続々々・メガネのつぶやき

主にFC東京、サッカー、当たらない競馬予想の3本立て。思ったことを、思ったなりに、思っただけ。

エリザベス女王杯(G1)

◎ 16.ヴィブロス ○ 05.モズカッチャン ▲ 03.トーセンビクトリー ☆ 15.マキシマムドパリ △ 04,06,07,10,11,12,13,17 続いてエリザベス女王杯。G1もなんとか当てたいものですが。 本命はヴィブロス。まあ、普通に一番強いでしょうと(苦笑) 前走はいかにも…

福島記念(G3)

◎ 16.サンマルティン ○ 14.マサハヤドリーム ▲ 09.ジョルジュサンク ☆ 02.ベルーフ △ 13.スズカデヴィアス △ 15.フルーキー △ 04.ショウナンバッハ △ 01.プリメラアスール ブログで予想再開後、昨日ようやくデイリー杯2歳Sで当たりました(涙)さて、なん…

17年Jリーグ観た記 其の57 J2 長崎-讃岐

デーゲームの結果により、ここで勝利すれば2位=J1自動昇格が決まることとなった長崎。対するは、勝ち点3=残留確定となる讃岐。22,000人を超えるファン・サポーターを飲み込んだトランスコスモススタジアムで、大きなものを手にしたのは。

デイリー杯2歳S(G2)

◎ 03.ジャンダルム ○ 02.フロンティア ▲ 05.ケイアイノーテック ☆ 08.カツジ △ 01.ロードイヒラニ △ 04.メガリージョン △ 06.ヒシコスマー 本命はジャンダルム。新馬戦は位置取りの良さで上がり勝負を制した格好ですが、ほぼ鞍上に追われずに上がり33.7秒は…

武蔵野S(G3)

◎ 06.サンライズノヴァ ○ 12.ベストウォーリア ▲ 13.インカンテーション ☆ 08.ノンコノユメ △ 16.カフジテイク △ 14.モーニン △ 02.ゴールデンバローズ △ 05.メイショウウタゲ 本命はサンライズノヴァ。前走は休み明けかつ初の1400mに戸惑ったのか、直線入り…

みやこS(G3)

◎ 14.タムロミラクル ○ 15.エピカリス ▲ 16.テイエムジンソク ☆ 06.タガノディグオ △ 01.モルトベーネ △ 05.アスカノロマン △ 04.トップディーヴォ △ 12.キングズガード 続いてみやこS。本命はタムロミラクル。昨年は準オープン勝ちからの挑戦で9着に終わ…

アルゼンチン共和国杯(G2)

◎ 03.デニムアンドルビー ○ 01.セダブリランテス ▲ 04.スワーヴリチャード △ 11.アルバート △ 07.ソールインパクト △ 08.カレンミロティック △ 13.ハッピーモーメント △ 14.レコンダイト 日曜日はお仕事なので、土曜日のうちに。まずはアルゼンチン共和国杯…

京王杯2歳S(G2)

◎ 04.ニシノウララ ○ 05.タイセイプライド ▲ 01.タワーオブロンドン ☆ 08.アサクサゲンキ △ 09.エントシャイデン △ 02.トーセンアンバー △ 06.カシアス 本命はニシノウララ。当レースで好走している馬を見ると、前走1600m以上で、かつ先行していた馬が距離短…

ファンタジーS(G3)

◎ 05.アルモニカ ○ 10.アマルフィコースト ▲ 08.コーディエライト ☆ 13.ボウルズ △ 09.ベルーガ △ 06.スズカフェラリー △ 01.ペイシャルアス △ 11.アーデルワイゼ 今週G1はお休み。その代わり、JRAは3日間開催で、地方はJBCデー。それなりの金額で…

17年Jリーグ観た記 其の56 J3 G大阪U23-北九州

久々のJ3観た記(某氏からのリクエスト)。前節、ゴールレスドローながらようやく連敗を止めたG大阪U23。対するは、1年でのJ2復帰が夢と散った北九州。マンデーナイトマッチで勝利を掴んだのは。

天皇賞・秋(G1)

◎ 08.レインボーライン ○ 09.ソウルスターリング ▲ 13.グレーターロンドン △ 1,2,3,4,5,7,12,14,15,18 先週の天候もなかなかでしたが、本日の府中も朝から大雨。気象庁HPによると本日13:40までの府中市降雨量は53.5ミリを数え、もちろんこれを書いている今…

17年Jリーグ観た記 其の55 J2 大分-千葉

ともに直近3試合で負け無し、ともに昇格プレーオフ圏内に手が届く位置につけている大分、千葉。大分はリーグホーム戦で千葉に勝利したことがなく、対戦成績も圧倒的に千葉優勢。そんなデータを覆して大分が勝ち点3を手にしたのか、それとも千葉が相性の良…

17年Jリーグ観た記 其の54 J2 東京V-福岡

8月には13位まで沈んでいた東京V。しかし、そこから怒涛の巻き返しを見せ、目下4連勝中で5位まで浮上。ホームに迎えるは、勝ち点差5で2位につける福岡。残り4試合、J1自動昇格へ向けて勝ち点を積み重ねられたのは。

スワンS(G2)

◎ 15.ダノンメジャー ○ 03.サングレーザー ▲ 07.キャンベルジュニア △ 02.レッツゴードンキ △ 17.ミスエルテ △ 10.トーセンデューク △ 11.セイウンコウセイ △ 18.カラクレナイ △ 06.ジューヌエコール 本命はダノンメジャー。過去5年の連対馬10頭中、複数…

