読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

スポーツナビ|その他|コラム|女王ウオッカ秋の盾2連覇へ、G1 7勝目へ=天皇賞・秋 展望

 滅茶苦茶いいメンバーが揃いましたねぇ。明日は昼前から出かけてしまい、生で見れないのが残念なくらいです。もちろん、馬券も買わない予定ですが、印をつけるならこんな感じかな。


◎ 07.ウオッカ
○ 12.ドリームジャーニー
▲ 18.エアシェイディ
△ 03.カンパニー、08.キャプテントゥーレ、10.シンゲン、13.マツリダゴッホ


 大崩れがない、という意味で本命はウオッカ。もう取り立てて書くようなこともなく、焦点はただ一つ「(牝馬では初の)七冠馬誕生なるか」ですかね。対抗のドリームジャーニーは、しっかりちゃんと見ているわけではありませんが、例年の東京に比べて、今開催は逃げ・先行馬がかなり苦戦しているという印象があって、であるならば、後ろからの末脚に賭けるこの馬にとって好都合な馬場なのかなと。去年のような馬場なら、それこそ4着だったカンパニーのような競馬しか想像できなかったので。3番手のエアシェイディは、もはやこのメンバーだとワンパンチどころかツーパンチ足りない気もしますけど、去年のこのレース5着で今年も大崩れはしておらず、大外枠からでやること(=脚を溜めての直線勝負)がハッキリしているのであれば、一発かますキャラクターでもある鞍上も加味して狙ってみたい1頭。あとは必ずいい勝負はするカンパニー、東京得意のシンゲン、前でスイスイ行かせたらうるさそうなキャプテントゥーレマツリダゴッホまでかなと。