続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

スポーツナビ|試合速報/詳報|香港 対 日本−アジアカップ最終予選

 サカつくやりながら薄く見てました(笑) まあ、順当勝ちすぎて特に言うこともないんですが(苦笑)、1つ確かなのは、「大久保の立場は厳しくなった」点かなと。2トップの1角として見ても「岡崎>森本≧玉田>寿人≧前田>来季のJ前半戦で突き抜けた選手≧大久保」という序列でいいと思いますし、4−2−3−1のサイドハーフとして見ても、憲剛やナオが使えるようだと、その2人を上回るだけのパフォーマンス、説得力を示せていませんから。
 で、仮定の話しすぎて鬼が大爆笑するかと思いますが、今23人を選べと言われれば、私はこんなチョイス。

GK…楢崎、川島、山岸(西川)(権田)
DF…闘莉王、中澤、内田、長友、岩政、岩下(森重)、徳永、今野
MF…遠藤、長谷部、中村俊、中村憲、稲本、石川、香川
FW…岡崎、森本、玉田、寿人、前田(平山)

 第3GKに山岸を抜擢。あくまで個人的な目線ですけど「山岸>都築」という見方をしていて、都築が代表に呼ばれるのに何で山岸は…とずっと思っていまして。なんというか、「爆発力」みたいなのは都築の方が上でしょうけど、裏返せば「不発の危険性」もそれだけ高いわけで。山岸は都築とトータルのレベルが変わらない中で、その実力をアベレージとして出せる力に長けている印象で、であるならば…というお話。第3GKは「経験のある選手を入れて一体感を生ませる」か「思い切って若手を入れて、世界を肌で経験させる」のどちらかになるんでしょうから、前者であれば山岸、後者であれば20代前半でクラブの守護神になっている西川や権田というチョイスになるかと。
 DFはこうせざるを得ないでしょう、特にCBのバックアッパーの部分は。もう岡田監督に「試す」意思はほとんどなくて、いくら外野が無責任に誰かを…と考えたところで、こっからバックアッパー足りえるところまでフィットさせることすら難しい状況なわけですから。それでも…というなら枠で、森重や岩下といった「ある程度フィードが上手い」CBを入れておきたいですね。SBは右内田or徳永、左長友or今野(CB、ボランチのバックアップも兼ねる)でいいでしょう。駒野は他のポジションとの兼ね合いで、あえなく落選。
 MFも現有戦力しか選びようがないなぁ。谷口、米本、小川、柏木、高柳、乾など連れていきたい若手・中堅どころは結構いますが、全く試せていない以上は厳しいかなぁ…と。しかし、香川をお忘れではございませんでしょうか?このところはC大阪での胸突き八丁な戦いであったり怪我であったりで召集されず、巷では忘れ去れた感じもありますが(これは言い過ぎか(苦笑))、一時期「ジョーカーと言えば香川!」ぐらいまで言われてましたよね。本田が(少なくとも岡田監督の下では)イマイチはじけ切れていないことを考えれば、香川がもう一丁代表で脚光を浴びるシーンがあってもいいのかなと。まずは怪我を治して、どこに腰を落ち着けるのかハッキリさせてからですけどね。
 FWは、私は2トップ派なので5枚。岡崎の1トップだなんて(岡崎が悪いわけではないけど)無理だろ〜、と思ってるので。で、基本的にはスペースへ動けるタイプの選手がメインですが、やはり前田か平山は入れておきたいなぁ。彼らはただのポストワーカータイプではなく、スペースを見つけて飛び出せる力もあるので。


 …結局、現実を踏まえた理想を挙げたら、岡田監督とあまり代わり映えしなかった。「またお前らかよ〜」って文句を言ってた割にはね(苦笑)