ファンタジーS(G3)

◎ 12.シスターフラッグ ○ 05.ダノングレース ▲ 14.トーセンブレス △ 13.ラッキーライラック △ 02.ラテュロス △ 03.ミスマンマミーア △ 07.ウラヌスチャーム △ 08.トロワゼトワル △ 09.スカーレットカラー 今週も明日は仕事なので、これは日付変わって0:3…

17年Jリーグ観た記 其の53 J1 浦和-G大阪

ACLでついに決勝までたどり着いた浦和。しかし、来季のACL圏内はまだ遠く、過密日程の中ではあるが勝利が是が非でも欲しいホームゲーム。今季の無冠が決まり、いささかモチベーションを落とし気味のG大阪を相手に勝ち点3を奪えたか。

17年Jリーグ観た記 其の52 J2 長崎-名古屋

J1同様佳境を迎えるJ2。自動昇格2枠のうち、首位湘南はほぼ決定。残り1枠を争う3位長崎、4位名古屋の直接対決。12,000人を超えるファン・サポーターを集めたトランスコスモススタジアムで、J1へ近づいたのはどちらか。

17年Jリーグ観た記 其の51 J1 横浜FM-鹿島

優勝の可能性はまだ残しつつも、現実的にはACL圏内を目指して勝ち点を積み重ねていきたい横浜。ホームに迎えるは、川崎の力強い足音を背後に聞きつつも、首位をひた走る鹿島。台風近づく雨の日産スタジアムで勝利を得たのは。 なお、この回からMWP(そ…

菊花賞(G1)

◎ 15.ダンビュライト ○ 06.マイネルブンシュ ▲ 14.ポポカテペトル ☆ 03.スティッフェリオ △ 13.キセキ △ 12.ミッキースワロー △ 11.サトノクロニクル 台風の影響により極悪馬場になることはほぼ確定。近年まれに見る混戦メンバーですが、そうした馬場で上積…

富士S(G3)

◎ 01.サトノアレス ○ 11.グランシルク ▲ 05.ペルシアンナイト ☆ 04.ガリバルディ △ 06.エアスピネル △ 15.イスラボニータ △ 03.ブラックムーン 明日は仕事なので、予想は前日のうちに。 本命はサトノアレス。2歳時に5戦3勝2着2回とほぼパーフェクトに走…

17年Jリーグ観た記 其の50 J1 清水-磐田

今季3度目の静岡ダービー。磐田はACL圏内を目指し、清水は残留を目指し、意地でも負けられない1戦。次へと繋がる勝ち点3を得たのは。

17年Jリーグ観た記 其の49 J1 浦和-神戸

ともにシーズン途中で監督を交代し、その成果がある程度は内容にも結果にも表れている両チーム。勝利を掴んだのは。

秋華賞(G1)

日付はまだ14日ですが、今日出かけた途中でもう馬券を買ってしまったので、予想もサクッと。 ◎ 06.メイショウオワラ ○ 07.リスグラシュー ▲ 01.アエロリット ☆ 11.ミリッサ △ 14.ディアドラ △ 04.モズカッチャン △ 16.ファンディーナ △ 02.ラビットラン 本…

府中牝馬S(G3)

今日から思い出したように、久々に重賞予想を書き始めてみようかと。結果を振り返ったり収支をつけたり…は来年に回すとして、まずは、15%でも当たるかどうかお試し再開ということで(苦笑) なお、馬券は3連複か3連単のみで、フォーメーションで15点…

現実逃避の夢物語 ~監督人事篇~

「ピンチはチャンス」という言葉。私自身はネガティブよりな人間なので「いや、ピンチはピンチだろ」と苦笑いを飛ばすことが多いわけですが、こと現在FC東京が置かれた状況は、無理やりにでもこの言葉を用いるべき場面、と言えるかもしれません。 この2年…

17年Jリーグ観た記 其の48 J2 千葉-水戸

ここ5試合勝利から遠ざかっている千葉。対するは、こちらも4試合勝ち点3を奪えていない水戸。ともに昇格プレーオフ圏内を目指すために、1試合でも多く勝利を積み重ねたいところ。そんな勝ち点3を手にしたのは。

17年Jリーグ観た記 其の47 J1 鳥栖-甲府

2試合で7失点を許し連敗中の鳥栖。迎え撃つは、残留争い真っ只中の甲府。どちらも勝ち点3が欲しい一戦、勝利を手にしたのは。

よほどのことが起こったので

おそらく、よほどのことがない限り(それこそ体制の変更とかがない限り)、トップチームについて新たなエントリをあげることはないです。 re-donald.hatenablog.com およそ2カ月前、当時のFC東京の現状を憂いた上記エントリを書いた際、文末にこんなこと…

17年Jリーグ観た記 其の46 J2 徳島-横浜FC

大混戦のJ2。特にプレーオフ争いには現状15チームほどが絡んでいる中、4位徳島と6位横浜FCの上位直接対決。徳島は連敗ストップで、横浜FCは連敗を避けて、上位に居続けたいところ。阿波踊り開幕を控えた徳島で勝利の鐘の音を鳴らしたのは。

17年Jリーグ観た記 其の45 J2 群馬-讃岐

22位群馬、21位讃岐。現在降格圏内に位置している両チームの「裏天王山」。内容ではなく、欲しいのは結果のみ。残留に向けて、その結果を得られたのはどちらか。