読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

有馬記念 予想

競馬

 すっかり年に何度かしか踊らない競馬ファンとなりましたが、有馬記念だけは絶対に外せません。「祭り」ですから。で、明日は大阪・長居陸上競技場にJユースカップ決勝を見に行くために7時過ぎには家を出るので、今日のうちに予想をアップです。


中山10R 有馬記念(3歳上G1 芝2500m)
 ◎ 01.アンライバルド
 ○ 06.エアシェイディ
 ▲ 03.ミヤビランベリ
 △ 07.マツリダゴッホ
 △ 09.ドリームジャーニー
 × 02,12,13,14,15

 すごく悩みましたが、本命はアンライバルドで。実を言うと、第一印象は「ここ3走の結果だけ見れば、明らかにここでもスタミナ負けしそうだよなぁ」というものでした。ただ、よくよく見れば、巻き返しの可能性は十分ある、そして、ここ3走の敗戦で人気を落としているのはおいしいという風に見方が変わり、本命に抜擢です。
 巻き返せると見た要因として、まずは「中山替わり」。これは一目瞭然の話ですが、中山は2戦2勝。ものすごい切れ味がある分、使える距離はあまり長くない特徴が、中山とピッタリマッチングしているんでしょう。2勝の内容も、3、4コーナーで早めにマクリをかけながら上がり34秒台でしっかりまとめる強いものでしたから、このコース替わりは間違いなくプラスに働くでしょう。2つ目は「血統」。ここ5年の3着内15頭中、のべ7頭(ディープインパクトダイワメジャーが2回ずつあるので、実際は5頭)が欧州ノーザンダンサー系×サンデーサイレンス系。そのほかグレイソヴリン系が好走している点も踏まえれば、適度な切れ味と字面のスタミナが欲しいレースであるのが分かると思いますが、アンライバルドは父ネオユニヴァース×母父サドラーズウェルズで条件にピッタリ合致。さらに、今日の中山芝中距離2レースでも、ノーザンダンサー系を父か母父に持つ馬が3頭馬券になっているのも心強いところです。
 そして、3つ目が「前走の負け方」。アンライバルドというと「後方待機からの末脚一発」というレースばかりしてきましたが、前走はやや掛かり気味ではあったものの、5、6番手での競馬を見せました。結果は15着と大敗でしたが、「前向きに走ること」を経験できたのは大きいと見ていて、さらに、友道師曰く「この中間は妙に折り合いがついていて、却ってズブさが出てきているぐらい。普段の落ち着きも窺える」とのこと。そこに来て最内枠に入り、一発のあるデムーロJに乗り替わり。デムーロJは今週の追い切りに跨って感覚を得ているはずで、そういったもろもろの条件を踏まえて、今回も好位追走の手を取ってくると見ました。そうなれば、「4角5番手以内の馬しか勝負になってない」(芝5レース、3着内計15頭中14頭が4各5番手以内だった)馬場も味方して、という目もあると踏みました。最悪、内でいいポジションを取れるならば7番手ぐらいでもいいですけどね。ジャパンカップをパスしたローテもいいですし、冒頭に書いたとおり8番人気と一気の人気落ち。「忘れられたクラシックホース」が目を覚ます、そんなシナリオに期待です。


 対抗はエアシェイディ。今年も昨年とほぼ変わらない走り、成績を残していて、昨年は同じ枠で10番人気3着と好走しているにもかかわらず、前日オッズはなんと12番人気。馬連ベースではもう少し上かもしれませんが、この人気はない。また、非根幹距離だけに「一度ならず二度までも」という馬が多く、ここ5年で4頭のリピーターがいて(03,04年のゼンノロブロイ、05,06年のディープインパクト、06,07年のダイワメジャー、07,08年のダイワスカーレット)、「目に見える衰えはない」と判断した以上、ここで買わない手はないでしょう。唯一懸念していたのが「秋天→JCと来て、体調がどうか?」という点でしたが、最終追いを見た感じ、調子が落ちているようには見えませんでしたし、陣営からも「最近では一番」という声があり、不安ナシと判断しました。さすがに前に行ってこその馬場になっているため本命にはしませんでしたが、限りなく本命に近い対抗、と思っていただいて構いません。
 3番手はミヤビランベリ。始めは本命にしようかと思っていました。逃げにこだわらなくなった事でいろんな面で幅が広がり、今年は東京で重賞2勝。2500mも3戦3勝で、元々の資質は小回り専用なので中山に替わるのがプラスになるでしょうし、父オペラハウスってのもいかにもな感じでしたから。ただ、冷静に見直すと、東京2500m、中京2500mと中山2500mでは求められる資質というか適正が微妙にズレるので、2500m3戦3勝を鵜呑みにはしづらく、年始の中山金杯で粘りきれなかった、そして2走前の札幌記念で為す術なく敗れたことから、「洋芝がどうなん?」という疑念もわき、かつ、父オペラハウスはともかく、母父がホリスキーで同じ欧州ノーザンダンサー系となり、サンデー系やグレイソヴリン系の持つ「切れ」を飽和していない点がマイナスに写ったため、3番手まで落としました。まだ、この面子の中では吉田隼人、という字面も(頑張って欲しいですけど)弱いですし。△2頭、マツリダゴッホドリームジャーニーは取り立ててマイナスになる条件もなく、人気通りの評価でいいかなと。ただ、オールカマーのような結果(=この2頭の1、2着)はないと見て、互いに△止まりにしました。×は3連複のヒモで。当初はブエナビスタセイウンワンダーも買わないつもりでしたが、ブエナビスタはやっぱりノリさんが怖くて、セイウンワンダーはなんやかんや言ってまた3着、というオチを拾って押さえます。
 馬券は、思ったよりオッズがついているので、◎、○の単複メインで、あとはなんかいろいろ買います。金額は、年に一度のお祭りということでw


買い目 単複 01,06 単500円、複2000円をベースに、オッズを見て現地で判断
      馬連BOX 01,03,06 各500円(3点)
      馬連F 01,03,06−07,09 各300円(9点)
      3連複F 01,03,06−01,03,06,07,09−01,02,03,06,07,09,12,13,14,15 各100円(55点?)
       →当日もう少し買い目を減らすかも



P.S 中山最終も買おうと思ってますが、ねらい目は02.ポールアックス。今日1200〜1600mで来まくっていたミスプロ系で、3走前に小回りコース(福島)を早めのマクリで勝っていて、ブリンカーを外して前向きさがいい方向に出れば面白いかなと。調教ではレッドシューター(今日の阪神準オープンで確か2着)をあおる勢いだったみたいですし。