続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

J1第4節&J2第6節 結果斜め読み

J1第4節 結果
J2第6節 結果


 今節はJ2のベルディ−仙台戦を味スタに見に行った以外は試合を見ていないのでサラッと。
 新潟が2−1で横浜FMを振り切って首位キープ。ハイライトで見る限りチャンスの数自体は互角だったようなので、新潟の流れの良さが目立つ格好になったかと。逆に横浜FMは清水がアキレス腱完全断裂で離脱したり、1失点目の榎本のミス(と言うには可哀想ですが)だったりと、流れの悪い状態。それを何で打破するのか、木村監督の手腕が問われる局面です。
 そのほか目立つところでは、川崎、清水が今季初勝利を挙げる一方、4戦連続引き分けの柏、前述の横浜FM、それに千葉と磐田が依然勝ち星なしの状況。特に千葉と磐田は問題の質は違えど得点力に課題を残しているようで、今は守備陣がどこまで耐えられるかといったところでしょうか。


 J2は観戦に行ったベルディ1−3仙台から。立ち上がりから仙台ペースで、なぜベルディが先制できた!?というぐらいの展開でしたが、終わってみればスコア同様力の差は結構あったなぁと。仙台は崩すところまではできているので、あとは中島、平瀬らFW陣がどれだけ決められるかですね。しかし、今のウチにとってお手本のようなボックス型の4−4−2でしたよ、仙台は。梶山には、斉藤ぐらいシンプルかつ効果的なプレーをもっと期待したいな。一方のベルディは、土屋、河野という攻守のキーマンがともに長期離脱中(土屋は4月いっぱい、河野は5月中ごろまでダメらしい)で、落ち着き所がなかったなぁと。やろうとする形はそれなりに見られるんですけど、やり切れるだけの浸透度とマンパワーがまだないですしね。ベルディ自体はどうでもいいんですが、高木監督には是非ともやってもらいたいと思っているので、どう作っていくのかは今後も見ていきたいところです。
 その他では、C大阪甲府と引き分け、湘南が鳥栖との打ち合いに敗れた事で、全勝のチームが姿を消しました。そして、この後4/15〜5/9まで中2or3日での7連戦が始まります。ここでチーム全体の力が問われて、ある程度ファースト、セカンド、サードグループまで色をつけられるようになるんじゃないかと。水戸、愛媛、徳島がどれだけくらいつけるかが見所ですかね。