムーン 

 2着 … 13.クルーガー

 3着 ○ 07.レッドアンシェル

 6着 ◎ 05.カラクレナイ

 

 馬券 ハズレ

 収支 -2,000円

 ウインガニオン、マイネルアウラートでスンナリかと思いきや、アメリカズカップの松山Jが全く譲る気配を見せずに先団を突っつき、テンの3ハロンは34秒2。馬場差はあれど、マイルCSより0秒4早い入りとなれば、G1でそこそこ走ってきたブラックムーン、クルーガーの地力が上回る結果も納得です。

 本命カラクレナイは、先行してこの結果なら仕方なし。京都牝馬Sに進んで、それでも人気が上がらないようであればもう一丁狙ってみたい気もします。

 

 

中山10R ジュニアC(OP)

 1着 △ 04.テンクウ

 2着 ○ 07.パルマリア

 3着 × 02.ソイルトゥザソウル

 5着 ◎ 03.トーセンクリーガー

 

 馬券 ハズレ

 収支 -2,000円

 本命トーセンクリーガーはちょっと浮き上がるようなスタートになってしまい中団での競馬。スローは目に見えていて、実際テンの3ハロンは37秒5だと、どうしようもなかったですね。3着ソイルトゥザソウルのような競馬ができれいればなぁ…は結果論なのでドモナラズ。

 勝ったテンクウはプラス12キロも太め感なく、身が入ってきた印象。しっかり番手を取りに行って、自ら動いてですから、ここは完勝でした。