続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

フィリーズレビュー

◎ 11.ホッコーサラスター
○ 13.リアルヴィーナス
▲ 09.グランシェリー
△ 01.ベルカント
△ 02.ダンスアミーガ
△ 06.シュシュブリーズ
△ 07.ホウライアキコ
△ 10.ヤマノフェアリー
△ 14.エスメラルディーナ
△ 15.レムミラス
△ 16.アドマイヤビジン


 桜花賞が云々ではなく、阪神1400mという条件に向く短距離適性と馬力を併せ持つ馬を積極的に買いたいレース。血統的にはダート型サンデー系、ノーザンダンサー系、グレイソヴリン系といったところでしょうか。ただ、短距離適性が欲しいとはいえ、前走1200m組は壊滅的で、1400m組はまあまあ、1600mからの距離短縮組がいいという結果も出ています。
 本命はホッコーサラスター。デビューからすべて1400mを使われ、複勝圏内を外したことがない堅実派。初勝利はこの舞台で、血統も父ヨハネスブルグ×母父ダンシングブレーヴノーザンダンサー系同士の配合とこのレース向き。先行したときは勝ちきれず、2勝とも4コーナー10番手以下ということで差しに回る可能性が高いですが、昨日の阪神芝は前走上がり上位馬がよく来ていたので問題はないかと。勝ちきれるかは分かりませんが、複軸としては持ってこいでしょう。その分、相手はひねってリアルヴィーナスとグランシェリー。2頭とも前走1600m戦でしたが、前者はとんでもなく引っかかって、後者は家賃の高かったG1ということでノーカウント可能。ともにこれまでの成績的にも血統的にも1400mの方が絶対に良く、巻き返してどちらかが3着ぐらいには…というシーンは十分にあると見ています。押さえは手広く。

馬連、ワイドボックス 09,11,13
3連複F 11−09,13−01,02,06,07,09,10,13,14,15,16