続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

フィリーズレビュー 予想

 ◎ 13.エイシンパンサー
 ○ 15.エイムアットビップ
 ▲ 10.ラベ(A○)
 △ 01.ベストオブミー 02.マチカネハヤテ(B○) 03.レジネッタ(C+○)

 本番では1円もいらないと思いますが、ここでは(ここだからこそ)買いたいのが本命のエイシンパンサー。過去のフィリーズRの傾向を見ると、血統面では「サンデー系は不振*1」「ミスプロ系中心にダート血統や1400mにしては重めの血が強い」という2点が、キャリア面では「勝ち負け問わずマイル以上の経験が必要(ここ3年の3着内で唯一の例外はダイワパッション。)。」「穴目はダート勝ちのある馬」という点が見て取れます。で、エイシンパンサーは見事なまでに全てに該当。父コロナドズクエストミスプロ系)×母父メジロライアンノーザンテースト)でマイルの経験もあり、前走の勝利を含めここ3走ダートで好走しています。もちろん元々は芝での快速ぶりを評価されていた馬で芝替わりも問題ないですし、折り合いに進境が見られる今なら好位でじっくりいけるはず。更新時点で単勝は10倍台と思いのほか人気が無く、ここから攻めてみたいと思います。対抗はエイムアットビップ。前に行くのか後ろで溜めるのか。賞金的に桜花賞の出走は問題なく、ここがトライアルということを考えれば溜める競馬を覚えさせたい=後方待機を選択する気はするんですが、正直このメンバーならどっちにしたって勝ち負けは必至でしょう。父アグネスデジタルミスプロ系)で差し当たっての死角も無く、これ以下の評価には出来ません。3番手はラベ。前走は初のマイル戦も全く問題なかったですし、ダンスのチョビ短縮はプラス材料。母父Miswakiミスプロ系)ですし内で揉まれる心配もないので、しっかり走ってくれるでしょう。後は強いダート勝ちのあるベストオブミー、単純なスピード勝負ならこのメンバーでも引けを取らないマチカネハヤテ、前走は案外も阪神JFはよく走っていたレジネッタまで。人気のエーソングフォーペプチドルビーはマイルの経験が無く、これまで以上にスタミナを問われる展開になれば伸びを欠くと見て消し。

 購入 単勝 13 2,000円  馬連 13−15 1,100円 13−10 500円 13−01,02,03 各200円
     3連単F 13→10,15→01,02,03,10,15 各100円

*1:サンデー直仔はそこそこきてましたが、サンデー系は去年のハギノルチェーレ(ダンス産駒)1頭のみ。