続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

たまには真面目に

 エルゴラ読んで、たまには真面目にプレビュー。


 「ネルシーニョプラン」みたいなのが書いてて、その中に「ボールの出どころを抑える」と言うのがあって、山根が「梶山を止められるかどうかがポイント」と言ってるらしい。場合によっては、相手のボランチとFWでうちの梶山・ヨネをサンドしにくるかもってさ。もちろんそこで奪われた後の菅沼やポポのスピードは怖いけど、はっきり言えば「それやってくれたらありがたい」というのが第一印象ですな。
 理由としては、1つ目がいまや梶山もヨネも、ちょっとやそっとのサンドじゃ奪われないと推測できる点。梶山は「一人を背負って、もう1人を前でいなす」形、ヨネは「寄せられないところへボールを落とす」形と手法は違うものの、2人ともシーズンが深まるごとにボールキープ力が際立ってきてますからね。杉山と北嶋にサンドされたら辛い局面もありそうだけど、クリぐらいじゃ屁のツッパリにもならんですよ、きっと。
 2点目は1点目が成立することが前提だけど、数的不利の局面を崩せれば、必ずどこかがフリーor数的有利になり、梶山もヨネもそこを見つけられるだけの視野を持ってることも踏まえて、守備のギャップを存分に使えそうな点。特にサイドは黙っててもフリーor数的有利になるはずで、菅沼、ポポのポジションが高ければナオと羽生を、低ければ椋原とトクを使って相手の守備をさらにずらして、そこから平山をうまく駆使しながら赤嶺がゴールを狙う形が生まれたら、最高やね。あ、また平山に小林祐三を背負わせて、ゴリッと抜いてもらっても全然構いませんけど。


 と、真面目に2点挙げてみましたけど、なんか勝手にナオを意識してそこに守備が吸い寄せられ、労せず瞬間的なフリーが生まれ続ける気もしてますけど。杉山と栗澤がちょっとでもポジショニングを間違えたら、そこを平山も梶山もヨネも羽生もガッツリ狙ってくれるだろうからさ。まあ、何が言いたいかといいますと、リスペクトは欠かさないけど、「負ける気がしねぇ」の一言ですけどね。大津も古賀もパク・ドンヒョクもいない柏になんぞ、負けるわけにはいかんのだよ。