続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

天皇賞・秋(G1)

◎ 08.レインボーライン

○ 09.ソウルスターリング

▲ 13.グレーターロンドン

△ 1,2,3,4,5,7,12,14,15,18

 

 先週の天候もなかなかでしたが、本日の府中も朝から大雨。気象庁HPによると本日13:40までの府中市降雨量は53.5ミリを数え、もちろんこれを書いている今も降り止む気配はありません。

 こうなると、本当に何が来ても驚かないわけですが、悩みに悩んで本命はレインボーラインにしました。戦跡を見れば一目瞭然、上がりの早い競馬では出番がなく、どう頑張っても35秒台後半の上がりが限界であろう馬場状態はどの馬よりも味方になるでしょう。また、器用なタイプではないので、直線各騎手が各々の思惑でコースを選び、馬群が広がるであろう展開も味方するはず。

 血統面も、今週の東京芝はステイゴールド系がとにかく走っていて、昨日のアルテミスS勝ち馬ラッキーライラックも父オルフェーブル。さらに母父フレンチデピュティ系も6頭馬券圏内に飛び込み、母母父はオールドファンなら思い出す雨男、レインボーアンバー。ちなみに、昨日のアルテミスSで13人気2着と大穴を開けたサヤカチャンの母父はレインボーアンバーの父アンバーシャダイ。字面だけ見れば、今週の傾向にドンピシャ当てはまります。

 休み明けはやってみなければ分かりませんし、当然相手は強いですけど、岩田Jらしく道中はインでじっとして、直線も内目からスルスルという競馬をしてくれたら。

 ○ソウルスターリング天皇賞・秋で圧倒的な成績を残す藤沢厩舎。かつ、斤量有利な3歳牝馬。血統面もザ・欧州で、道中ゆったり(1000m63秒前後?)進んで直線脚を伸ばす展開になれば力を発揮すると見ました。▲グレーターロンドンは先週の不良馬場菊花賞を制したキセキの近親。母父ドクターデヴィアス×母母父ダンチヒで重い馬場もこなせると思いますし、当レースでは「前走チョイ負けしたディープ産駒」が巻き返すレースでもあるので、6人気なら面白いかと。

 あとはとにかく手広く。馬場を考えればネオリアリズムやシャケトラが面白そうですけど、レインボーラインから入って相手抜けは寂しいので、とにかく手広く(苦笑) 馬券は3連複2頭軸×2本で。