続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

神戸新聞杯

◎ 08.サトノアラジン
○ 16.ヴォルシェーブ
▲ 10.ワンアンドオンリー
△ 02.トーホウジャッカル
△ 07.ヤマノウィザード
△ 09.ハギノハイブリッド
△ 13.スズカデヴィアス


 ダービー馬ワンアンドオンリーの秋初戦。皐月賞イスラボニータ桜花賞ハープスターオークスヌーヴォレコルトはいずれも休養明け初戦を力強いレース内容で勝っており、トリを飾るダービー馬が下手な競馬はできない…とは思いますが、ダービーのように先行できる保証は全くなく、じゃあ差し比べになった場合もキレ味で勝負するタイプではないので差し負ける可能性も低くない。それでいて単勝1倍台の人気とくれば、ここは2、3着に取りこぼす方に賭けてみたいなと
 では、ワンアンドオンリーを負かすのは?と考えた際に浮上するのが、前走で1000万下を勝利したサトノアラジンとヴォルシェーブ。サトノアラジンは折り合いこそ不安を残しますが、夏競馬の2戦はさすがクラシック候補と取り上げられただけある内容。特に2走前、中京で終始2番手から後続を突き放すというレースぶりは素晴らしかったなと。ここも強気の競馬をしてくれれば。ヴォルシェーブの前走は少頭数ながら骨っぽいメンバーが揃った中で、力強い脚を見せて勝利。上にリルダヴァル、近親にディープインパクトがいる超良血で、リルダヴァルは休み明けに滅法強かったわけですが、この馬も前走は4か月ぶりだった中で完勝と血を引き継いでいる印象。前走から3か月ぶりのここも期待していいかなと。
 押さえですが、まず人気のウインフルブルーム、トーセンスターダムはともに消し。ウインフルブルームは調教をほとんど見ない(分からない)私が見ても動きにキレがなく、次走以降どの路線に行くかは分かりませんが、明らかに叩き台かなと。トーセンスターダムも動きは鋭くなく、京都以外でまだ実績がない中で3人気はやや過剰人気かなと。近親のトーセンジョーダンダークメッセージ、カンパニーももう少し先に本格化していることを考えれば、ここでどうこうというよりは、次や次の次に期待した方がいいと見ます。それで押さえは、まだ内・前が好走している馬場の中で、2走前に3コーナー3番手以内で勝利し、前走1000万下でも好走したトーホウジャッカル、ディープ産駒でメンバー3位の上がり持ちタイムを持つヤマノウィザード、長い直線での脚比べなら見劣らないハギノハイブリッド、近況は冴えませんが、ワンアンドオンリーを除けばダービー最先着で、重賞一発がありそうな外国人ジョッキーを配してきたスズカデヴィアスまで。

ワイド ◎−○
3連単 ◎○→▲⇔◎○△