読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

【ロッテ】西岡にブーイングと剛コール−野球ニュース:nikkannsports.com

野球

 私はロッテファンで、ライトスタンドのけたたましい応援も大好きな人間ですけど、今回に関しては全面的に西岡を支持ですね。ちょっと言葉が汚くなるかも知れないので、畳みます。
 何て言ったらいいんでしょうか、批判や野次、ブーイングにも、いや、批判や野次、ブーイングだからこそ「センス」って問われると思うんですよ。そもそも論、どうしようもないクソミソな怒りがあるんなら、一個人として球団に直接連絡して思いの丈をぶつければいい(=わざわざ目立つところでやる必要はない)と思っていまして、直接ないしマスコミを通して不特定多数の人が見る場所でそういう思いを吐き出す(=あえて不特定多数の前でやる意義を持たせたい)なら、如何に「怒りの大きさを、大多数の人が引かない程度の表現で表せるか」が勝負だと思っているんですよ。ただ罵詈雑言並べ立てて…というだけの弾幕ゲーフラなら「家で1人でオナってろ!」という話ですし、この間大分ファンが多数の弾幕を並べ立てた中で言えば、「素直に応援できません」とか「こんな大分に誰がした!?」ぐらいで終わっておけばいいものの、「溝畑サッサと辞めろ」とか「毛もナシ、義理もナシ、見る目もナシ」とかまでいっちゃうと、個人的にはナシかなと思っちゃうわけです。まあ、なんだかまとまらない感じになりそうなので無理やりまとめますけど、要は(繰り返しになりますけど)批判や野次にもセンスは必要だし、節度も大事だってこと。そういった理由で、今回の一部ファンの「行為」には全く賛同できないということです。
 でも、その「思い」は分からないではありませんよ。いろいろと首を傾げたくなる行動をフロントが取っているのもまた事実ですから。でも、「愛してるから」って理由で何してもいいわけじゃないと思うし、当の本人である西岡がこんなにも真摯なエントリを出したんだから解ってあげようぜ。もっと言えば、あえて不特定多数の人の目の前で、しっかりと言葉を選んで、しかし、自分の思いが少しも色褪せない形で出た「センスある批判」への答えが、「二日酔いで試合をさぼり夢を語るスーパスター」「祝110本安打達成(笑)」「よっ偽善者(笑)」って…


お 前 ら の 完 敗 だ よ !


 でも、「西岡剛の正直しんどい」だけは、ちとワロタ。