続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

今日の予想

 さて、今日の予想です。今日は砂の3歳王者決定戦、ユニコーンSです。


東京11R ユニコーンS(3歳限定G3 ダート1600m)
 ◎ 08.フェラーリピサ
 ○ 06.ロングプライド
 △ 05.ドラゴンファイヤー 11.ナムラジョンブル 03.エスケーカントリー 15.ビードラスティック

 まず思ったのが、シャドウストライプが思ったほどオッズを吸い取っていないということ。「ダート重賞で振るわないバクシンオー産駒」という点で嫌われているんでしょうか?まあ、かく言う私もバッサリ。先の理由もそうですが、ダート1600m以上の経験がないのはかなり嫌ですから。
 で、そうなると本命候補はOPクラスで勝ち鞍のあるフェラーリピサロングプライドのどちらかから選びたいところ。上に取ったのはフェラーリピサ。同条件のヒヤシンスSは、不良馬場で後続を突き放して最後流しながらも1分35秒9という素晴らしいタイム。前走もスタートで大出遅れをかましながら、最後は逆に2着をコンマ5秒突き放すというえらい競馬。スピードが強調されるれーすになろうが、スタミナが強調されるレースになろうが、きちっと対応してくれると見ます。
 ロングプライドも取り立ててケチをつけるところはありません。ただ、テン乗りになる武豊がこの馬の持ち味である「早めに捲って行く競馬」「手応えなさそうなのに伸びる末脚」を十分に生かした競馬が出来るのかが不安なので、対抗としました。河北Jで良かったと思うんですけどねぇ…。押さえは東京マイルで2勝していて、前走楽勝だったドラゴンファイヤー、ここ2走は大いに評価してよく、前に行く馬の中からならこの馬というナムラジョンブル、半年振りはさすがに不安ですが、なかなか濃いメンバーだった前走を勝ちきっている*1エスケーカントリー(これ最大の穴馬かと)、前走の勝ちタイムが昇竜Sより早かったビードラスティックまで。
 最初に述べた通りシャドウストライプはバッサリ。さらに、過去5年で前走芝組が馬券に絡んだ4頭全ての父はバリバリのダート馬で、今回のトーホウレーサーマイネルレーニアグレイトフルタイムコマンドールクロスあたりはピッタリこないので、全てバッサリで。ロードクルーザーだけはボストンハーバーなので見直せますが、ダート1400mすら経験がないのはさすがに買えません。これに来られたら、泣くわ。

 買い目 3連複2頭軸 06−08−03 05 11 15 各1,000円
      3連単1着付け 08→03 05 08 11 15 300円

*1:同レースで、その後同クラス以上で好走したのが、ピサノデイラニ(500万勝ち、ヒヤシンスS2着)、ラインストーム(500万勝ち、ヒヤシンスS3着)、ジャドール(先週500万勝ち)、アクセルホッパー(500万で2着2回)など。