読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

2014年度 Jリーグ(適当)予想会 その2

Jリーグ FC東京

 こちらに載せました第1部に続いて、第2部でございます。第2部は今季の東京についてです。前置きは短く、行ってみましょう〜。



3 フィッカデンティ采配討論



 えぬとし



 どな



 ひばり



 nmk



 ちようぬ



 いおぞう



 2013ポポ



 ひばりさんが、サカダイ(サカマガ?)に掲載されていた2013シーズンのポポ東京スタイル表に倣って、4つのポイントでどのスタイルに収まっていくか?という観点でフィッカデンティを見てみようという意図でした。ちなみに、ひばりさんの2013総評がすごく面白かったので、丸ごと転載します。

頑なまでのポゼッション×攻撃重視で得点が激増、東京史上屈指の得点力を持つチームに仕上げた。その一方、守備面でのアバウトさが目立ち、これがチームパフォーマンスの再現性に欠ける大きな要因となった。また、ポゼッションに固執するあまり2年目では戦術面での乏しさも露呈(終盤は戦術太田FK)、高い技術と戦術の多彩さで上回る上位陣からなかなか勝ち点をあげることができず、気が付けばタイトル0、中位フィニッシュ。2014年はなぜかセレッソに栄転。

 で、私が一番説得力あったなと思うのがnmkさんのバランスとコメントでした。さすが、フィッカデンティ時代のチェゼーナを現地まで見に行っただけある。そして、ちょうぬの「ポポのポゼッションは、真のポゼッションじゃない論」も面白かったなぁと。



4 開幕戦&ベストスタメン



  えぬとし



  どな



  ひばり



  nmk



  ちようぬ



  いおぞう



 なお、左の画像が「開幕戦メンバー予想」、右の画像が「ベストメンバー予想」です。
 まず、開幕戦メンバーについて。権田+4バックは、私だけ森重とマテウスの左右が違いましたが、メンツは6人揃って同じ予想。マテウスが期待通りやってくれれば、普通にJ1トップレベルの強さ・固さあるよね、という話で落ち着きました。また、中盤の3枚も東と三田の左右がどうかだけで、この2人+高橋の3枚で全員一致。米本の怪我を三田が埋めるのか、羽生が埋めるのか、それとも幸野などの抜擢があるのかは分かりませんが、まあ三田かなと。
 そして、やはり意見が分かれたのが3トップ。1トップは「エドゥ3:渡邉2:平山1」。恐らく、エドゥが開幕で100%のコンディションにはならないだろう、という意見が大勢を占めました。そうだと仮定して、予想される動きの少なさをどのポジションなら相殺できるか?と考えた時、私は「左で割と張ってもらって、守備面では三田に働いてもらい、カウンター時のポスト役として前残りさせる」という手があるかな?と思ったので1トップには動きの範囲が広い渡邉を置き、エドゥは左ワイドと考えましたが、皆さんの意見もなかなか参考になるもの、頷くものばかりでした。
 両ウイング。エドゥを1トップに置いた3名(えぬとしさん、nmkさん、いおぞうさん)はいずれも渡邉はウイングで使い、逆に渡邉1トップの2名(ワタクシ、ちようぬ)はともに左がエドゥと、3トップのうちの2枠は一致。それで、残る1枠については武藤が3名、石川が2名でした。また、唯一平山1トップとしたひばりさんは、渡邉と石川(エドゥはコンディション上がりきっていないと読み、外していた)。私も外しておいてなんですが、河野と予想する人が1人もいなかったのは意外。また、「石川、キレキレよ」という意見で推していた方もいて、なかなか興味深かったです。とにかく、今季の見どころの1つがこの3トップの人選。手駒は揃っているので、相手によって変えるのか、コンディションによって積極的に変えるのか、どういう風にフィッカデンティ監督がどう考えているのか、それを窺える日が待ち遠しいです。
 続いて、ベストメンバーについてですが、ここでの最大トピックスは「梶山」。私はブログで大見得切った手前、「レジスタ秀人」を外すわけにはいきませんでしたが、梶山が健康体になって、じゃあどこで使うの?となると、やはりレジスタが一番収まりいいんですよね(それこそ、ピルロのイメージ)。この問題が起こるのは8月以降でしょうけど、さてどうなることやら。また、いおぞうさんは梶山をセントラルハーフで使い、東をウイングにあげるという予想。「梶本」コンビを並べ、高橋にカバーしてもらうというのも、確かにアリ。さらに、nmkさんはこっそり「レジスタ森重」説を伺わせる記載も。この辺、時間が押してほじくれなかったのはちと痛かったなぁと。3トップでは、河野の名前を挙げた人がえぬとしさんとワタクシ。河野の爆発に夢を見てます。また、ひばりさんはちょっと毛色の違う夢を見ていました(笑)



5 フィッカデンティ 評価&コミットメントライン































論者 名監督の予感 続投合格 続投に疑問 解任
えぬとし
20
どな
20 17 10
ひばり
22以上 19 16
nmk
24以上 16〜23 9〜15 8以下
ちようぬ
23 17 13 10
いおぞう
23 17 13
























論者 シーズン順位 ナビスコ結果 天皇杯結果
えぬとし
3〜6位 予選敗退 優勝
どな
5〜8位 ベスト4 ベスト8
ひばり
3〜6位 予選敗退 ベスト16
nmk
3〜14位 優勝 ベスト4
ちようぬ
9〜15位 ベスト8 ベスト4
いおぞう
6位以上 ベスト4 ベスト4
 上の表は、「4つの項目について、リーグ戦第10節を終えた時点でこれぐらいの勝ち点なら、その項目に該当するかな」という評価ライン設定、下の表は3つのコンペティションの成績予想です。評価ラインについて、概ね勝ち点17(5勝2分け3敗とか)以上なら合格、続投問題なしというところでまとまりました。一方、解任(不合格)ラインとしては、やはり1ケタ勝ち点でとどまるようだと雲行きが怪しいかなと。一応、補足として第10節までの星取りも書いてもらったんですが、第9節の横浜FM戦を勝つと予想した人が1人もいない、現実的な意見も出ました(苦笑)。そして、極めつけはちようぬの「セレッソに負けたらクビでもいい」発言と、それに概ね賛同する一同という件でしたね。いや、こっちが勝手に因縁感じちゃったわけですけど、やはり今季のセレッソには負けたくないですよ。シンプルに、去年1回も勝ってないですし。



 以上で第2部は終了。第3部、J1予想はまた後ほど〜。