続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

安田記念

◎ 11.リアルスティール

○ 08.モーリス

▲ 09.イスラボニータ

△ 07.サトノアラジン

× 01.クラレント

 

 

 蓋を開けてみれば、何とびっくり12頭立て。こうなると「紛れ」は少なくなり、穴を狙うのはかなり無理があるのかなと。というわけで、だいぶ印はつまらない感じになりましたが、そこは馬券の買い方で少しひねるとして。

 本命はリアルスティール。ここ最近の安田記念はサンデー系やキングマンボ系×スプリント血統がトレンド。15年2着ヴァンセンヌはディープ×ニホンピロウィナー、12,14年と2度大穴を開けたグランプリボスサクラバクシンオー×サンデーサイレンス、13年ワンツーのロードカナロアショウナンマイティはそれぞれ父キングカメハメハマンハッタンカフェで母父はいずれもStorm Cat、といった具合。

 リアルスティールディープインパクト×Storm Catで、曾祖母は名マイラーのミエスク。ここまでどのレースでも大崩れしていませんが、個人的に思うここまでのベストレースはドゥラメンテに勝利した共同通信杯で、前走ドバイターフは相手に恵まれた(という評価が大勢な)中でしたが、圧巻の内容。全兄のラングレーも徐々にマイラーへとシフトしてますが、本質はスピード型で、母系のスピード色が加齢とともに出てくるとすれば、初マイルでこそ狙ってみたいところです。

 1つ飛ばして3番手イスラボニータ。マイルは3戦していずれも3着内、東京は[4-1-3-1]と大得意の舞台ですが(唯一の着外は2400mのジャパンカップ)、東京マイルはなんと新馬戦以来。ここ2走は正直不満で、ここでも走れないようであれば衰えが・・・となりそうですが、逆にここは乾坤一擲の舞台。こちらも一発は十分にあるかと。

 さて、モーリス。世界でもトップクラスのマイラーであると思いますが、昨年の安田記念を見てしまうと、左回りが今一つなのか58kgが堪えるのか分かりませんが、単勝1倍台でも仕方ない・・・とは思わないんですよね。また、鞍上を選ばない気性の良さがあるとは言え、複数の騎乗機会があった川田Jではなく、条件戦の際に1度だけ騎乗しただけのベリーJを選んだというのもなんだか嫌で。もちろん圧勝しても驚きませんが、勝ちを逃しても驚かないかなと。

 押さえはディープ×Storm Catで京王杯最速の上がりを見せたサトノアラジンと、左回りは滅法走り、単騎逃げが見え見えとは言えペース次第では残り目もあるクラレントまで。さて馬券ですが、モーリス頭は買わない3連単で。あと、スケベ心丸出しでモーリスぶっ飛びパターンも。これはさすがにないと思いますが(苦笑)

3連単 ◎▲→○⇔◎▲△×

    ◎▲△→◎▲△→◎▲△×