読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

キリンチャレンジカップ2010 日本0−2韓国 雑感

 完敗でした。いろいろな面でリスクの高い戦いであったことは事前から散々言われていましたが、この程度しかできなかったのは、やっぱりショックを隠せません。この日は悪天候にもかかわらず埼玉スタジアムはほぼ満杯に膨れ上がり、しかも(マイクボリュームがどうだったかは分かりませんが)ファンの声援はこれまでにないほどの声量でした。少なくともあの場にいたファンは、青いユニフォームを纏った選手達を心から信じて応援していたと思います。しかし、とてもじゃないですけど、選手達が、そしてベンチが、さらに言えば(試合後の)協会トップがその信頼に応えた、応えようとしたとは思えません。
 この日岡田監督は長友を右に回し、左に今野を起用しました。これは、誰が見て守備寄りの起用で、おのずとこれまでの売りの1つであるSBのオーバーラップが控えめになるのは明らかでした。DFラインの設定がやや低めになることもそうで、実際にかなりリスクを回避したい意図が感じられるラインコントロールだった気がしています。しかし、中盤から前線の選手はこれまでと変わらないポジショニング、これまでと変わらないプレッシングでした。これではDFとMFのライン間ががら空きになり、相手が最もボールを持ちたいところ=日本が最もボールを持たせたくないところで容易に前を向かれてしまうチャンスを無条件であげているに等しく、実際に1失点目は選手の距離感が遠くて、遠藤のヘディングに対して(このヘディング自体残念なものでしたけど…)のフォローが遅れ、そこをパク・チソンに拾われてからの展開。その後も「守りたい」と「攻めたい」がここまでチグハグになるもんか、と思うほど間延びした日本がそこにいました。岡田監督が試合前にどういう指示を送ったかは分かりません。でも、このスタメンの顔ぶれにして「DFラインを低く設定する」ということにプライオリティーを置いていたならば、監督に言われなくとも長谷部、遠藤の両ボランチが自己の判断でラインを下げ、それに付随して残りの前線4選手もポジションを修正してコンパクトさを保つ「ふり」ぐらいしてくれないと。世界の潮流は「無い(少ない)スペースの中で何ができるか?」というところまで行っているなか、無条件でスペースを与えてしまうような守備をしていたんでは、勝てるものも勝てなくなるのは当たり前だと思うんですけどね。
 昨年のオランダ戦で得た小さくない手ごたえを元手に、岡田監督の戦術の輪郭がぼんやりと見えた時期は確かにありました。その戦い方と比較すれば確かに「ブレている」という類の誹りは免れないでしょうし、私も「今さら守備にシフトか…」という残念な気持ち、諦めきれない部分は感じています。しかし、「どうしたら勝ち点を奪えるか?」という点を冷静に考えた時、酸素濃度の薄い高地で果たしてあのハイプレスが有効打となり得るのか?という疑問も首をもたげるのも事実。ポゼッションで崩せていないこともそうですしね。であるならば、CL決勝でインテルが見せたような戦い方にシフトチェンジすることを私は否定しません。それこそ、個人的にはこの試合が終わった直後に

−−−−−−森本−−−−−−
岡崎−−−−憲剛−−−−矢野
        (遠藤)(本田)
−−−−稲本−−長谷部−−−
今野−−岩政−−田中−−長友
−−−−−−楢崎−−−−−−

 という形で、DF+ダブルボランチはグッとラインを下げ、岡崎と矢野には時間など考えずに攻守に奔走してもらい、人数をかけて奪ったら、確実に当てられそうなら人に、それ以外は手数をかけずにスペースにパスを送り続けて相手守備陣にラインブレイクに対する脅しであったり受け渡しのミスを誘うようなプレーをして最少得点差で勝つような戦い方にシフトしたらいいんじゃない?と本気で思ったくらい。でも、きっとそんなことはしないんでしょうし、けれど、オランダ戦で見せた理想・希望を今さら追い求められる状態でもないし………考えれば考えるほど、胸が苦しくなるのが現状なのかなと。


 まあ、先に書いたのはあくまでも一ファンの妄想なので気にしてもらわなくていいんですが、とにかく一丸となって戦いきった上でなお敗れたのなら、ファンは分かってくれるはずです。「あ、俺らやりきったけど、全然足りなかったんだな。仕方ない、また明日から頑張ろうぜ」って。でも、プロがプロとしての矜持を失い、任された仕事を全くできないままに敗れてしまうんでは、ファンはどこに悔しさをぶつけたらいいんでしょうか?私達は応援することしかできません。そして、私達の応援だけでどうにでもなるだなんて思ってもいません。しかし、おこがましい言い方をさせてもらえるなら、愛して止まないジャパンブルーをくすませてしまうようなことだけは絶対に許せません。納得できません。足掻いて、這いつくばって、倒され続けても起きあがって、まずは自分達が納得できるぐらいまでには戦ってくれよ、と。私は、その1点にだけ期待して本大会を待ちたいです。