続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

府中牝馬S(G3)

 今日から思い出したように、久々に重賞予想を書き始めてみようかと。結果を振り返ったり収支をつけたり…は来年に回すとして、まずは、15%でも当たるかどうかお試し再開ということで(苦笑)

 なお、馬券は3連複3連単のみで、フォーメーションで15点になるよう買います。

◎ 05.トーセンビクトリー

○ 07.アドマイヤリード

▲ 04.クイーンズリング

☆ 10.クインズミラーグロ

△ 01.ヴィブロス

△ 03.デンコウアンジュ

△ 14.バンゴール

△ 08.ロッカフラベイビー

  本命はトーセンビクトリー。前走クイーンCではアエロリットに逃げ切りを許すも2着。そんな前走を筆頭に、これまで重賞で5走していますが、1800mは[1.1.1.0]に対し、根幹距離は2戦とも着外。そもそも、全6勝中4勝が1800mと、典型的な非根幹距離タイプ。なのに、推定人気は前走先着しているクロコスミアやオープン初挑戦となるワンブレスアウェイより下とくれば、ここから入らない手はないかと。

 血統的にも、先週東京芝はキングカメハメハを筆頭にキングマンボ系が好走連発し、毎日王冠でも父キングカメハメハ×母父サンデーサイレンスのダイワキャグニーが7人着ながらあわや馬券圏内という4着。同じ配合であるこの馬も、今の馬場は向いていると見ていいでしょう。

 ○アドマイヤリードの前走はどう頑張っても届かないレースで度外視可能。程よくクッションが効いて差しが届く馬場ですし、戸崎Jが変に溜めすぎなければ今回はしっかり伸びてくるかと。

 ▲クイーンズリングは前年の勝ち馬。この馬も非根幹距離の方が走るタイプで、前に行く組の中でしっかり脚を伸ばせそうなのはこの馬と見ます。☆クイーンズミラーグロは目下重賞5戦連続3着以内。勝ち味には遅いですがあまり人気にならないタイプで、今日も推定7、8番人気なら。

 △は4頭。ヴィブロスはさすがに叩き台なはずで、ちょっとパワーがいる馬場に適性があるかも若干疑問なので押さえまで。逆にデンコウアンジュはこういった馬場で差し込んでくるタイプ。バンゴール、ロッカフラベイビーはキングカメハメハ産駒ということで。馬券は3連複

3連複フォーメーション ◎-○▲☆-○▲☆△