読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

17年Jリーグ観た記 其の22 J2 横浜FC-千葉

 前節は黒星を喫したものの、堅実な守備をベースに上位に位置する横浜FC。一方の千葉は、トピックスに上げやすい「ハイライン・ハイプレス」が功罪分けているのか、勝ち点を伸ばしきれない状況。とはいえ、試合前で両チームの勝ち点差は2。横浜FCが上位をキープできるのか、千葉が上昇の足がかりを掴むのか。

 

f:id:re-donald:20170423181214j:plain

 

短評

 千葉は中盤逆三角形でウイングを置く4-3-3でスタート。守備時はハイライン・ハイプレスでかなり全体がコンパクトな状況を作っていたが、一転攻撃ではウイングがタッチライン沿いに張って横幅を広く取り、横浜の強固な守備ブロックを広げにかかる。

 横浜FCがどのようなスカウティングをしていたかは分からないが、前半は千葉の布陣に対応しきれず。中央が横浜FC2枚に対して千葉が3枚で数的不利となっていたし、サイドも千葉がサイドバック+ウイングの2枚に加えて町田・高橋の両インサイドハーフがいいタイミングでヘルプに入ることで、ここも千葉が数的有利な状況を多く作れていた。

 特に清武が外から、高橋がスルスルっとゴール前に入り込むシーンが多く、両名とも2度ほど決定的なシーンを作るが決めきれず。結局前半45分間横浜は対応策が見つからず、水際で食い止めるのが精一杯ではあったが、結果的にゴールレスで折り返したことで、試合は思わぬ展開に走っていく。

 後半、横浜FCは3バック(守備時は5バック)にシフトチェンジ。これにより、3バック+2センターハーフで中を閉めつつ、相手のウイングに対してウイングバックを明確に当てる形にし、役割がはっきりすると、面白いように中盤でボールが引っかかり始める。

 すると53分、中盤でボールを奪った流れで佐藤がイバへスルーパス。これを受けたイバが近藤、キム・ボムヨンを交わし、エリア外から左足でコントロールショットを放つと、ボールは左サイドネットを揺らし、横浜FCが先制。

 千葉としてはここでこらえて、相手の布陣変更に対応したかったが、間髪入れず55分に野村がこれまた素晴らしいミドルをズドン。その後、千葉も選手交代などで応急処置を図るが効果なく、61分にジョン・チュングン、69分に野村がゴールを奪い4-0。その後も横浜FCペースのまま後半45分が終了。ここまで明確に前後半で流れが変わるゲームも珍しいと思うが、いい流れでゴールを取りきった横浜FCが、取りきれなかった千葉を下した。

 

MVP:該当なし

 前半の清武、高橋はいい働きをしていたし、後半のイバ、野村、ジョン・チュングン、佐藤も目立つプレーをしていたが、短評でも書いたとおり前後半で流れがくっきり変わる展開の中、1試合通して光った選手は不在。前半ゼロで耐え切った横浜FC守備陣も誰が…というよりはなんとか全員で…という印象だったため、MVPは該当なしで。強いて言えば、ハーフタイムに的確すぎる指示を送った中田監督だろうか。MV「P(Player)」ではないが。

 

MWP:該当なし

 MVPと同じ理由で。