続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

J’s GOAL|J’s GOALニュース|【J1:第14節 柏vsF東京】プレビュー:カップ戦で自信を取り戻した柏がF東京を迎え撃つ。好調同士の激突は好ゲームの予感漂う

 ようやくのリーグ戦再開。勝手に「連勝して星を五分に戻そう!月間」と銘打って、明日の柏、来週の清水戦は勝ちだけを望みたいところです。以下プレビューしますが、あまりに希望的観測な感じになると思うので、畳みます(笑)
 代表の2人も戻ってきて、羽生さんもキレのある動きを戻しているようで、ますますメンバーの選考については嬉しい悲鳴を上げる状況にあるようで。エルゴラの予想スタメンでは平松、椋原、田邉が抜け、今野、長友、羽生がカムバックするという感じでしたが、個人的には代表の2人は休んでもいいかな?と思ってます。
理由はこのあと書くとして、まずはメンバー。こんな感じを希望。

――――カボ――平山――――
羽生――――――――――石川
――――梶山――米本――――
徳永――ブル――平松――椋原
――――――権田――――――
SUB:塩田、藤山、浅利、田邉、鈴木、赤嶺

 休ませて欲しい理由は、「1に疲労2に疲労、3・4がなくて、5に観察」。疲労については、城福監督も(スタメンで使いたいことを前提に、ではあるけど)「しっかり休め」ということを言ってますし、やはりW杯出場権がかかった1ヶ月近い代表召集は、相当しんどいと思いますよ。冬のオーストラリアから夏の日本に帰ってきて中2日、ってのもキツいですし。そして観察についてですが、チームを離れている間に戦い方の面で何か変化があったのかどうかをあえてグランド外から客観的に見てもらうことで、あらためて「FC東京の今野・長友」がどうあるべきかを整理して欲しいという希望。いろんな意味で試合を見ることで切り替えができる部分もあるはずなので。
 さらに言えば、個人的な見方ですけど、椋原、平松が「使えるレベル」に達してきた点を挙げたいところ。平松についてはビルドアップの面でまだ不安定な部分はありますが(なので、柏のハイプレスにやられる不安はある)、縦のロングボールに対しての競り合いや広範囲なカバーリングといった面は、開幕直後にスタメン抜擢されるも一敗地に塗れたあの頃とは雲泥の差。また、ナビスコで3試合こなしたことで、ブルーノとの連携面も問題ないレベルになったと思いますし、3月にリーグ戦で味わった屈辱を、今リーグ戦で返させる機会を与えてあげてもいいのかなと。そして、椋原。単純に守備能力だけ考えれば、長友より上じゃねぇの?と言ってもバカにされないレベルにまで成長し、攻撃面も派手さやアップダウンの回数こそ長友に劣るものの、上がってボールがくれば、きっちり仕事をしてくれるようになってきたかと(クロスを上げきらずに奪われる、というシーンが少ない)。柏の両サイドハーフ(左・菅沼、右・大田の予想)は縦への強さがウリで、ここで主導権を握られると苦しい点を考えると、椋原を菅沼にぶつける選択があっておかしくないと思いますけどね。もっと言えば、もしここで平松や椋原が効果的なプレーをしてくれれば、今野や長友も「ウカウカしてらんねぇぞ」と、いい意味で緊張感が生まれるでしょうし。
 攻撃面も少し。田邉を引き続きみたいという気持ちもありますが、やはり羽生さんが使えるならスタメンは羽生さんでしょう。連敗していた頃の柏は、サイドにしろ中央にしろ、相手をふっとフリーにしてしまうケースが非常に多く、その点で言えば、スペースを見つける術に長けた羽生さんは嫌な存在になるはず。一皮向けたナオと連携して、細かいポジションチェンジや縦へのチャレンジを続けてやれれば、無得点で終わることはないかなぁと。羽生さんには頭からフルスロットルで動いてもらって、時間を見計らって全くタイプの違う田邉って交代も、大いにアリですしね。加えてカボレもようやくのお目覚め、平山も1試合休んで体調バッチシでしょうし。
 柏も調子を取り戻している+絶対ホームの日立台ということで、もちろん油断は1%たりとも禁物ですけど、清水戦同様「普通に勝っちゃった」という感想を言えるような試合になることを期待しましょう!現地組の方に魂を飛ばしつつ、私は自宅でスカパー!観戦です(チケットもう無いよね?)。


P.S 明日は7/18大宮戦@NACK5のチケット発売日か。埼スタ日立台と完敗を喫しているだけに、できれば取りたいもんだけど…って、やる気がこの程度の人間が席埋めたらアカンか(苦笑)