続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

京都1R 3歳未勝利

◎ 08.ユキノアイリス
○ 01.シルクシンフォニー
▲ 16.ウォーターカリブ
△ 13.デアリングプライド
△ 11.エーシンフルハウス
△ 02.ケリーダノビア


 本命ユキノアイリスはデビューから2戦とも芝で使われて8,7着。ただ、新馬戦は先団を見る形でレースを運んで最後までしぶとく脚を使っていましたし、前走は上がり最速が36秒1という1400mらしい消耗戦で差しに構えて2位タイの上がりを使えていて、内容は悪くなかったかと。その前走を見る限りだと現状はダートの方が向いていそうだし、血統もここ1,2年でダートの成績を上げているゼンノロブロイ産駒かつ母父タバスコキャット×母母父アジュディケーティング×母母母父Spectacular Bidというダート色満載の母系。鞍上も押せる和田Jに替わり、休み明けさえこなせば激走があっていいかと。
 対抗は父ストーミングホーム×母父ブライアンズタイムで、距離延長が着順を押し上げそうなシルクシンフォニー、前走はインでドン詰まって競馬にならなかったが、まともなら巻き返し必至のウォーターカリブ、押さえにダイワメジャー産駒で芝寄りのダートならこなせるであろうデアリングプライド、前走はゲートで躓いたのが全てで、発馬五分なら巻き返せるエーシンフルハウス、父ハーツクライ×母父エンドスウィープで、芝1200mからの舞台替わりが良い方に出そうなケリーダノビアまで。


 買い目  3連複F 08−01,16−01,02,11,13,16 各100円