続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

Jリーグディビジョン1 第29節 東京4−0柏 レビュー

 試合そのものは快勝だったと思います。が、前半終了間際の赤嶺のゴールがなかったら、全く分からなかったでしょうね。
 下のプレビューで、エルゴラから「ネルシーニョプラン」をあぶりだして書いたわけですけど、実際は大ハズレ。プレスバックして3ラインをコンパクトに保ち、ボックスボランチのパス回しには積極的に来ずに、SBに入ったときや楔のパスに対して強く当たって、そこで奪えれば菅沼を中心に裏にドンドン走らせてロングボールが合えばチャンスに…という、完璧なノーリスクサッカーを展開してきました。まあ、下のプレビューの裏には「こういう守り方をされる方が嫌だなぁ」と思いはあって、それをしっかりと見せれたからには、さすがにネルシーニョも馬鹿ではなかったなと謝らなければ。ぺこり〜。
 だからと言って、東京が何もできなかったわけではなく、神出鬼没なナオの動きを中心にチャンスは作れていました。しかし、菅野のスーパーセーブを始めとした我慢の守備にゴールをこじ開けられず、逆に裏への飛び出しに対して椋原やブルーノの対応がぎこちなくて、主に右サイドからピンチを招くシーンがあって、このまま後半に入るとうちに焦りが生まれてさらに不安が…と思って見ていたので、ホント赤嶺のゴールには救われました。梶山のパススピードも羽生さんのトラップも考えうる最高のプレーではありましたけど、あそこでワンタッチで打とうというアイデア・感性を見せ付けた赤嶺には、ホント参りました。菅野も想定しうるプレーだったかもしれませんけど、絶対に読みの1番目のプレーではなかったはず。コンマ何秒か反応遅れてますしね。
 そして後半。ウチが特別何かが凄かったとは思いません。むしろ、2点目はサイドからのチャレンジと球際の粘りが生んだものでしたが、3、4点目は柏の守備の拙さにも助けられてのものだったかと。あれだけ中盤で前を向かれる、人を離してしまってはねぇ…。そして、攻撃に行く時に両SHが高い位置を取って4−2−4みたいな形になること自体は否定しませんけど、その際のリスクヘッジが甘かったんでしょう。おかげで守備の1歩目が遅れて、ズルズルと後手を踏む守りしかできていなかったような印象を受けました。3点目なんかまさにそんな感じですし、4点目もクイックリスタートに対してだれも反応してないんですから。反撃も単発で、フランサのいない前線からはクリエイティブさが感じられず、点を取られる空気も全くなかったですし。というわけで、快勝、完勝と言っていいと思います。


 って、ここで話を終えられたら最高なんですが、やっぱり触れざるを得ないのがナオの怪我。帰ってきてスローを見る限り、ナオとしては羽生さんからのパスを信じて走り出し、マーカーの近藤を振り切った時点である程度イメージは出来ていたと思います(私は、右足インサイドで「ゴールにパス」する感じのシュートをイメージしました)。しかし、右から大谷がカバーに走ってきて、ナオもそれを横目に捉えて、そこから再度イメージを瞬時に作り変えて生まれたプレーが、あのチップキックだったんじゃないかと。そのプレー自体は完璧で、アンダープレッシャーの中ながら繊細なボールタッチで菅野の頭上を越えていき、ボールはゴールに吸い込まれました。ただ、結果的にあのような着地に…。まあ、私は完全な不可抗力で、ナオの所作にも大谷のプレーにも落ち度はなかったと見ていますが、見方によっては大谷のチャレンジはちょっと無謀(バックかつアフターチャージ)だったとも言えると思います。でも、大谷を責め立てるのは違うんじゃないかと。
 あの瞬間のスタジアムは、ホントに異様でした。マックスボルテージから一瞬でミュートしたあの瞬間の雰囲気は、ほんの僅か前に訪れた歓喜も、「あと、ナオが取れば前線4人揃い踏みだね」という欲求に対する満点回答も、(この時点までで)4−0という完璧なゲームを見せてくれたことに対する幸福も、すべてを忘れさせるには十分すぎました。名古屋でモニがピクリとも動かなくなり担架で運ばれたシーンを見たばっかりだったのに、またこんなに辛いシーンを目の当たりにしないといけないだなんて…。
 ナオは、何度も拳を地面に叩きつけていました。それが何を意味するかは分かりませんけど、もし、もしですよ、自身の感覚としてあの時の大怪我と同じ痛みを感じ、それに対するやるせない思いがぶつけられていたといたら…いやいやいやいや、そんな縁起でもない事言うべきではないですね。今は、少しでも軽症であることを祈るばかりです。しかしモニといい長友といい、清水、川崎、浦和と続く胸突き八丁なこのときにこんなにも厳しい試練を与えるだなんて、サッカーの神様もつれないですよ。


P.S 城福監督は途中で出てきた3人に対して相当な、直接的な怒りをぶつけたようですが、そこには触れません。凄く大事なことを言ったと思うんですけど、今日はそこまでの気力がない…。