続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

中山11R スプリンターズS

◎ 08.ワンカラット
○ 15.ジェイケイセラヴィ
▲ 02.ダッシャーゴーゴー
△ 04.アイルラヴァゲイン
△ 05.ビービーガルダン
△ 07.ウルトラファンタジー
△ 09.ローレルゲレイロ
△ 12.ヘッドライナー
 本命はワンカラット。「洋芝の」スプリント重賞で連勝ということで、野芝オンリーのここがどうか?という点はどうしても頭をもたげますが、しかしビービーガルダンアイルラヴァゲインなど重たい芝寄りの馬がしっかり来ているので、さほど問題にすべきポイントではないかと。先行脚質なのは良い材料で、坂も阪神で走る馬なので問題なし。かつ、昨日の10R及び今日の1Rに行われた1200m戦を見るとノーザンダンサー系が優勢(昨日の1、3着と今日の1着が父ノーザンダンサー、昨日の2着と今日の2着が母父ノーザンダンサー)で、父ファルブラブはこのところ1200m戦でグングン成績を上げているノーザンダンサー種牡馬とくれば、特段けなす必要はないでしょう。ヒモ荒れはありますが、勝ち馬は比較的上位人気馬から出ているレースで、今回の上位5番人気の中では一番信頼が置けそうなので、ここからで。
 対抗はジェイケイセラヴィ。前走は一度ワンカラットを押さえて先頭に立つシーンがあるなど、ここに来て充実一途。父ミスプロ系×母父欧州型ノーザンダンサー系といかにもパワーがあるタイプで、中山芝<1101>は頷けるところ。内伸び寄りの馬場で外枠という点だけがネックですが、スッと2列目を取れるようなら問題ないでしょう。3番手はダッシャーゴーゴー。前走は北九州記念の大敗からしっかり巻き返して重賞制覇。好位の外から強気の競馬で押し切った内容は充実振りを感じさせるものでした。で、サクラバクシンオー産駒のスプリンターズS成績は<00110>と壊滅的ですが、しかし去年カノヤザクラが3着に来ていて、平地での成績もここ1、2年でよくなっている傾向が見られるので、もしそこで嫌われているようならむしろ買いでしょう。スタートさえ決めて2、3列目を取れればインからスルスルがあっても。△は去年の1、2、4着であるローレルゲレイロビービーガルダンアイルラヴァゲインと、逃げ残りを警戒してのウルトラファンタジーヘッドライナーまで。グリーンバーディーキンシャサノキセキサンカルロの差し勢は今の馬場状態だと来ても3着までか?と見ていて、今回は馬連しか買わないのでバッサリで。


 購入 馬連 08−15 500円  02−08 400円  08−04,05,07,09,12 各200円