続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

武者修行バンザイ

 J2は残すところ1試合のみ。6位以内のチームは(現在1位から)甲府、京都、湘南、大分、横浜FC、千葉に決まり、甲府はすでに優勝・自動昇格を決めていますが、自動昇格のもう1枠である2位はまだこの段階にあっても京都、湘南、大分、横浜FCの4チームに可能性があり、千葉も最終節の結果次第ではプレーオフでアドバンテージを握れる3、4位に入る可能性があるなど、大混戦が続いています。一方J2残留争いも、勝ち点上は富山、岐阜、鳥取、町田の4チームにJFL降格の可能性が残るというせめぎ合い。しかも、最終節には町田−湘南、横浜FC−岐阜という何かを得たいチーム同士の対戦が2つあったり、京都はホームながら無敗記録更新がかかる甲府が相手だったり、千葉もかつてJ1昇格の夢を絶たれる敗戦を喫したアウェー徳島戦だったり、もう目が話せない状況必至です。
 そんな中、今日はちと気が早いですが、1つベストイレブンを作ってみたいなと。それが、「レンタル中の選手ベストイレブン」。出場機会を求めて、あるいは戦力として頼られてレンタル移籍をする選手が今年も数多くいましたが、そんな「武者修行」で結果を残した、インパクトを残した選手でベストイレブン作ってみようかな?という思い付きです。で、該当者は「J1のチームからJ2のチームへレンタルしている」選手とした…かったんですが、人数が足りるか不安だったので全員を対象にしました。あと、外国人選手は外しております。助っ人の意味合いはあるでしょうけど、武者修行とはちと意味が違うと思っているので。
 早速ですが、まずはレンタル中の選手がどれだけいるか拾ってみます。

チーム名 レンタル中の選手(カッコ内はレンタル元のチーム名)
山形 DF岡根直哉(清水)、MF川島大地(鹿島)、比嘉厚平(柏)、FW中島裕希(仙台)、林陵平(柏)
水戸 DF吉本一謙(FC東京)、細川淳矢(仙台)、FW星原健太(G大阪)
栃木 DF田中雄大(川崎)、FW佐々木竜太(鹿島)、棗佑喜(川崎)
草津 DF永田拓也(浦和)
千葉 DF武田英二郎(横浜FM)、高橋峻希(浦和)、MF兵藤昭弘(柏)、FW荒田智之(磐田)、大塚翔平(G大阪)
東京V MF柴崎晃誠(川崎)
町田 DF薗田淳(川崎)、田代真一(横浜FM)、MF下田光平(FC東京)、幸野志有人(FC東京)、FW平本一樹(町田)
横浜FC GK関憲太郎(仙台)、DF阿部巧(FC東京)、中島崇典(横浜FC)、MF寺田紳一(G大阪)
湘南 DF大野和成(湘南)、MF宮崎泰右(大宮)
甲府 FW青木孝太(千葉)、重松健太郎(FC東京)
富山 GK守田達弥(京都)、DF福田俊介(大宮)、MF平出涼(FC東京)、國吉貴博(鳥栖)、舘野俊祐(東京V)、
松本 GK三浦雄也(柏)、DF藤川祐司(大分)、一柳夢吾(岡山)、MF橘章斗(清水)、益山司(大分)、喜山康平(岡山)、FW久木田紳吾(岡山)
岐阜 GK多田大介(鳥取)、DF新井辰也(名古屋)、MF廣田隆治(神戸)、山崎正登(柏)、FW樋口寛規(清水)
京都 FW原一樹(浦和)、長沢駿(清水)
鳥取 GK紀氏隆秀(神戸)、DF藤本修司(千葉)、FW久保裕一(千葉)、
岡山 MF大屋翼(神戸)、FW川又堅碁(新潟)
徳島 MF上里一将(札幌)、青山隼(浦和)
愛媛 MF伊東俊(山形)、加藤大(新潟)、FW有田光希(神戸)
福岡 GF河田晃兵(G大阪)、DF岡田隆(磐田)、MF木原正和(大宮)
北九州 GKキローラン菜入(東京V)、DFキローラン木鈴(東京V)、MF竹内涼(清水)、高野光司(東京V)、鈴木慎吾(東京V)、FW端戸仁(横浜FM)、加部未蘭(甲府)
熊本 DF廣井友信(清水)、MF武富孝介(柏)、FW北嶋秀朗(柏)
大分 DF石神直哉(湘南)、キム・チャンフン(C大阪)、夛田凌輔(C大阪)、MF野口直人(C大阪)、丸谷拓也(広島)、FW三平和司(湘南)
 以上のメンバーの中から、独断と偏見で選んだベストイレブンは…これだ!(カメラ目線で

――――有田――川又――――
――――武富――端戸――――
阿部――――丸谷――――武田
――廣井−キローラン−大野――
――――――守田――――――

SUB:多田、石神、竹内、兵藤、中島、樋口、三平

 システムは、現在大分がよく使っているボランチ1枚、トップ下2枚の3−5−2。とにかく、前線のこの4人をみんな入れたい!という大前提からスタートしたもので(笑
 GKは鶴田の怪我の後を受けて奮闘している守田。DFは三浦監督の信頼を得てメキメキ力をつけてきているキローラン木鈴、ヤングベルマーレの中でも殊更ヤングな3バックの1角としてチームに貢献した大野、あまり目立たない存在かもしれませんが、高さ十分、迫力十分で、矢野とのCBコンビがすっかり板についた廣井。ボランチに夏の移籍ウインドーでの加入ながら、即座に田坂監督の意図を汲み取り、このシステムを生み出す要因の1つともなった丸谷を置き、両ウイングバックは左に神出鬼没、縦横無尽、東奔西走する阿部、右に香車の如き縦への推進力と、低くて早い、球質の良いクロスを供給できる武田。目玉の前線は、ボールを引き出せるし飛び出せるし、パサーでもあるしフィニッシャーでもあるし、中でも外でもアイデアのあるプレーができる武富と端戸を2シャドーに置き、高さ、強さ、上手さを一気に開花させた有田と川又の野性味溢れるコンビを2トップとしてさらに怖さを相手に見せ付ける。サブには、残りのGKで一番出場機会を得た多田、3バックの1角もウイングバックもできる石神、ボランチもシャドーもできる竹内、こういう人が1人いたら勇気100倍の兵藤、チームトップスコアラーとしてチームに貢献した中島、ダブルブルドーザーの1角として全国を沸かせた実力を早くもプロで垣間見せた樋口、プレーでもキャラクターでも大分ファンのみならずJリーグファンを魅了した三平。これでどうだ!